Picture?1522981238

Kitagawa Tetsuya

わたしは、大学卒業後6年をSP広告代理店、2年をADKの営業、その後の4年間をインハウス代理店でと、すべて広告代理店の営業としてメインのキャリアを積んできました。13年の経験に拠るわたしの強みは大きく2点あります。 ■ 1. 交渉力 広告代理店の営業では、顧客からの所謂無理難題への対処が多数発生します。 三菱商事の関連会社、上記4.MCC社在籍時、提供CMのBS枠について提供時間を半分にするので、料金を半分にせよとの顧客要望がありました。通常、TV局との商取引で料金は提供時間と正比例せぬ為、局との1ヶ月以上の交渉の結果、異例の番組改編直前に大幅な料金減額のBS-i局提示を引き出すことができました。満額回答ではありませんでしたが顧客に当方尽力を認められ納得をみるに至り、契約更改へと進めることが出来ました。 通常無理とされることも、一旦持帰り、一両日内に可能な対処を提案、のち拙速折衷を探るのが交渉で結実を得るうえでの、わたしの身上です。 ■ 2. 調整能力 2005年からは、総合商社の半ば一部として、ハウスエージェンシーで4年弱仕事をすることで、大組織の中での仕事の進め方、ライン上流への承認のとり方、エグゼクティブ・ブリーフィングにおける短時間での物事の説明の作法、了承の取り付け方を実践しました。 なかでも、顧客からの「ショールーム開設計画と実施」のお題に対して、コンサルティング契約をあえて締結し、実施の際のコスト管理のリスク回避をしたうえで、サードパーティに提案を出してもらう手法をとりました。計画進捗に1年かけるこのような仕事で、施工側と顧客の間に立つ身分としては、毎週の定例会議での懸案を、双方の調整を図ることで仕事の円滑化に おおいに貢献できました。 このような社内外多くの人間が介在する仕事で、タイミングを図り説明の内容を的確にすることをわたしは得意とし、案件のスタック回避と進捗の推進を常に粘り強く実践してきました。 ◆ 総括 今迄のキャリアで後悔することはなく、仕事上の経験・能力開発は全て自己成長に寄与しました。 これまでのキャリアで培ったコモンセンス・課題解決能力・ストレス耐性を礎に、積極性とチーム内での協調性をミッションに応じて存分に活かしつつ、貪欲に今後も自分を成長させる次第です。アイデアを枯渇させず、スタックなく業務を進める工夫を、常に私は継続します。

Tools Kitagawa Tetsuya uses

Reviews Kitagawa Tetsuya wrote

Page top icon