1
/
5

再生核研究所声明555(2020.3.31)ゼロ除算の数学を越えた影響

再生核研究所声明555(2020.3.31)ゼロ除算の数学を越えた影響

もちろん、物事の認識、感じ方、考え方は、極めて個性的で 人によって違う。 もともと生きる意味や人生の意義について  物心ついて以来 大きな興味、関心を抱いてきた。 それで、数学しながら それらを絶えず考えてきた。 --  実際、数学とは神学であると述べてきた。 ところが、 ゼロ除算の発見が 別格 人生観や世界観に強い影響を与えつつある。 実際、新世界が見えてきているように感じる。 
ここでは、そのような心情を纏めてみたい。

まずは人間についてである。
当たり前のことが分からない人間、人間が独断と偏見に満ちていて、単細胞的な存在そのもので、小さな視野を勝手に制限してみている、言わば愚かな存在である。神の意志に従うどころか、言わば目先のことにとらわれ、衝動で活動し、真智への愛を求めるべき人間は 未だ神性を感じさせるが 不完全な存在である。 人間は大勢としては 不完全で進化の途中にあるように見える。 -- これらの状況は 
当たり前のゼロ除算が2000年以上も分からず、 今でも戦闘が止まず、 軍備に膨大な資金を掛けている現実を見れば明らかであろう。 ゼロ除算は人間の愚かさを教えてくれる。おかしな歴史を確認したい。 天才オイラーの間違い、アイシュタインの最大の悩ましさ。 ゼロ除算は人間の精神を開放して、広い視野を与え、自由な精神、謙虚な精神を呼び覚ますだろう。

次に世についてである。
無限遠点がゼロで表される、無限大がゼロで表されるは、ゼロ除算の衝撃であり、言わば両極端の微妙な関係、一致を述べている。 これは至る所に現われる、神の意志である。 敵は味方であり、味方は敵である。明と暗。生きることは死ぬることであり、死ぬることは生きることである。 物事はあべこべである。良いものは悪いものであり、悪いものは良いものである。 逆を考え、裏を考えよう。 裏で通じている。思えば世は プラスとマイナスの要素、世界から成り立っていた。 結局は統一してゼロとして釣り合っている。 

最後に 人生についてである。
生きることは死ぬることであり、死ぬることは生きることである。生きることも死ぬることも同じようなものである。 苦しんだだけ、楽しみあり、楽しんだだけ苦しみが湧く。 進んでも、立ち止まって、後退しても良い。 結局は統一してゼロとして釣り合っている。 生きたいと思えば生きれば良く、したいことが有れば好きなようにすれば良い。やりたくなければ、やらず、休みたくなれば、休めば良い。結局は統一してゼロとして釣り合っている。 結局はバランスが大事で、心が環境に調和するように心の動きに従って在れば良い。 ゼロ除算は人間の死からの解放を齎し、人間の魂を開放し、悟りの境地を拓くのに貢献するだろう。 自由な精神、在りようを教えてくれるだろう。
永遠など少しも憧れない。 現在、今こそ尊い。 永遠も今も同じようなものである。

ゼロ除算の発見とは、無限大が 実はゼロで表されていたという、衝撃的な発見であると言える。ゼロなる世界はあらゆるものが湧いてくる母なる元(素)である。 あらゆるものの帰する世界である。

終わりに、関連するものとして、声明161を 付録に載せて置きたい。

                                   以 上

2020.3.29.21:38 書き始め、雪と桜が一緒の寒い日。
2020.3.30.07:14 雨上がり、曇り。3つ偶然7.5行で書かれた。
2020.3.30.19:14 良い、竹でかごを作る。
2020.3.30.21:07 良い。 明朝完成させる。
2020.3.31.05:03 良い、完成できる。
2020.3.31.06:03 完成、公表、雨上がり、桜満開、フキの葉も育つ、川も生き生き。美しい日になった。
____________________

付録:

