フード産業の可能性を信じ、北海道から東京へ!〜セールス 宮崎 哲太(26)さん〜


こんにちは、人事・広報の中西です。
北海道出身で高知の大学に進学、その後クックビズに入社してくれた、宮崎 哲太さん(26)。
何度かの挫折の上で、今の選択肢があると語ってくれました。
北海道から東京に引っ越ししてまで、ベンチャーに飛び込んでくれた哲太さんの想いを紐解きます!
※社内で「宮崎」姓が3名いるため、下のお名前で呼んでいます

まずは簡単にクックビズに入るまでの略歴を教えていただけますか?

北海道出身で高知の大学に進学したんですが、いろいろのめり込んだ結果、中退しちゃって…
地元に戻ってきて、人生の大きな決断に関わる営業職の仕事がしてみたいとの想いがあり、その時は不動産の営業マンになろうと思い、宅建の勉強をしたのですが試験結果は1点足らずで不合格…涙
それで不動産営業は諦めて、ちょうど内定もらえたコールセンターで働くことに。でもやっぱり営業をしたい思いは変わらず、電話しながらフツフツとした思いは持っていましたね(笑)

1年ほど経った頃、社内公募で営業職の受諾業務が出てきて、迷わず手をあげました。
思いが伝わったのか、コールセンターから営業職にジョブチェンジできることになり、ようやくつかんだ営業の仕事は、業務委託として新卒媒体の販売でした。中小企業の新規開拓が主な仕事で、アポインターが獲得してきた案件を回る、訪問営業を行っていましたね。

営業自体が初めてだったので、日々新鮮な学びとともに仕事に取り組んでいました。
一方で、少しずつ業務に慣れて視野が広がってくると、徐々に自分の売った商品がどのようにクライアントに役立っているのかをもっと知りたいという思いが芽生え始めました。
もっと経営的な事だったり、商品が出来ていく過程や経緯などがわかる環境に身を置いてみたい…!と思い切って転職活動を始めることに。次に働くところは本社か、本社でなくても経営と近いベンチャー企業で働きたいと思っていて、北海道ではなく、東京を中心に仕事を探す事にしました。

数社受けて大手企業さまからも内定頂いたんですが、結果クックビズを選びました。


大手企業と、ベンチャー企業。なぜベンチャーであるクックビズを選んだんでしょうか?

実は大手人材企業の本社で働こうとほぼ気持ちは固めていたんですが、その時の面接担当者から言われた言葉が忘れられなくて。
二次面接の時に内定をもらっている企業名を伝えたところ、
「君には来て欲しいし、一緒に働きたいと思っているから内定は出す。だけど今後のキャリアを考えた時にそっちの方が良いと思う。人生を預かる立場なので安易に口説きはしない。だけど、もしクックビズを選んでくれたら、今内定が出ている企業とは比べものにならないぐらい、成長できると約束するよ」と。

面接の時もそうだったんですが、1番人間らしさを感じたというか。人として向き合ってくれているんだな、って凄く思ったんです。
気づいたらクックビズへ内定受諾の連絡してました(笑)

あとは、ベンチャーの方が商品設計から輪に入って作る事ができるかもと、前職で抱えていたもやもや感が、クックビズに入ったら腑に落ちた状態で仕事ができるんじゃないかと思ったのも大きいです。
飲食、介護、建設は前職でも人が採れなくて困っていた業界。そこに特化して寄り添い、向き合っているサービスにチャレンジしたくって、飛び込みました。


そんな決断があったんですね!それで選んでくださったクックビズですが、現在はどんなお仕事をされているんでしょうか。

現在はHR戦略事業部という、求人広告を販売する部署の中にある、クライアントサポート課に所属しています。主に既存のクライアント様に対してのサポートと、後はインバウンドでお問い合わせ頂いた企業様の元へ訪問営業を行っています。
採用の市況感などを踏まえて、クライアント様の求めるニーズをヒアリングし、それに合ったプランの設計をしてご提案しています。
クックビズには、求人広告だけでなく人材紹介や、研修サービスもあるので、単なる枠売りをするのではなく、クライアント様の状況を踏まえた上で商品をご提供出来るので面白いですね。

なるほど。採用の入り口の話だけではなく、定着まで踏み込んで提案できるのはクックビズの強みですもんね。実際クライアントさんと接していて、いただいた意見などありますか?

先日、クライアント様から再購入の依頼があったんですが、ニーズを聞いているとクライアント様が希望しているプランより1つ上のプランにした方が、採用できる可能性がかなり上がるだろうと思い、ご提案しました。値段も少し上がるので悩んでいらっしゃいましたが、試してみるよ、とプランを上げて購入してくださる事に。
後日、その方から「思っていた以上の採用ができたよ!提案してくれてありがとう。」と連絡を頂いた時は本当嬉しかったですね。

飲食の現場からはどこも人手不足だという声が聞かれ、ニーズの高さに改めて感じさせられています。
業界的にとても伸び代を感じますし、また特化型のサービスなので自社の強みがはっきりしているところがクライアント様に対してもメリットとしてご提供できていると感じていますね。

それは嬉しいですね!では営業としてのやりがいを教えてください。

数字を追っていくのは純粋に面白いです!
営業だとどこもそうかもしれないですが、それでもクックビズの「目標」は結構高い(笑)
でもその目標に対していかに自分が考えて動いてどうやって近づけていくのか、というところがRPGゲームみたいでワクワクして面白いですね。営業としての醍醐味だと思います。

また転職の動機でもあった、「経営に近いところで働きたい」という思いがベンチャーなら叶うんじゃないかと思っていたんですが、考えていたよりも社長や経営陣との距離が近くってビックリしています。
僕の働いているのは五反田オフィスで営業支店なんですが、ほぼ毎週藪ノ社長が顔を出してくださいますし、居るのも同じフロア。
しかも2ヶ月に1回あるグループミーティングという会では、藪ノ社長に最近起こった事や、業務上の課題など直接お話が出来ますし、また今の会社の状況などを社長の口から聞く事が出来るので、なんだか社長というより、とても気さくなお兄さんという感じで(笑)、いつもとても楽しみにしています。

確かに経営陣が近いというのは、モチベーションにも繋がりますよね。
では最後に、今後哲太さんが取り組んでいきたい事や、夢などあれば教えてください。


一番はキャリアアップですね。
もっと貪欲に色々な事を吸収していき、経験値を積みたい。おこがましいかもしれませんが、周りに良い影響を与える存在になりたいです。今は周りの方々にお世話になっている立場ですが、今後は自分が環境を作る役割になっていきたいです。

後は、いろんなところで働いてみたいです!あ、会社という意味でなく、場所、という意味で(笑)
大学まではずっと北海道に居て、進学で高知に行き、今は東京で働いていますが、地域によって人柄や課題も全然違って、それがとても刺激的で面白いんですよ。
もし今後、クックビズに支社が出来るなら迷わず立候補したいですね。

『フード産業を人気業種にする』というビジョンのもと、地方にある飲食店さんの課題やニーズを先頭切って解決出来る様な営業マンでありたいです。
成長し続ける会社で一緒に成長していきたい人はぜひ応募してください!


Anonymous
24058824 1268037349968149 2544583023368090082 n
867efbc7 ebd2 49e2 b47c a3522597d0ea?1509069272
2 Like
Anonymous
24058824 1268037349968149 2544583023368090082 n
867efbc7 ebd2 49e2 b47c a3522597d0ea?1509069272
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon