オーストラリア人は裸足が好き(角田篤志)

オーストラリア人は裸足が好きです。

公園や郊外の散歩、庭仕事、車の運転、さらにはスーパーマーケットでの買い物まで、靴もサンダルも履かない人が多くいます。

都心の込み合う通勤列車の中にも裸足はいます。

ヨガリトリートで訪れた南太平洋の島国キリバスでも、何も履かない人がほとんどでしたが、「貧しいから」と理解していました。

先進国では珍しいものです。

なぜ履かないのか、10人ほどに聞いてみました。

なぜそんな当たり前のことを聞くの、とけげんな顔をされた後、返事は「気持ちがいいから」「小さいときからの習慣」。

日本流の「健康に良い」との答えを予期していたが皆無でした。

逆に医師は「捨てられた注射針を踏んでエイズや肝炎にかかる危険がある」などと心配します。

識者によると、裸足が目につくようになったのは1950、60年代から。

ビーチカルチャーがはやったころです。

自然がいっぱいのこの国では、シドニーやメルボルンといった人口300万人を超える大都会でも、自宅から数十分で砂浜に出られます。

砂浜で裸足になると確かに開放感があります。

素肌を見せない英国の習慣を脱ぎ捨てた気持ちがよく分かります。

最近盛んな、「国家元首を英女王から自前の大統領に代えよう」との共和制賛成論と、どこかでつながるのかもしれません。

夏の気温は40度を超えます。

コンクリートの道路はフライパンのように熱いです。

当然ながら足の裏は鍛えられて、厚く、硬くなります。

日本からの団体旅行の添乗員が注意を与えていました。

「オーストラリア人のまねをして裸足にならないでください」


角田篤志(ヨガインストラクター)