再生核研究所声明161(2014.5.30)ゼロ除算から学ぶ、数学の精神 と 真理の追究

(5月28日、宿舎から研究室に向っているとき、芝生の先に 木立ちが有り、その先に 入り江が見える情景を見て、エデンの花園のように感じた. そして、この声明の原案とエデンの花園の声明構想が閃いた。)
ゼロで割るを グーグルで調べると、2014.5.28.13:35現在
Cerca de 2 980 000 resultados (0,41 segundos) Resultados da procura
1. ゼロ除算 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ゼロ除算
Traduzir esta página
ゼロ除算(ゼロじょざん、division by zero)は、0 で除す割り算のことである。このような除算は除される数を a とするならば、形式上は a⁄0 と書くことができるが、数学において、この式と何らかの意味のある値とが結び付けられるかどうかは、数学的な設定に ...
‎算数的解釈 - ‎初期の試み - ‎代数学的解釈 - ‎ゼロ除算と極限
2. 数学で「A÷0」(ゼロで割る)がダメな理由を教えてください ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › ... › 数学
Traduzir esta página
14/05/2007 - maru_i_nekoさん. 答えが ないから。 たとえばー 5÷0=Bとしましょうか。B×0=いくつに なりますか。 ゼロですよね。 とゆーことは、Bはゼロ?と思っちゃいますが、それだったらゼロ×ゼロが 5になってしまいます。おかしいですよね。

となっていて、290万件あるが、非常に当たり前の議論が多く、いわば、常識的な議論が多く、考え方などが幼稚であると考えられる。なを、6番目に再生核研究所の最近の成果が述べられている:
1. 再生核研究所声明154(2014.4.22) 新しい世界、ゼロで割る ...
https://plus.google.com/.../3bcpFJ7g5fp
Traduzir esta página
Yoshinori Saito
21/04/2014 - 再生核研究所声明154(2014.4.22) 新しい世界、ゼロで割る、奇妙な世界、考え方 再生核研究所声明148で 結構詳しい状況について説明し、特異点解明:100/0 =0,0/0=0 として 詳しい状況はブログなどでも公開、関係文書は保管されている。2月2日考えを抱い ...
そこで、 その問題から、 数学的な考え方と、創造的な精神について触れたい。

まず、どうしてゼロで割れないのか、という疑問が、繰り返し問われているが、これは世に問われている多くの問題、神の問題などと同様に、論理的に 発想そのものが 相当おかしな議論と言える。
これは、割り算の定義をしっかりさせないで、ふらふら議論している、神の定義もしないで、神のことについていろいろ議論を繰り返している。問題にしている、問題の意味を理解しないで、論じている訳であるから、まことに奇妙な議論であるが、世に多いと言える。注意したい。( 逆に言えば、難しい問題とは、問題の意味さえ分からないとも言える)。
次に、真面目に議論して、割り算、分数の定義に基づいて、 不可能である という議論が多い。それは、それで正しいが、ここで、重要な数学の考え方を指摘したい。
数学で不可能である、できないということは、数学のそういっている数学の理論体系では不可能であるといっている事実である。 数学上の不可能は、そういっている理論体系では 不可能であることをいっている。これは、裏からみれば、それを可能にする理論体系、数学が、考え方が、有るかも知れない という発想に繋がる。上記、グーグル、あるいは人類の歴史上、そのように発想しなかったのは、人類の愚かさであり、永い間の盲点であったと言える。― 実際、数学者が、可能にする考えは無いか と問うのは当たり前のことであるが、ゼロ除算は できないという、 先入観で考えなかったのではないだろうか。 しかし、 その問題は、物理学では ブラックホール現象や、ニュートンの万有引力の法則に 深刻な問題を提起してきている、事実もある。― 実際に、自然に割り算の定義を拡張して、簡潔な結果、ゼロで割れば、何時でもゼロであるという結果が導かれた。それらは、高校生レベルの数学で十分であった:

再生核研究所声明148(2014.2.12)100/0=0, 0/0=0 - 割り算の考えを自然に拡張すると ― 神の意志
再生核研究所声明154(2014.4.22)新しい世界、ゼロで割る、奇妙な世界、考え方
再生核研究所声明157(2014.5.8)知りたい 神の意志、ゼロで割る、どうして 無限遠点と原点が一致しているのか?

