1
/
5

フィンランドの外観検査機、縞模様の光を使う理由。

北欧フィンランドに拠点を置くHelmee Imaging はめっき、塗装、サテン加工された表面の品質検査を専門にした外観検査機を開発、販売している。今現在も目視検査が行われているその作業を完璧に自動化することを可能にしたのはその技術に秘密がある。本日はその内の一つ、方向の違う縞模様の光を使っている理由について紹介したい。

1. 欠陥の見え方が光の当たり方によって変化するから

写真のように、欠陥の見え方(オレンジ丸部分)が光の当たり方によって変化しているのが見受けられる。これは、例えば凹みの欠陥の部分のみ光の当て方が変わることで影ができたりするからである。

2.1の理由を利用することで欠陥部分の違いを目立たせることができるから

上写真ではある特定の場所に影が出来ており、全てがはっきりと見えていない。Helmeeのシステムは上の画像を組み合わせることで、全体がはっきりと、そして欠陥部分のみが目立つ画像を何種類も開発した。

3.欠陥の発見を簡単に行うことができるから

影が邪魔をせず、欠陥の部分のみ目立たせることができるおかげで、欠陥部分を異質とコンピューターに理解させることができる。よって、Helmeeのシステムでは簡単に欠陥を検知することが出来るのである。

Helmee CSDの技術や光沢面の自動外観検査についてさらに詳しく知りたい場合は是非www.helmee.comへアクセスして欲しい。

その他にも以下のような記事も是非ご覧いただきたい。

この記事についてのお問い合わせ先

Helmee Imaging 営業部 佐々木遼子
住所:Åkerlundinkatu 2 A, 4階, FI-33100 Tampere, FINLAND
電話番号: +35850 4702745
Email: ryoko@helmee.com
URL: http://helmee.com/