1
/
5
コーポレートエンジニア
中途
on 2022/05/13 64 views

拡大フェーズを支える、2人目のコーポレートエンジニアに興味ありませんか?

株式会社EventHub

株式会社EventHubのメンバー もっと見る

  • 東京工業大学大学院修士卒業。2012年6月にCyberagentにてマッチングアプリの開発にアルバイトとして参加。2013年にFirefoxのOSS開発に参加しコミッターとなる。2014年8月からGoogleのインターンとしてGoogle Chromeの開発に携わる。インターン中の業績が認められGoogle Chromeのコミッターとなる。その後、大学院にて暗号通信の研究に従事。研究成果を認められ2015年に産業技術総合研究所のリサーチ・アシスタントして暗号理論の研究に従事する。2015年に日本応用数理学会主催の研究会で特別講演として登壇。2016年に国内最大規模のセキュリティカンファレ...

  • イギリス生まれ、アメリカ・日本育ち。米ブラウン大学経済学部&国際関係学部を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニー サンフランシスコ支社に入社。医療、金融、パブリックセクターの戦略立案・コーポレート・ファイナンスプロジェクトに従事。在籍中に出向制度で認定特定非営利活動法人Teach For Japanへ出向することを機に日本へ。マッキンゼー退職後はゲームベンチャーの新規事業立ち上げや宇宙ベンチャーの海外マーケティングをフリーランスとして担当する。2016年に株式会社EventHubを設立し、イベントのビジネスマッチングを加速するマッチングサービス「EventHub」を2018年から...

  • 1992年茨城県つくば市生まれ。2015年に国際基督教大学(ICU) を卒業後、認定NPO法人Teach For Japan3期フェローとして、大阪府泉佐野市に英語科教員として赴任。フェロー任期終了後、2017年よりNPO法人じぶん未来クラブにて、全国92自治体・200以上の学校法人で開催される表現教育プログラムの国内外の法人営業・プログラムマネージャーとして従事。同時に、同法人の採用・資金調達担当として従事する傍ら、Teach For Japanの海外渉外マネージャーを兼務。2021年1月より株式会社EventHubに人事として参画。

なにをやっているのか

▍人がつながる、世界が近づく - Empowering connections that matter -
私たちは、人や企業がつながるイベントプラットフォームを提供しています。
イベントは、最新のトレンドやこれまで関わりがなかった企業・新しい製品に触れ、新しい人に出会う場所です。セミナーやカンファレンスなどのイベントは、未だ見ぬ世界を知る機会に溢れています。その場所はもちろん会場にとどまらず、オンライン上でも、人と人がつながることで事業開拓や顧客接点創出のチャンスが生まれるのは、ビジネスイベントの醍醐味です。

現に、2020年を機に多くのイベントがオンライン化したことで、今まで閉鎖的だった企業同士の接点や情報は、簡単に地域を越えるようになりました。なんらかの理由で物理的移動に困難がある方でも気軽にイベント参加できるようになるなど、イベントのオンラインシフトはアクセシビリティの課題も解決しつつあります。

今後はリアルタイム翻訳などのテクノロジーで、言語の壁さえも超えることができるでしょう。時に、「国」というボーダーさえも簡単に超え、世界中の人がつながり合う環境が生まれます。
プラットフォームを通じて、企業や製品が、然るべき市場、企業、そして人と出会うことができる。企業同士・人同士が然るべき時に出会うことで、世界がより一層近くなる。

「人がつながる、世界が近づく」 - 私たちが提供するプラットフォームは、そんな社会の実現を目指しています。

▍プロダクト・サービス
EventHubは、企業が営業、マーケティング、採用や顧客関係維持のためにイベントを開催する際にご利用いただく、ビジネスイベントに特化したイベントマネジメントツールです。
オンライン・オフラインのイベント両方でご利用いただけますが、現在は新型コロナウイルスの影響で、主にオンラインイベントツールとして展開しています。

企業は日頃、セミナー、オンライン上のウェビナー、採用イベント、商談会など、多くのイベントを開催しています。多くの時間・コスト・手間がかかるイベント開催ですが、デジタル施策と比べ、費用対効果の可視化の難しさなど、多くの課題が残っている分野でもあります。

EventHubはそんな企業のイベント活動を成功へ導くための、イベント管理ツールです。イベントのページ、登録、データ分析など準備からアフターフォローまで行うことができます。また、イベントの最も重要な目的である「顧客との接点」や「ビジネス創出につながる出会い」を最大化するコミュニケーション機能が多く含まれています。

▼具体的な機能
・オンラインイベントページを作成し、参加者を招待する機能
・セミナー・講演動画配信機能
・登壇者への質問投稿機能
・アンケート機能
・オンラインイベントの交流を可能にする、名刺交換、チャット、面談アポイント機能
・Marketo等MA連携機能
・参加者のデータを蓄積するイベントCRM機能

▼弊社プロダクトについて
https://eventhub.jp/

▼会社紹介資料
https://speakerdeck.com/eventhub/zhu-shi-hui-she-eventhub-cai-yong-zi-liao