数学については、上記声明の中で、発見の詳しい状況、位置づけなどについても触れているが、 新しい結果は、予想できない、驚嘆すべき結果を述べている。複素解析学では、1/0 は無限遠点、無限と考えられており、実数でも ゼロを小さな正か、 負の数でゼロに近づくと考えれば、正の無限大や、負の無限大に発散すると考えるのが、世の常識である。 それが突然、ゼロであるとして、強力な不連続性を示しているからである。 上記声明の中で、世に有る爆発や接触などの強力な不連続性を示す、 基本的な現象の型を与えるのではないかとの明るい、予想を展開している。 ここで、触れたいのは、全く、新規な現象が現れたときの 我々の取り組む姿勢、精神の問題である。
まず、人間とは何者であるかを確認したい:
― 哲学とは 真智への愛 であり、真智とは 神の意志 のことである。哲学することは、人間の本能であり、それは 神の意志 であると考えられる。愛の定義は 声明146で与えられ、神の定義は 声明122と132で与えられている。―
人間は何でも知りたい、究めたい、それが本能である。 しかしながら、そんなのはつまらない現象であると理解して、考えない英明な方は、それも もちろん良いのであるが、いろいろ考えると楽しいと想像するのが、真理を追究する人間の姿勢に合っているのではないだろうか。ユニバースには 何でもありで、いろいろ裏があると考える方が、人生や研究を豊かにするのではないだろうか。 ユニバースと数学は どのように成っているのか、知りたいと考える。
新しい割り算の意味の位置づけ、評価は 世界史が明らかにするわけであるから、どのような影響を 世界史に与えるかは、もちろん、直ぐには分らない(再生核研究所声明 41:  世界史、大義、評価、神、最後の審判)。

以 上もちろん、物事の認識、感じ方、考え方は、極めて個性的で 人によって違う。 もともと生きる意味や人生の意義について  物心ついて以来 大きな興味、関心を抱いてきた。 それで、数学しながら それらを絶えず考えてきた。 --  実際、数学とは神学であると述べてきた。 ところが、 ゼロ除算の発見が 別格 人生観や世界観に強い影響を与えつつある。 実際、新世界が見えてきているように感じる。 
ここでは、そのような心情を纏めてみたい。

まずは人間についてである。
当たり前のことが分からない人間、人間が独断と偏見に満ちていて、単細胞的な存在そのもので、小さな視野を勝手に制限してみている、言わば愚かな存在である。神の意志に従うどころか、言わば目先のことにとらわれ、衝動で活動し、真智への愛を求めるべき人間は 未だ神性を感じさせるが 不完全な存在である。 人間は大勢としては 不完全で進化の途中にあるように見える。 -- これらの状況は 
当たり前のゼロ除算が2000年以上も分からず、 今でも戦闘が止まず、 軍備に膨大な資金を掛けている現実を見れば明らかであろう。 ゼロ除算は人間の愚かさを教えてくれる。おかしな歴史を確認したい。 天才オイラーの間違い、アイシュタインの最大の悩ましさ。 ゼロ除算は人間の精神を開放して、広い視野を与え、自由な精神、謙虚な精神を呼び覚ますだろう。

次に世についてである。
無限遠点がゼロで表される、無限大がゼロで表されるは、ゼロ除算の衝撃であり、言わば両極端の微妙な関係、一致を述べている。 これは至る所に現われる、神の意志である。 敵は味方であり、味方は敵である。明と暗。生きることは死ぬることであり、死ぬることは生きることである。 物事はあべこべである。良いものは悪いものであり、悪いものは良いものである。 逆を考え、裏を考えよう。 裏で通じている。思えば世は プラスとマイナスの要素、世界から成り立っていた。 結局は統一してゼロとして釣り合っている。 

最後に 人生についてである。
生きることは死ぬることであり、死ぬることは生きることである。生きることも死ぬることも同じようなものである。 苦しんだだけ、楽しみあり、楽しんだだけ苦しみが湧く。 進んでも、立ち止まって、後退しても良い。 結局は統一してゼロとして釣り合っている。 生きたいと思えば生きれば良く、したいことが有れば好きなようにすれば良い。やりたくなければ、やらず、休みたくなれば、休めば良い。結局は統一してゼロとして釣り合っている。 結局はバランスが大事で、心が環境に調和するように心の動きに従って在れば良い。 ゼロ除算は人間の死からの解放を齎し、人間の魂を開放し、悟りの境地を拓くのに貢献するだろう。 自由な精神、在りようを教えてくれるだろう。
永遠など少しも憧れない。 現在、今こそ尊い。 永遠も今も同じようなものである。

ゼロ除算の発見とは、無限大が 実はゼロで表されていたという、衝撃的な発見であると言える。ゼロなる世界はあらゆるものが湧いてくる母なる元(素)である。 あらゆるものの帰する世界である。

