1
/
5
プロダクトデザイナー
中途
1
エントリー
on 2022/04/14 212 views

教育を変え、よりよい社会をつくるプロダクトデザインにチャレンジしませんか?

atama plus株式会社

atama plus株式会社のメンバー もっと見る

  • atama plusでUXデザイナー・デザイナー組織づくり。滋賀出身→京大文学部心理学専修→ ミクシィ PdM・webディレクター・マネージャー→2018年より現職。

    atama plusの目指す世界やカルチャーに共感し、世の中を前に進めていきたいという思いからJOIN。

    Q
    好きなこと

    A
    島旅(とくに奄美大島)、シュノーケル、サッカー

    Q
    大切にしていること

    A
    持続可能な幸せと世の中を前に進めることの両立。

    経歴
    ミクシィ
    京都大学文学部卒

  • プロダクトチームでUXデザインとUIデザインを担当。デザインシステムをリードしています。

  • atama plusのアプリチームでUX/UIデザイナーをしています。生徒の学習体験を主に担当しており、日々生徒の学力向上に向き合っています。リサーチ、採用、UI設計など
    前職は約8年、ヤフーの広告事業にて、リードデザイナーとして広告管理ツール開発、広告UIデザインを担当してました。JavaScript、UI設計、デザイン・マネジメント、人材開発、新卒教育、デザインシステムなど
    好きなことはプロダクト、現場、チーム、その他教育に関わることすべて。

  • 早稲田大学表現工学科にてCG・VFX等の映像技術、画像処理、認知心理学やメディア論などを雑多につまみ食いしたのち、リクルートホールディングスに入社。
    UI/UXの専門組織でUXデザイナーとして、主に新卒採用メディアのUI/UX改善を担当。
    就活生のエクスペリエンス向上に尽力。

    atama plusのプロダクトの持つ確かな価値と無限の可能性に魅力を感じて2017年10月にJOIN。
    UXデザイナーを経てプロダクトオーナーに。

    複業でブロックチェーン関連のサービスを作ってます。

なにをやっているのか

「教育に、人に、社会に、 次の可能性を。」をミッションに掲げ、教育を通して社会をより良く変革することを目指しています。

「基礎学力」を最短で身につけ、その分増える時間で「社会でいきる力」をのばしてもらうために、生徒一人ひとりに最適化した学習を提供するプロダクト「atama+」を開発しています。
atama+ではAI先生が一人ひとりを分析し、生徒の数だけ「自分専用レッスン」を提供。学習履歴・習熟度・集中度・忘却度など、あらゆるデータを解析し100%カスタマイズを可能にします。

全国の塾・予備校向けにサービスを提供しており、「AI×人」両者の強みを融合させた新しい教育のあり方を目指しています。2021年7月に約51億円の資金調達(累積調達額は約94億円)を実施し、テクノロジーを活用した教育改革をさらに加速していくフェーズです。

また、コロナ禍においても子どもたちに学びを提供し続けられる環境をつくるために、生徒が自宅で学習できる「atama+」Web版を2020年2月にいち早く開発、リリースしました。おかげさまで好評をいただいています。

<主なメディア掲載内容>
・Forbes Japan 「日本版・非上場企業クラウドランキング」ランクイン企業インタビュー。
「プロダクト進化、新領域参入 ミッションとカルチャーが生んだatama plusの急成長」
https://forbesjapan.com/articles/detail/39667/1/1/1

・PRTIMES「教育✕テクノロジーの優秀事例を選ぶ『第17回日本e-Learning大賞』にて、AI先生「atama+」が大賞を受賞」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000037602.html

・日本経済新聞「新興人図鑑:笑顔とAIで学習変える アタマプラスの稲田大輔さん」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62409290X00C20A8TCL000/

・BRIDGE「AI先生はオンラインで教育の何を変えているのか」
https://thebridge.jp/2020/07/what-ai-teachers-are-changing-at-online-era