▼イベント管理ツール/国内シェアNo1
※日本マーケティングリサーチ機構調べ
※2021年11月期 イメージ調査

なぜやるのか

  • オンラインでもオフラインでも、イベントの活性化を後押しします。
  • 参加者間のビジネス創出の機会を増やし、来場者の満足度向上につなげます。

▍イベント業界のSalesforceを目指す
2019年末にSalesforce VenturesとSansan株式会社からの2.3億円のシード資金調達を完了しています。

当社プロダクトによって「セミナーやイベントをスムーズに開催できる」「サービス利用者に良い体験を提供できる」ということ出来はじめていますが、これはまだ“点”であると思います。今後はこの“点”と“点”をつなげて、より中長期的に付加価値の高いサービスを提供したいと思っています。
特にイベントがオンラインに切り替わったことによって、行動データが格段と可視化しやすくなりました。当社のサービスを利用してくださっている企業様は、単発ではなく定期的にイベントを開催するケースも多くあるので、こういったお客さまによりCRM的に「こういった施策を行うと参加者の満足度は向上しますよ」といったアドバイスなども出来るようにしていきたいと思います。
目指すはイベント運営におけるSalesforceのようなCRMです。

また、サービスの提供範囲として、今はまだ日本に留まっていますが、ゆくゆくはアジア展開も見据えています。特に東南アジアは日本と似ている部分も多く、われわれのサービスが提供できるメリットも大きいです。
そのためには、我々の思いに共感して頂き一緒に働くメンバーを一人でも多くお迎えしたいと思います!

▼プレスリリース「EventHubがSansan株式会社から第三者割当増資を実施」
http://bit.ly/31sJoGu

どうやっているのか

現在メンバーは45名ほどで、事業を急拡大すべく新規メンバーを募集しております。

創業者は、マッキンゼー・アンド・カンパニー(サンフランシスコオフィス)出身の代表(山本)と、元々マッチングアプリを開発していたエンジニア(井関)の2名。

SaaS企業をはじめ、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ゴールドマン・サックス、Googleなど、多様なバックグラウンドのメンバーが集まっています。SaaSベンチャーの0->1の立ち上げ経験者や立ち上げ好きな人が多いのも特徴です。

代表がアメリカ・イギリス国籍であり、海外在住歴があるメンバーや(コロナの影響前は)外国籍のインターンも数名いたため、英語が活用できる環境でもあります。

こんなことやります

成長する組織と事業に対応し加速させるべく、コーポレートエンジニアの体制強化を目指し、変化の激しい業界と多様化する働き方にあわせ、EventHubに適したセキュアなIT環境を一緒に模索していただけるメンバーを募集しています。

全社の業務効率化や生産性の向上に取り組むことができ、オンプレのないクラウドネイティブなIT環境を構築することができます。昨年末にOktaを導入しており、従業員の利便性・セキュリティの向上とともに効率的な管理を進めています。

具体的には、以下のような業務をチームで行っていく予定です。

・リモートワーク下における円滑でセキュアな業務環境の構築、運用
  ・Oktaを活用したID基盤の構築
  ・Jamf/Intune等でデバイス管理を実現
  ・EDR/XDR等のエンドポイントセキュリティの強化
・従業員の業務効率化、生産性向上に寄与するサービスの導入、管理、活用支援
・社内セキュリティポリシーの策定、運用
・IT 資産の調達、管理
  ・Mac/WIndows、モバイル、ソフトウェア、ライセンス等
・PCキッティング、ヘルプデスク対応
  ・入社対応は月1~5名程度
  ・ヘルプデスク対応は0~5件/日程度
・ISMSの構築、運用(ISO 27001取得済み/ISO ISO27017取得検討中)
  ・事務局としてマネジメントシステムの運用状況を確認

【主な利用ツール】
Google Workspace/Slack/Notion/Okta/Salesforce/Asana/Miro/Figma/DocuSign等

▼必須条件
・コーポレートエンジニア/コーポレートIT/情シス/社内SEの業務経験
・ヘルプデスク等の社内テクニカルサポートの経験
・エンジニア、ビジネス、コーポレート等職種問わず課題解決まで並走できるコミュニケーション力

▼歓迎条件
・IDaaS等のID基盤に関する製品の運用経験
・MDMやEDR/XDR等のエンドポイントセキュリティ製品に関する企画、設計、導入、運用経験
・ゼロトラストアーキテクチャの興味、知見

【働き方】
・稼働: 週5日
・雇用形態:正社員(試用期間については要相談)
・勤務場所:オフィス・リモート (出社頻度はコロナウイルスの状況に応じて柔軟に対応)
※ 働き方のご希望などあればご相談をお受けします!

スタートアップならではのスピード感や成長性、一体感を肌で感じていただける環境です!
ご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度お話しましょう!

会社の注目のストーリー

コロナ後売上急拡大サービスのエンジニア組織について、開発責任者・井関インタビュー
「イベント業界のSalesforceを目指す」-EventHub創業者・山本が語る会社のこれまでとこれから
EventHubの1週間を紹介してみた!
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
株式会社EventHubの会社情報
株式会社EventHub
  • 2016/02 に設立
  • 45人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区神田紺屋町15 グランファースト神田紺屋町ビル5階
  • 株式会社EventHubの会社情報
    拡大フェーズを支える、2人目のコーポレートエンジニアに興味ありませんか?