1
/
5

Twitter広告のスペシャリスト4人が語る、Twitter運用の「極意」と「未来」

「Twitterはヒマつぶしのユーザーが多い」
「Twitterではモノは売れない」
「Twitterは運用が面倒くさい」━━。

幾多もあるTwitter界の通説を、その知識と経験で打ち破った、4人の広告運用者がいました。

彼らは全員、日本でまだ18人しかいない「Twitter広告コミュニティコントリビューター」の受賞者。

Twitter広告コミュニティコントリビューターとは、コミュニティに属する他社の広告運用者の方々から、「Twitter広告に関して深い知見を持っている」と認められた人にのみ、与えられる賞を指します。

今回は、そんな名誉ある賞を勝ち取った、株式会社wevnal(ウェブナル)の誇る「Twitter広告の鬼カルテット」に対して、「印象に残っているTwitter案件」や「これからの広告」などTwitterにまつわる様々な話について、それぞれの観点から話してもらいました。