など

なぜやるのか

明治以来の150年で、人力車が電気自動車になり、ベル電話がスマートフォンになり、社会が大きく変わりました。しかし教育の場を見ると、黒板を背にした一人の先生の話を何十人もの生徒が黙々と聞く、150年前と同じ風景が今日も広がっています。

150年前の社会で活躍する人材を育てるために作られた「昔の教育」のままでよいのでしょうか?これからの子供たちが生きていく上で求められる力は、今までのオトナ世代とは変わってきています。
数学、英語、国語といった「基礎学力」だけでなく、コミュニケーション、プレゼンテーション、ディスカッションなどの「社会でいきる力」も必要です。どちらが大事かではなく、どちらも重要です。
しかし「昔の教育」ではその両方を高水準で学ぶ時間がありません。だから私たちは、テクノロジーで基礎学力の習得にかかる時間を半減させ、そのぶん、「社会でいきる力」を養う時間を増やす。そんな明日を創っています。

atama plusは、本気で社会をどまんなかから変えるために創った会社です。
まずは教育のPersonalizationにより「基礎学力」習得にかかる時間を短縮する。そして、その次は「社会でいきる力」を習得する仕組みを創っていく。今あるプロダクトだけにこだわるのではなく、今までにない教育を、社内外を巻き込んで協力して創っていく、これが目指す未来です。

どうやっているのか

世の中を大きく変えるには、圧倒的に優れたプロダクトを作ることだと思っています。そして、プロダクトを作る上で何よりも大切にしていることは、ユーザーである生徒が「熱狂しているか?」ということ。
生徒が本当に困っていること、求めていることは何かを考え、議論し、アジャイルに開発することにこだわっています。
プロダクトはエンジニアを中心に開発していますが、ビジネスサイドのメンバーにもプロダクトファーストの考え方が浸透しています。アジャイル開発への理解も深く、全員で「良いプロダクトを作る」ことを最優先にしています。

働いている仲間は、マイクロソフト/ヤフー/ミクシィ/カヤック/リクルートなどで経験を積んだエンジニア、UI/UXデザイナーが集まった開発メンバー、BCG/マッキンゼー/リクルートなどからのビジネスサイドメンバー、あわせて約200人のステージです。
https://www.atama.plus/members/

atama plusでは、一緒に働く仲間としてカルチャーフィットを最重視しています。
ユーザーに本気で向き合って、常識よりも本質を追求しながら、仲間と一緒にプロダクトを創っていく。
そんな想いに共感してくれる方と一緒に働きたいと思っています!

◎2021年12月、組織拡大に伴って、東京都港区の麻布十番エリアにオフィスを移転しました!
約800坪の広々とした1フロアのオフィスです。執務エリアや社内打合せエリアは、間仕切りを一切設けないオープンな設計。全社員が一つの空間に集い、どこでも気軽にコミュニケーションを取ることができます。
また、多様な価値観をもった社員が自由に発想し、楽しみながら良いプロダクト開発ができるよう、至るところで遊び心が感じられる空間になっています。※屋内原則禁煙

■Values
・Wow students. 生徒が熱狂する学びを。
勉強をワクワクするもの、 自分からやりたいものに変え、 生徒一人ひとりの可能性を広げる。
私たちのあらゆる行動は、 ただ、そのためにあります。

<大切にしている3つの行動>
・Think beyond. 常識は、さておき。
「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、
今までにない価値を次々と生みます。
常に、当たり前の先へいきます。

・Speak up. 話そう、とことん。
みんなでオープンな場を築きます。
ひとつの大きなチームとして意見をぶつけあい、
わかちあいます。

・Love fun. 楽しくなくっちゃ。
仲間の多様性を楽しみ、 認めあい、刺激しあいます。
いつも遊び心を忘れず、
笑顔とユーモアの力を信じます。

こんなことやります

【スクラムチームに入り、プロダクトのデザインを担うデザイナー】
atama plusは、本気で社会をまんなかから変えるために創った会社です。ミッションの実現に向け常識にとらわれずに考え、仲間の多様性を楽しみながら議論しつくす人たちが集まっています。