終わりに、関連するものとして、声明161を 付録に載せて置きたい。

                                   以 上

2020.3.29.21:38 書き始め、雪と桜が一緒の寒い日。
2020.3.30.07:14 雨上がり、曇り。3つ偶然7.5行で書かれた。
2020.3.30.19:14 良い、竹でかごを作る。
2020.3.30.21:07 良い。 明朝完成させる。
2020.3.31.05:03 良い、完成できる。
2020.3.31.06:03 完成、公表、雨上がり、桜満開、フキの葉も育つ、川も生き生き。美しい日になった。
____________________

付録:

再生核研究所声明161(2014.5.30)ゼロ除算から学ぶ、数学の精神 と 真理の追究

(5月28日、宿舎から研究室に向っているとき、芝生の先に 木立ちが有り、その先に 入り江が見える情景を見て、エデンの花園のように感じた. そして、この声明の原案とエデンの花園の声明構想が閃いた。)
ゼロで割るを グーグルで調べると、2014.5.28.13:35現在
Cerca de 2 980 000 resultados (0,41 segundos) Resultados da procura
1. ゼロ除算 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ゼロ除算
Traduzir esta página
ゼロ除算(ゼロじょざん、division by zero)は、0 で除す割り算のことである。このような除算は除される数を a とするならば、形式上は a⁄0 と書くことができるが、数学において、この式と何らかの意味のある値とが結び付けられるかどうかは、数学的な設定に ...
‎算数的解釈 - ‎初期の試み - ‎代数学的解釈 - ‎ゼロ除算と極限
2. 数学で「A÷0」(ゼロで割る)がダメな理由を教えてください ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › ... › 数学
Traduzir esta página
14/05/2007 - maru_i_nekoさん. 答えが ないから。 たとえばー 5÷0=Bとしましょうか。B×0=いくつに なりますか。 ゼロですよね。 とゆーことは、Bはゼロ?と思っちゃいますが、それだったらゼロ×ゼロが 5になってしまいます。おかしいですよね。

となっていて、290万件あるが、非常に当たり前の議論が多く、いわば、常識的な議論が多く、考え方などが幼稚であると考えられる。なを、6番目に再生核研究所の最近の成果が述べられている:
1. 再生核研究所声明154(2014.4.22) 新しい世界、ゼロで割る ...
https://plus.google.com/.../3bcpFJ7g5fp
Traduzir esta página
Yoshinori Saito
21/04/2014 - 再生核研究所声明154(2014.4.22) 新しい世界、ゼロで割る、奇妙な世界、考え方 再生核研究所声明148で 結構詳しい状況について説明し、特異点解明:100/0 =0,0/0=0 として 詳しい状況はブログなどでも公開、関係文書は保管されている。2月2日考えを抱い ...
そこで、 その問題から、 数学的な考え方と、創造的な精神について触れたい。

まず、どうしてゼロで割れないのか、という疑問が、繰り返し問われているが、これは世に問われている多くの問題、神の問題などと同様に、論理的に 発想そのものが 相当おかしな議論と言える。
これは、割り算の定義をしっかりさせないで、ふらふら議論している、神の定義もしないで、神のことについていろいろ議論を繰り返している。問題にしている、問題の意味を理解しないで、論じている訳であるから、まことに奇妙な議論であるが、世に多いと言える。注意したい。( 逆に言えば、難しい問題とは、問題の意味さえ分からないとも言える)。
次に、真面目に議論して、割り算、分数の定義に基づいて、 不可能である という議論が多い。それは、それで正しいが、ここで、重要な数学の考え方を指摘したい。
数学で不可能である、できないということは、数学のそういっている数学の理論体系では不可能であるといっている事実である。 数学上の不可能は、そういっている理論体系では 不可能であることをいっている。これは、裏からみれば、それを可能にする理論体系、数学が、考え方が、有るかも知れない という発想に繋がる。上記、グーグル、あるいは人類の歴史上、そのように発想しなかったのは、人類の愚かさであり、永い間の盲点であったと言える。― 実際、数学者が、可能にする考えは無いか と問うのは当たり前のことであるが、ゼロ除算は できないという、 先入観で考えなかったのではないだろうか。 しかし、 その問題は、物理学では ブラックホール現象や、ニュートンの万有引力の法則に 深刻な問題を提起してきている、事実もある。― 実際に、自然に割り算の定義を拡張して、簡潔な結果、ゼロで割れば、何時でもゼロであるという結果が導かれた。それらは、高校生レベルの数学で十分であった:

再生核研究所声明148(2014.2.12)100/0=0, 0/0=0 - 割り算の考えを自然に拡張すると ― 神の意志
再生核研究所声明154(2014.4.22)新しい世界、ゼロで割る、奇妙な世界、考え方
再生核研究所声明157(2014.5.8)知りたい 神の意志、ゼロで割る、どうして 無限遠点と原点が一致しているのか?

