1
/
5

自己羅針盤

人生を設計する上で、様々夢や目標など設定するかと思います。
起業、独立、海外就職、ハワイ移住、年収1,000万以上、といった人それぞれ考えは異なり十人十色です。

しかし、人生100年時代といわれるこのご時世で何があるか分かりません。環境の変化や行動によって目標や夢は変わっていきます。コロナ禍によりリーマンショックや東日本大震災を超える大不況が訪れることを誰が予想したでしょう。今年断言していたことが来年には全く違うこと言い、目標も変動していくことになると思います。しかし、人生に目的いわゆるゴールが無ければどの方向に進めばいいか分からず暗闇の中を彷徨いつづけ、気づいたら歳を取り、何も叶えられずにこの世を去ってしまうということが考えられます。

だからこそ、目先の目標が叶えられなくても人生のコンパスがあればどの方向に進めばいいかわかるので、たとえ違う道に迷い込んでも迂回路を探したりしながら前に進むことができます。

この羅針盤(コンパス)とは、「ビジョン・ミッション」のことです。
予定と違った方向へ行っても、コンパスが示す針の方向へ進めばいずれ人生の目的を達成できると思います。

そこで私の自己羅針盤であるビジョンとミッションを説明します。



ビジョン:「人々の可能性を広げて人生を豊かにする」

環境によってネガティブなマインドで挑戦できない人々に、可能性を広げポジティブなマインドに変わるきっかけを与え人生を楽しくすることが私の生きる目的です。

当時、サッカーをしていた中学校3年生の私は高校受験の際、全国大会出場経験のある強豪校を志望していましたが学力が足りず模試を受けたら合格率0%と出るような無謀な挑戦でした。
周囲から無理だと揶揄され、徐々に自信がなくなり挑戦することが怖くなってしまいました。
しかし、ある恩師のおかげで挑戦することを決めました。自分の可能性を信じ、本気で目標へと取り組んだところ合格できました。この経験から、誰しも自分が気がついていない可能性を秘めていることに気がつきました。

周囲の環境によって可能性を閉ざしてしまう人々に対し、自分の可能性を信じポジティブな思考に変われば人生を豊かになるのではないかと考えています。



ミッション:「100%で夢に挑める環境を創る」

環境によって100%挑戦できない世の中を変えていきたい。
経済的な要因で機会損失をしている人々が夢に100%挑戦できな環境が存在しています。

誰もが情熱をもって目標にしている夢に挑める環境を創ることが私の人生のミッションです。

お金がなくても自分次第で夢は葉えられるというようなことは思いません。

お金は人生の選択を広げられるツールと考えています。

お金は選択肢を広げるツールである



なぜ、そういったミッションに至ったかというと、正しい知識や知見がないとチャレンジできる機会が損失してしまうと思うからです。

私の父は個人事業主として会社を経営しており一般的に見たらな少し裕福な家庭で育ちましたが、ある日金銭トラブルに遭い経営難に陥り一気に転落しました。

経済的に苦しいとういうことで大学入学時に夢であった留学を予定してましたが断念することに。
この時、全力で挑戦したいけど経済的に挑戦できな状況があると感じました。

夢を叶える手段である資産を運用する正しい知識と知見があれば熱をもった挑戦的意欲をサポートできると思いました。

人生の羅針盤があればゴールに近づける



よって私の人生の目的として、このような挑戦したいけどできない環境をなくし全力でチャレンジできる環境を創ることを掲げました。

以上が私のビジョンとミッションとなります。
今後、知的好奇心がある限りやりたいことや夢、目標を立て行動していきますが、考え方がアップデートされ目標が変わってしまうかも知れません。

もしかしたらこっちの道の方が目的達成できるのではないか?と迂回しながら人生を進むことでしょう。
しかし、人生のビジョンやミッションといった羅針盤があれば目先にゴールがなく彷徨う人生になることはないでしょう。人生の羅針盤に沿って行動の選択をしていけば、必ずゴールに近づくことができ人生を豊かにできると信じています。