良い教育を多くの生徒に届けるため、atama plusのプロダクトづくり/インターフェースの品質の維持向上を担っていただくプロダクトデザイナーを募集します。

<主な業務内容>
atama plusの事業の主要領域で、スクラムチームの一員としてプロダクトのデザインをお任せします。
UIデザインや情報設計、インタラクションデザインを主な軸足として、下記の役割を担っていただきます。

・課題を捉えた上で理想の体験を描き解決策を具体化/詳細化
・解決策を検討する上でのプロトタイプ検証/ユーザビリティテスト等のリサーチ
・エンジニアやQAとのコミュニケーションを通じて価値を届けきること
・ユーザインターフェースの品質を維持向上

※​​実際の職務はグラデーションがありますので、お持ちのスキルセットに応じて、主務に軸足を置きつつも、他領域への染み出しは大いに歓迎します。
現場での課題探索もUXデザイナーやプロダクトオーナーと一緒に行うことが多いです。

<ポジションの魅力・やりがい>
・決まったものをつくるのではなく、ソリューションの検討プロセスから携われます。またその前段となる、プロダクトのコンセプトの議論やリサーチもチームで投資しており、プロダクトづくりに上流から携わることができます。
・ユーザーに会いやすい環境です。望めば毎週のように現場に行くことができ、直接ユーザーの声を聞けます。
・toB向けの複雑な仕様のアプリケーションからエンドユーザーが使うアプリまで、異なる性質のプロダクトに同時に関わることができます。
・LEAN UX × アジャイルを組織全体としてしっかりやっていく姿勢で、経営陣やエンジニアも協力的です。

▼社員インタビュー
「体験をプロダクトへと落とし込む、UXデザイナーの難しさとやりがい。」
https://recruiting.atama.plus/career/interview/job_design_saisho/

【必須(MUST)】
・Webアプリケーション、ネイティブアプリ、Webサイト等の情報設計・UIデザインの経験
・課題に対してソリューションの幅を出しどのソリューションが良いかの整理ができる
・目的に基づき論理的に情報設計、UIデザインができる
・エンジニア等とのコミュニケーションを通じ、実現可能性を考慮したデザインができる
・デザインの背景・意図・根拠を分かりやすく説明することができる
・ブランド構築観点でのルック&フィールを考慮したUIデザインができる

【歓迎(WANT)】
・プロジェクトをリードした経験
・ジャーニーマップやユーザーストーリーマッピングを通して、チームでの共通認識を作ることができる
・プロトタイプ検証、ユーザビリティテスト等の経験
・定量データの調査・分析経験
・デザインシステムの構築/運用経験
・Webアクセシビリティの知識、それに配慮したデザインの経験
・UXライティングの知識、それに配慮したデザインの経験
・グラフィックデザインスキル
・HTML/CSS/JavaScript その他モダンフロントエンド開発の知識または経験

【求める人物像】
・フラットな立場で、周囲の人と気持ちよく仕事することができるコミュニケーション能力がある方
・アジャイル、LEANのコンセプトに共感でき、それに基づくワークフローに適応できる方
・必要に応じて新しいスキルを身につけることができる方
・直接ユーザーと向き合うことに強い関心がある方

<当社について下記でわかりやすく説明しております。ぜひご覧ください!>
★3分でわかる、atama plus
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus
★3分でわかる、atama plusのエンジニア(プロダクト部門の全体像を紹介しています)
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus-engineer

会社の注目のストーリー

どこかのルールを、コピペしない。 何のためにという本質から考える。
ベネッセ、代ゼミ出身者が、atama plusで教育を変えようと思った理由を話す会
atama plusらしい組織拡大。 Large-Scale Scrumへの挑戦。
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
atama plus株式会社の会社情報
atama plus株式会社
  • 2017/04 に設立
  • 200人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
  • atama plus株式会社の会社情報
    教育を変え、よりよい社会をつくるプロダクトデザインにチャレンジしませんか?