数学については、上記声明の中で、発見の詳しい状況、位置づけなどについても触れているが、 新しい結果は、予想できない、驚嘆すべき結果を述べている。複素解析学では、1/0 は無限遠点、無限と考えられており、実数でも ゼロを小さな正か、 負の数でゼロに近づくと考えれば、正の無限大や、負の無限大に発散すると考えるのが、世の常識である。 それが突然、ゼロであるとして、強力な不連続性を示しているからである。 上記声明の中で、世に有る爆発や接触などの強力な不連続性を示す、 基本的な現象の型を与えるのではないかとの明るい、予想を展開している。 ここで、触れたいのは、全く、新規な現象が現れたときの 我々の取り組む姿勢、精神の問題である。
まず、人間とは何者であるかを確認したい:
― 哲学とは 真智への愛 であり、真智とは 神の意志 のことである。哲学することは、人間の本能であり、それは 神の意志 であると考えられる。愛の定義は 声明146で与えられ、神の定義は 声明122と132で与えられている。―
人間は何でも知りたい、究めたい、それが本能である。 しかしながら、そんなのはつまらない現象であると理解して、考えない英明な方は、それも もちろん良いのであるが、いろいろ考えると楽しいと想像するのが、真理を追究する人間の姿勢に合っているのではないだろうか。ユニバースには 何でもありで、いろいろ裏があると考える方が、人生や研究を豊かにするのではないだろうか。 ユニバースと数学は どのように成っているのか、知りたいと考える。
新しい割り算の意味の位置づけ、評価は 世界史が明らかにするわけであるから、どのような影響を 世界史に与えるかは、もちろん、直ぐには分らない(再生核研究所声明 41:  世界史、大義、評価、神、最後の審判)。

以 上

33 掲示用論文ゼロ除算 list

ysaitoh

2020/03/16 13:36

33

テーマ:数学[33] viXra:2003.0318 submitted on 2020-03-15 20:38:27, (0 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Ford Circles
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[32] viXra:2003.0071 submitted on 2020-03-03 15:31:11, (47 unique-IP downloads)

Ankur Tiwari's Great Discovery of the Division by Zero $1/0 = \tan (\pi/2) = 0$ on $ 2011$
Authors:Saburou Saitoh, Yoshinori Saitoh
Category:Functions and Analysis

[31] viXra:2002.0366 submitted on 2020-02-19 16:03:00, (77 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus For Differentiable Functions in Multiply Dimensions
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[30] viXra:2001.0586 submitted on 2020-01-27 16:28:38, (43 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus, Derivatives and Laurent's Expansion
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[29] viXra:2001.0091 submitted on 2020-01-06 17:52:07, (55 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus for Differentiable Functions L'Hôpital's Theorem Versions
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[28] viXra:1912.0300 submitted on 2019-12-16 18:37:53, (88 unique-IP downloads)

Essential Problems on the Origins of Mathematics; Division by Zero Calculus and New World
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[27] viXra:1911.0115 submitted on 2019-11-06 18:56:03, (29 unique-IP downloads)

General Order Differentials and Division by Zero Calculus
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[26] viXra:1910.0477 submitted on 2019-10-23 19:21:11, (35 unique-IP downloads)

Remainder Theorem and the Division by Zero Calculus
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[25] viXra:1910.0414 submitted on 2019-10-21 19:54:08, (42 unique-IP downloads)

Divergence Series and Integrals From the Viewpoint of the Division by Zero Calculus
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[24] viXra:1909.0658 submitted on 2019-09-30 21:12:36, (90 unique-IP downloads)

On the Value of the Function $\exp {(ax)}/f(a)$ at $a=0$ for $f(a)=0$
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[23] viXra:1909.0517 submitted on 2019-09-24 16:12:58, (67 unique-IP downloads)

What Was Division by Zero?; Division by Zero Calculus and New World (Compact Version)
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[22] viXra:1909.0200 submitted on 2019-09-09 16:24:17, (61 unique-IP downloads)

