1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私のプロフィール

北海道大学4年生の高瀬憲人と申します。法学部に属しています。
1年休学して海外に行こうと考えていましたが2021年コロナウイルスの流行により
行くことができませんでした。
夏にmacを買いプログラミングをしてみたところものづくりに興味を持つようになり面白いと思うようになりエンジニアを志望しています。

大学時代頑張ったことは、編入試験の合格、筋トレ、プログラミングです。

編入試験は経済学部から法学部に独学で合格しました。きっかけは、以前の大学で政治学の授業を受け法と政治についてもっと学びたいと思ったため決意しました。試験日まで約半年しかなかったときに編入を決意し勉強に必要な知識を逆算して計画を立て合格点をとることができました。この経験を通して身についた能力は、常に努力を続ける力、情報収集・活用力、計画的に学習する力です。またこの経験を通じて、TOEIC825点を約3ヶ月の短期間で取得することができました。

筋トレは約52kgから58kgまで体脂肪率をほとんど変化させずに筋肉中心に増量することができました。筋トレを始めたきっかけはコロナで外出自粛となったとき、痩せているというコンプレックスを解消したいと思ったのではじめました。もともと体重が増えにくい体質であったので、はじめの頃は食事を多く食べるといったことをしましたがあまり変わりませんでした。その後、自分の体重変化を分析し、適切なサプリメント、トレーニングの見直しなどを行った結果約6ヶ月で6kg増量することができました。この経験は、編入試験で養った能力を再現し活かすことができました。

プログラミングはコロナで外出自粛の時期にはじめました。もともとITには興味があったものの文系であるためそのときまでプログラミングは理系でないとできないと思っていたので手をつけていませんでした。自粛の時期に時間ができ興味のあったプログラミングをはじめてみると実際に動くものを作る楽しさを感じました。最初の3ヶ月ほどはやりたいことが多く機械学習入門、バックエンド、フロントエンドなど手当たり次第に手を出したためなにもできませんでした。その後、Javascript(Vue.js)の学習を行いました。フロントエンドのみではサーバーがどうなっているのかわかりにくかったので、その後ruby on railsを初め学習をしています。苦労した点は編入試験と異なり、情報量がインターネット上に多く情報の取捨選択が難しかった点です。現在エンジニア専門職として就職したいと考えています。興味のある分野はweb系で、バックエンド、フロントエンドの両方です。