1
/
5

E-A-T向上のためSEO観点で「プロフィール」を充実させる方法

検索エンジンで上位を狙う(SEO)には、もはやコンテンツを作り込むだけでは不十分で、今のSEOでは「信頼性・権威性・専門性」(以下、E-A-T)が重視されます。

大企業や著名人などは除き、普通の人やサイトはE-A-Tで苦戦する人が多いです。では、SEO観点からE-A-Tを向上させるにはどのような施策が有効なのでしょうか。

結論から言うと、E-A-Tの向上に必要な要素は「良質な被リンク」です。
本記事では良質な被リンクという部分を噛み砕いて、現実的に再現性のある施策まで落とし込んでいきたいと思います。

E-A-Tは読者満足度に影響する

1ユーザー視点でも、検索エンジンのクローラー視点でも、コンテンツの良し悪しは大事ですが、誰が言っているのか(書いているのか)?ということも重要だと思います。
そもそも、コンテンツの良し悪しなど人間が見ても見る人の立場や考え方によって意見が割れると思います。人間でも意見が割れるのに機械であるクローラーがコンテンツの良し悪しを正確に判定することは困難でしょう。

そこで、E-A-Tという考え方が台頭してきたのです。
簡単に言えば、誰が言っているか?ということです。健康や生命、お金などに関することは、誰が書いたか分からないブログ記事を読むより、その道の専門家が書いた記事のほうが読者満足度がきっと高いはずです。
読者満足度が高い記事は検索順位でも上位化しやすいことは言うまでもありませんね。

プロフィールを充実させて信頼性を高める方法

記事を作った人を明示するために、プロフィールページを充実させることは重要です。
たとえ、著名人や有資格者ではない場合であっても、著者情報として自分の情報を公開するだけでも読者に多少の安心感や信頼感を持たせることが可能です。

しかし、プロフィールの作り方にもSEO観点でのコツが3つあるので解説していきます。

#1.プロフィールページでWeb上に散らかった「信頼」を集約させる



多くの人が何らかのSNSアカウントや自分のブログを持っていると思います。なかには資格や寄稿実績、公演実績などを持つ人もいるでしょう。

全てのアクティビティは「信頼」です。

バラバラに散らかっている状態ではSEO観点でもったいないです。自分のプロフィールページに全ての「信頼」を集約して掲載してみましょう。
自分のプロフィールページに専門家としての実績を掲載または相互リンクさせ紐付けることで、ユーザーから見てもクローラーから見てもあなたが信頼に値することを客観的に観察可能です。

#2.信頼できるサイトからリンクを獲得する

プロフィールを充実させるだけでは、どこまでいっても「自称◯◯」です。
信頼できる人は「みんなが認めている状況」です。みんなが認めている状況とは観察可能な指標として「リンク」が挙げられます。

信頼できるサイトは別の信頼できるサイトにリンクする傾向がある」と考えられているためです。

ユーザーやクローラーから見て、第三者それも権威性のある第三者がリンクすることで、信頼性は大きく向上します。
信頼性を効率的に集約するという意味でも、プロフィールページにリンクを集めることを意識すると良いでしょう。

#3.専門家として活動する

プロフィールを充実させるだけで満足せず、SNSやブログなどで専門家として情報発信などを行い、具体的に活動していきましょう。
自分のブログを更新することも当然有効ですが、権威性のあるメディアサイトなどで記事の寄稿をさせてもらい、専門家としての信頼性を高めていくことも有効です。

SEO観点で上手なプロフィールの作り方

ユーザーが見て信頼性を感じるプロフィールページにすることが重要です。
名前や顔写真はもちろん、経歴や執筆歴、公演実績、保有資格...など必要な情報を過不足無く掲載していくようにしてください。

クローラーの理解を助けるために、構造化されたマークアップやtableタグなどを用いることも有効です。

ここでは一つの例として、この記事を書いている私(菅野)のプロフィールページも参考にしていただければと思います。

菅野 太樹のプロフィールページ
https://gomedia.jp/profile/

例では、SEOやWebマーケティングの専門家として自分の基本的なプロフィールから経歴、各種実績を常に最新情報となるよう更新しています。
特段、著名人でも無くどちらかと言えば無名ですが、わかりやすく「信頼」を集約することで、何も記載していない人よりは幾分信頼姓を感じていただけたのではないでしょうか。

1 Likes
1 Likes