7fea89f9 e592 4e1d ace4 36410fd8dc24

Shito Tei

株式会社For you / For you Inc.
▼2007年4月:第1志望校の受験に失敗し、都立の某SSH(Super Science High School)指定校に入学🌸。 ▼2010年3月:学年トップの成績(平均評定4.9・高校3年間、体育を除いて成績オール5.0)で高校を卒業🎓。 ▼2010年4月:指定校推薦で慶應義塾大学理工学部学門4に入学🌸。 ▼2010年4月~:文武両道を志し、講義の傍、週6慶應義塾体育会ボクシング部🥊で練習。 ▼2011年2月:1年間かけて執筆した論文📑が評価され、慶應義塾大学教養研究センターのコンペティションで銀賞を受賞👑。 ▼2011年6月~:元ハーバード大学講師監修の学生団体Global Studentsの立ち上げに関わり、副代表兼広報部長を務め、数百人の優秀層の学生とトヨタ自動車を含む1流企業とのコラボ企画に成功。その後、社会人基礎力育成グランプリ2012決勝大会の学生×人事担当者トークセッション「グローバル社会で問われる社会人基礎力」に登壇し、500人を超える参加者の前で各社人事責任者と対談。 ▼2011年10月~:ガクセイ基地の立ち上げに関わり、副代表を務め、数々のイベントを企画・統括し、新メンバーの採用や組織運営に注力。また、ソーシャルメディアの活用を広めるため、学生団体幹部層を対象にしたセミナーを複数回開催し、講師を務める。 ▼2012年2月:600ページを超える「慶應義塾大学教養研究センター アカデミック・スキルズ 論文集2012」の編集委員長を務め、約1ヶ月で製本📑。 ▼2012年4月~:東京大学の講義の一つだったアントレプレナーシップ論講座というオープンスクールを受講し、8月に行われた最終発表会にてビジネスモデルが評価され、準優勝👑。 ▼2012年5月:ガクセンという優秀な学生を検索して採用するサイトに「SNSのプロ」として掲載。閲覧ランキング👑1位👑複数回獲得。 ▼2012年12月:様々なビジネスプランコンテストに出場し、受賞👑。その結果として大学生OF THE YEAR 2012 ビジネス部門 ファイナリストに抜擢。 ▼2013年6月:創職団体S-PILLARS(個々の"強み"を最大限に発揮させるプラットフォーム)を創設し、統括代表を務め、複数のプロジェクトを立ち上げ、数々の企業とコラボを果たし、リーダー人材を育成。 ▼2013年10月:Google Japan、ZUUを含む企業でインターンを経て、取締役として株式会社At factoriesの創業に関わり、サービス設計・戦略策定などに従事し、2014年6月にリリースされたサービスがNHKの番組📺で紹介。 ▼2014年4月~:慶應義塾大学理工学部機械工学科機械系研究室にて、動力を使わずに歩行を実現する受動的動歩行の研究に没頭し、70ページを超える卒業論文📑を執筆。 ▼2014年12月:大学生OF THE YEAR 2014 ビジネス部門 ファイナリストに抜擢。 ▼2015年2月~:ヨーロッパ・フィンランド発の若者ムーブメントがアジア(東京・お台場)初上陸するにあたり、SLUSH ASIA 2015の広報戦略担当を務め、数千人を動員。 http://matome.naver.jp/odai/2142639273987349601 ▼2015年3月:慶應義塾大学理工学部機械工学科学位取得、国家資格技術士補(機械)取得。 ▼2015年4月~:「ものづくり」という小さい頃からの夢を叶えるために、🚘自動車メーカーに勤務。と同時に、スタートアップの創業に関わる。 ▼2016年4月~:圧倒的技術力を身につけ、次なる夢「複数の分野の専門家として、0から1を創り続け、1から100に成長させ続ける。」を叶えるために株式会社For youの創業期に参画し、代表を支えるポジションとして、経理・経営戦略・マーケティングなどの業務をこなす。 http://foru.co.jp/ ▼2016年4月~:SNS情報発信型シェアリングエコノミーサービス「SPIRIT」の全ソーシャルメディアを運用。 https://www.spirit-japan.com/ ▼2016年9月~:インフルエンサーマーケティングに関する情報メディア「Yellow Post!」のメディア運用。 https://www.spirit-japan.com/blog/ ▼2016年11月~:🎥撮影スタジオ兼イベントスペース『For you Studio』運営。 http://studio.foru.co.jp/ ▼情報発信は主にTwitterで行っています。 https://twitter.com/shito_tei

Companies Shito Tei belongs

Tools Shito Tei uses

Reviews Shito Tei wrote

Page top icon