1
/
5

Mystery of Zero - Shoonya Ka Rahasya Paperback – 2014by Ankur Tiwari (Author)Product description

Mystery of Zero - Shoonya Ka Rahasya Paperback – 2014
by Ankur Tiwari (Author)

Product description


Product description
About The Book:- It is a subject of great amaze and prestige for all Indians that, if we put a command in any calculator to divide any number by Zero, for example 15 / 0 = , then that calculator will be unable of giving us its answer. The reason is that, modern mathematics consider division by Zero as undefined. However, great ancient Indian mathematicians Brahmagupta, Mahavira and Bhaskar II had clearly mentioned about division by Zero in their ancient works. But modern mathematics denied these sayings due to lack of mathematical proofs and now on the same place this book provides sufficient proofs for the results of division by Zero. This book gives the practical, applied, natural and universal results for division by Zero, that coincides with the sayings of our ancient Indian mathematicians. This is the reason, why the new mathematical formula in this book is named as Bhartiya New Rule for Fraction (BNRF). About The Author:- Ankur Tiwari, is a decent, calm and peace loving person by nature, who always being involved in one or another noble activity, research or public welfare programs. In very small age only he has proved his extreme intelligence by his innovative ideas and works, which made him to get an International significance. Over last four years (2010-14), Ankur Tiwari has done many inventions and has made number of researches. He has authored many books on the same. Right from mathematical formula to socio-economic researches and new computer file system designing, he has created a big list. Out of his all inventions, Bhartiya New Rule for Fraction (BNRF) is the first one, which inspired him to work all around.

再生核研究所声明 549(2020.2.26) 数学は、発見か 発明か - 回答

この質問はよくあり、提起される。これについては 自明に思われるほど 当たり前に思われるので、回答していない。 しかし、時間と気分が整ったのできちんと回答したい。

それよりも前に 数学とは何か、数学と人生、世界について相当に真剣に検討しているので、まずはそれを紹介したい:

しかしながら、数学について、そもそも数学とは何だろうかと問い、ユニバースと数学の関係に思いを致すのは大事ではないだろうか。この本質論については幸運にも相当に力を入れて書いたものがある:

No.81, May 2012(pdf 432kb)
www.jams.or.jp/kaiho/kaiho-81.pdf
Traduzir esta página
19/03/2012
ここでは、数学とは何かについて考えながら、数学と人間に絡む問題などについて、幅. 広く面白く触れたい。骨格は .... の上に立って判断されるべきです (再生核研究所声明 41: 世界史、大義、評価、神、最後の. 審判)。実際、何十年も経って、

簡潔に述べれば、数学は 時間にも、エネルギーにもよらずに存在する神秘的な 関係の論理体系であるが、ユニバースは 数学を言語として構成されているという、信仰のような信念を抱いている。基本的な数学はユニバースの基本的な様を表現しているのではないだろうか。

結論から先に言おう。 数学は 発明ではなく 発見である。 発見とは、日本列島が存在しているように、 存在しているものを 認識することである。太平洋に ある島がある。 人間は 誰も気づかなかった。しかし、人間が気づくと気づかないに関わらず、存在していた。 誰か、島を発見して 認識し、人に伝えれば、島を発見した と言うだろう。
例えば ニュートンの運動法則や その他の多く物理学上の法則など、人間の認識を越えて、それらは それらの法則は人間を超えて 存在ていたもの と考えられる。
それらを 誰誰が発明した とは言わないであろう。 新しい元素の発見、星の発見なども 発見の典型的な例として挙げられるだろう。
物理学上の法則は 発見で、発明ではないと 多くの人が理解され 受け入れられるのではないだろうか。- 私が 創造した、発明した とは言わない。
それでは、多くの人が知っている ピタゴラスの定理は 如何であろうか。この定理は 独立に いろいろなところで 発見されていたが、証明をきちんと与えたのは ピタゴラスである とされている。 直角を作る有効性、 斜線の長さを求める便利さと 応用の大きさから、最も 世界で有名な 数学の定理ではないだろうか。 極めて美しい、神秘的な定理 とも言える。 この定理、 人間にかかわらず、その法則、定理は 存在していたものと考えられる。 これ、私が発明したと発想する人は いないのではないだろうか。
この典型的な例を考えれば、数学は 人間を超えて存在する 不思議なものであると考えられる。 この心を 上記で紹介した解説で 深く触れて、数学は時間を超えて存在する 神秘的な存在で、宇宙誕生にも関係せず、神によって創造されたものと 考えざるを得ない。 神の存在証明にも 関わってくる。
数学とは 公理系と呼ばれる仮説系から 論理的に展開される 関係の集合、集まりの 全体 が一つの数学であり、それは人間には寄らない 必然の展開、存在をしている。知られた数学の様は、時代や人間の興味、関心で詳しく調べられる部分もあり、場合によってはおろそかにされる部分があるのは 当然である。しかしながら、数学の全体は 我々の認識を超えて、 数学の全体は きちんと存在しているもの と考えられる。
ガリレオガリレイの有名な言葉、事件がある。 それでも地球は回っている。
政治的な弾圧によっても 科学的な真実は 変わらず、何れ理解されることを知って、命を懸けて主張する必要性は 感じられなかったのである。

そのような意味で、数学者も、科学者も 自分の発見した定理の重要性に対する信念は 何れ それらの進化と共に当たり前になると考えることが出来るので、楽しい夢を自信に満ちて、描けるだろう。 
その意味では 権力争いや経済競争などの世界などに比べて、幸せな世界である と考えられる。

時として 数学者の言葉が強く感じられるのは 絶対的な数学の論理の上に 立っているからである。 数学者の基本的な過ちは 物事の前提を 数学的にとらえるところに生じると云える。 数学的な論理、理屈が人間社会では通用せず、多く、力や権力などで動いていることが多い。 その意味では数学者が数学の内部で語っているには問題が無く、絶対的である と考えられるが 数学を超えた世界に対する在りようには 注意が必要である。

最後に、発見の極めて具体的な例を挙げれば、高校生でも基本として、知っている直角双曲線、反比例の関係を表す 基本的関数 y= 1/x の 原点での値を発見した。 既に、6年を経過してしまったが、未だ 世には認知されていないようである。 1000件以上の知見を得て、その値がゼロであることは、数学的な真実、事実である と主張して、令和革新を唱えている。 それは初等数学全般に影響を与えるばかりか、新しい世界観をもたらすからである。 その発見は 2000年以上の懸案の問題、ゼロ除算 ー ゼロで割る問題 ー を解明している。 その事実は ピタゴラスの定理のように 数学的な真実、事実で 絶対的に揺るぐことが無い、発見である と言える。 その関数を、その関数の 美しいグラフ を、しっかり見て欲しい。

ところで、発明とは何だろう。 まずは 確認したい:

Resultados da procura
Resultados da Web
発明 - Wikipedia ja.wikipedia.org › wiki › 発明
人間社会に関係していて、難しい、曖昧な概念であると言える。 この文脈で 深い関係のある考えが、創造性 である。 実際、数学の定理は、発見か 創造されたものか という 問いの文脈 で考えられるが、創造性ではなく、発見である というのが この声明での回答である。
創造性の典型的な例としては、作曲や絵画など、が挙げられるが、発明とともに少し曖昧さが存在するのではないだろうか。 - 創造性は 神の領域で、発明や創作活動、芸術なども 表現、模倣の様子 とも感じられる。 発明も、創造性も それらの意味について、さらに検討が必要ではないだろうか。

                    以 上