1
/
5

ロト6当選 買い方 桁外れに 楽なメソッド がついに暴露されます

出てきた数字のバランスを考えてみる

当選番号を 抽出する方法 で 一番 重要 なのがバランスです。
30・31・32・33・34・35 のように 数字 が6つ 続いて出現したり、
23・24・25・26・27・28のように20番台の当選番号に
当選番号すべてが特定の位置にまとまったり するのは「バランスが悪い」 と説明できます。
こんなバランス に偏りのある 選出する 方法 は どうして 問題がある のかというと、
そのようなデータで 数字 が 決定しない からです。
これまでロト6が たくさん 開催 されてきましたが
数字 が が7つ連続して出たり、 6つの 当選番号全部 が 同一の十の位に なったケースはありません。
常識的に 考えて 数字 4つ5つ 連続して出現 したり、
同じ 十の位に5つ 集まる みたいに
買い目が 同じような数字ばかりにならないように、 バランスを 考えて おく 必要があります。

頻繁に出現する数字とは?

ここのところしょっちゅう出ている数字 は 次回も 出現しやすい です。
だからといって、 ここのところしょっちゅう出ている当選番号だけ が 出ているのではありません。
ここのところ出ていない 当選番号も 1つ程度は 出ていることになります。
しょっちゅう出ているだけ 買い目に 入れる のもバランスが悪いです。
最低でも 1つは 出現しにくい 傾向 の 数字 も買い目に 入れる ことが重要です。

低い数字と高い数字とは?

数字 を 低い当選番号(1から22)と高い当選番号(19から43) に 分割する手法 です。
ロト6ではバランスが 必要ですので、 1・2・3・6・7・9・17 のように
7つすべてが 低い数字 のみで 高い当選番号が 1つもない という
当選番号全部が固まった位置に偏ったり は ほとんどありません。
少なくても2つ程度は 低い当選番号・高い当選番号を 追加するようにするわけです。
1・3・19・22・23・24・31 のように 低い当選番号(2個)と高い当選番号(5個) を 入れます。

数字の偶数と奇数を考えてみる

低い当選番号・高い当選番号と 手段は 同一です。
すべて偶数 のように 数字 が 特定の番号ばかりにしない ようにするわけです。
最低でも 2つ程度は 偶数・奇数を 追加する
6・12・15・23・26・32・35 のように 偶数(3個)と奇数(4個) を 混入します。

ここのところの 当選番号に 奇数が 多い と、
その状況は 奇数に偏っている という状況であります。
こちらも バランスが よくないです。
このケースでは、 バランスを 戻す ために 偶数が 出ることが多い です。
次もは 偶数が 出現することが多いと 見ています。
投資 で 例えると 「逆張り」 になります。
過去5回の数字 のうち奇数が24回、偶数が11回なら、
奇数が偶数の倍以上 出ているという状況になります。
過去5回で倍以上 出現する 回数が 異なれば、 その状態は「偏っている」 という状況になります。
その場合は 逆に偶数を ターゲットにして下さい。

数字の合計に配慮する

7つの当選番号の 合計数字にも いびつな傾向 が はっきりとします。
平均値は統計的に 133で、 その前後の 数字 が 多い と表現できます。
9割以上は 80から180まで の範囲に含まれます。
できるだけ 合計数字は95~170に したいところです。
さらに、 合計数字には 下記のような 傾向 が 見られます。
☆前回 の 合計数字から 変動する当選番号は 60以下
☆合計数字が2回 連続して 上がる ことになれば、 次回抽選 は 下がる
☆合計数字が2回 連続して 減少するということであれば、次回 は 増加する
合計数字だけでも とても買い目を 削減できます。
合計数字の 傾向 から 外れている パターンは 買い目から 除外 して下さい。