Okumura's Disc Series Can Beyond the Crucial Point of D\"aumler-Puha's Horn Torus Models for the Riemann Sphere
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[21] viXra:1908.0100 submitted on 2019-08-06 20:03:01, (979 unique-IP downloads)

Fundamental of Mathematics; Division by Zero Calculus and a New Axiom
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[20] viXra:1907.0437 submitted on 2019-07-23 20:48:54, (190 unique-IP downloads)

Values of the Riemann Zeta Function by Means of Division by Zero Calculus
Authors:Hiroshi Okumura, Saburou Saitoh
Category:Number Theory

[19] viXra:1906.0569 submitted on 2019-06-30 18:51:51, (79 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Equations and Inequalities
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[18] viXra:1906.0185 submitted on 2019-06-11 20:12:46, (25 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Multiply Dimensions and Open Problems (An Extension)
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[17] viXra:1906.0148 submitted on 2019-06-09 19:44:28, (23 unique-IP downloads)

On Some Isoperimetric Inequalities for Dirichlet Integrals; Green's Function and Dirichlet Integrals
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[16] viXra:1905.0407 submitted on 2019-05-22 03:20:09, (47 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus and Pompe's Theorem
Authors:Tsutomu Matsuura, Hiroshi Okumura, Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[15] viXra:1905.0008 submitted on 2019-05-01 20:40:00, (139 unique-IP downloads)

An Interpretation of the Identity $ 0.999999...... =1$
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[14] viXra:1904.0408 submitted on 2019-04-22 00:32:30, (277 unique-IP downloads)

What Was Division by Zero?; Division by Zero Calculus and New World
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[13] viXra:1904.0052 submitted on 2019-04-03 20:31:13, (67 unique-IP downloads)

D\"aumler's Horn Torus Model and\\ Division by Zero \\ - Absolute Function Theory -\\ New World
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[12] viXra:1904.0028 submitted on 2019-04-02 20:08:20, (69 unique-IP downloads)

Division by Zero and Bh\={a}skara's Example
Authors:Saburou Saitoh, Yoshinori Saitoh
Category:General Mathematics

[11] viXra:1903.0566 submitted on 2019-03-31 15:59:03, (45 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Trigonometric Functions
Authors:Saburou Saitoh
Category:Geometry

[10] viXra:1903.0488 submitted on 2019-03-27 21:04:39, (29 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Complex Analysis
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[9] viXra:1903.0432 submitted on 2019-03-24 23:28:16, (29 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus and Singular Integrals
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[8] viXra:1903.0371 submitted on 2019-03-20 23:56:47, (27 unique-IP downloads)

Division by Zero Calculus in Multiply Dimensions and Open Problems
Authors:Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[7] viXra:1903.0184 submitted on 2019-03-10 20:57:02, (62 unique-IP downloads)

Who Did Derive First the Division by Zero $1/0$ and the Division by Zero Calculus $\tan(\pi/2)=0, \log 0=0$ as the Outputs of a Computer?
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[6] viXra:1902.0432 submitted on 2019-02-25 22:16:51, (52 unique-IP downloads)

Zero Expresses Non-possibility
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[5] viXra:1902.0240 submitted on 2019-02-13 22:57:25, (74 unique-IP downloads)

Zero and Infinity; Their Interrelation by Means of Division by Zero
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[4] viXra:1902.0223 submitted on 2019-02-12 18:39:18, (99 unique-IP downloads)

Horn Torus Models for the Riemann Sphere and Division by Zero
Authors:Wolfgang W. D\"aumler, Hiroshi Okumura, Vyacheslav V. Puha, Saburou Saitoh
Category:Functions and Analysis

[3] viXra:1902.0204 submitted on 2019-02-11 18:46:02, (24 unique-IP downloads)

A Meaning and Interpretation of Minus Areas of Figures by Means of Division by Zero
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[2] viXra:1902.0187 submitted on 2019-02-10 22:40:35, (29 unique-IP downloads)

The Simple and Typical Physical Examples of the Division by Zero 1/0=0 by Ctes\'ibio (BC. 286-222) and e. Torricelli (1608 1646)
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics

[1] viXra:1902.0058 submitted on 2019-02-03 22:47:53, (177 unique-IP downloads)

We Can Divide the Numbers and Analytic Functions by Zero\\ with a Natural Sense.
Authors:Saburou Saitoh
Category:General Mathematics