良い姿勢(井ノ原啓貴)

良い姿勢はまず、身体の「重心」が大切と言われています。
では重心は、身体のどこにあるのでしょうか?

人の体を百等分した時に、ちょうど頭のてっぺんから55%くらいのところ、
つまりちょうど半分より少し下に、重心があります。
具体的にいうと、臀部にある仙骨のところです。

骨盤の傾きが、地面に対して30度前後の傾きをしていると、無理なく立つことができます。
傾きが急だったり、平らになったりしていると、
重心線が通るべきところを通らず、姿勢が崩れてしまいます。

自分の姿勢を意識するのはなかなか難しいですが、
良い姿勢を心がけることが大切ですね。


井ノ原啓貴