Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

Ac5ca74b 3787 43d4 94cf f04b5e080bcd?1520526220

Tetsuta Yamanaka

【こんな経験してきました】 ・フィリピンでの6ヶ月長期インターン(オンライン旅行予約サイト) ・メルマガ配信戦略立案と試行(メルマガ経由月間予約数3か月で1.5倍) ・ウェブサイトへの新機能実装(獲得ユーザー1.3倍) ・フィリピン人へ街頭アンケート300枚集める ※インターン体験談投稿したので是非ご覧ください! 【自己紹介】 訪問していただきありがとうございます。 筑波大学3年の山中と申します。 私は、 1. 「人々のライフスタイルに影響を与えるWebサービスを展開していること」 2. 「サービスやプロダクトの成長によって社会に対してさらに価値を提供でき、それを自分の手で担いたいと確信できること」 3. 「成長環境があること」 を軸に就職活動をしています。 この軸に至った理由を、過去の経験を踏まえてご紹介します。 【高校時代】  高校時代は新体操部に所属し、努力によって着実に上達する技磨きと創意工夫によって表現できる自分だけの世界観創りに夢中になって取り組んでいました。何よりも心に残っているのは、自分の演技を見た観客の方からいただく「すごかったね」「感動した」といった反応です。今でも行動の根底にある『自分の創り上げたモノで他人にポジティブなインパクトを与えたい』という漠然とした思いは、ここで培ったと思っています。 【大学時代:サークル活動】  高校時代からの思いを体現すべく、ボランティア活動・トークイベントを主催する活動・学園祭実行委員会等、様々な活動に参画していました。サークル活動の経験から学んだ価値観は、『既存の枠組みを超えて活動を展開することの面白さと可能性』です。一例として、以下の活動を挙げます。 〇筑波大学生に対するソーシャルビジネス啓蒙活動(SB Lab.)  それまで参画していた震災復興支援のボランティア活動において、やりがい以上の負担に耐え切れずメンバーが組織を離れたり、金銭面で自立できず活動停止の不安の中で活動していた経験から、社会課題に取り組む活動の構造に問題意識を抱えていました。そんな時に出会ったのがソーシャルビジネスという概念です。  ソーシャルビジネスは、子育て支援やまちづくりなどの社会的課題に対して、持続可能な事業を展開することにより解決をしていこうという仕組みであり、ボランティア活動の持続性について悩んでいた私にとって、まさに求めていた解決策だったと思っています。その後、ソーシャルビジネスについてもっと学びたい、そして筑波大学生にこの考えを広めることで社会が少しでも良くなるきっかけ作りをしたい。そんな想いからソーシャルビジネス啓蒙活動団体SB Lab.を組織し、勉強会やトークイベントを開催しました。金なし・コネなし・ノウハウなしの状態でしたが、資金はクラウドファンディングで集め、教員を巻き込みながら活動を発展させることで、設立半年後には社会起業家4名を招致・筑波大学生50名が参加するイベントを創り上げることができました。参加した学生から「安定を求めてメーカに就職を決めたが、社会起業家の方々の活躍を目の当たりにして、いつか自分も日本の社会課題の解決に関わる仕事をしてみたいと思った」といった感想もいただき、アイデアを形にして他人にポジティブな影響を与えることができたと感じています。 【大学時代:インターン】 フィリピンでオンライン旅行予約サイトを運営するTravelBook Philippines Inc,にて6か月間インターンシップを行い、Webサービスの影響力の大きさに衝撃を受けました。上述の旅行予約サイトは会員数・月間ユーザーともに50万人おり、1日に5万回見られるプロダクトの改善、毎日10万人に送られるメールマガジンの戦略策定等、大学時代に『影響力を持ちたい』と試行錯誤してきたものが小さく見えるスケール間のプロジェクトに、やりがいをもって働いていました。毎日300人以上が旅行を予約するサイトの運営に携わることで、多くの人々の生活に影響を与えることができたこの経験から、今後もWebサービスに関わっていきたいと考えています。 高校時代からインターンまで、私のモチベーションの中心は『自分の創り上げたモノ・コトによって周囲に新たな価値を届ける』ということです。未完成ながら世の中に広くポジティブインパクトを及ぼすことができるサービスに関わり、プロダクトやサービスの発展とともに自身も成長していきたいと考えています。 以上のような考えで就職活動を進めています。 今後は様々なフィールドで活躍されている方々のお話をお聞きしたいと考えています。 どうぞよろしくお願いいたします。

Tetsuta Yamanakaが利用しているツール

Page top icon