1
/
5

広告のクリエイティブについて

 広告クリエイティブの制作にはユーザーインサイトの理解と、クライアントの商品価値の理解が非常に重要です。

 徹底的に両者を分析して、組み合わせることでユーザーに響く訴求が生まれ、広告によって人を動かすことができるようになります。

 また、明確に要素を組み合わせて生まれたクリエイティブは、効果検証がしやすいです。

 広告を配信した結果を分析する際に、要素ごとに集計して比較することができ、どの要素が響いて反応が良かったのかを抽出して評価しやすくなります。

 それと、ユーザーの心を動かすキャッチコピーと、商品の普遍的な価値を表すタグラインは、要素として明確に分けてクリエイティブに盛り込んだ方が、これまた検証がしやすくなりますし、見た目もわかりやすくメッセージも伝わりやすくなると思います。

 実際にクリエイティブをデザインやコピーなどの表現に落とし込むことは、デザイナーの方にお願いすることになりますが、クリエイティブを作る前の分析、設計、検証戦略の部分には、クライアントに向き合いクライアントとターゲットについて理解のある営業担当者が積極的に関わるべきだと思います。

2 いいね!
2 いいね!