1
/
5

仕事


上司から「お客さんが聞いていることだけを伝えるのではなく、本当に求めているのは何かを考えて対応することが大切」との言葉を受け、他者に対して興味を持つとは何なのかや物事の本質的な部分まで読み取る大切さを知った。
もう一人の上司はホテルがどうすれば良くなるのか常に考え、イベント企画、SNS活用、話題作り、内装や備品刷新などやりたいことを提案し、活き活きと仕事をしていた。彼と共に働いた経験から、向上心を持った同僚とお互いの意見を交換しあいながら物事に対して真摯に取り組めるような環境で働きたいと考えている。
観光地であることから休日は勤務地周辺を周り、花々の移り変わりや見かける動物など、得た情報をお客さんと話し情報共有をしたことが愉快な経験だった。その時仕事をしているという意識はなく、自分の趣味が勤務中に生かされたことは仕事という枠ではなくより広範に、生きている中で様々なことに触れることが人生をより豊かにしていくものだと感じた。仕事に対しても新しいことに触れてチャレンジしたいと考えている。

株式会社奥日光小西ホテル
お客様の御迎、担当部屋への案内、御見送、その他ご案内、荷物持ち
電話応対、予約確認、ベッドメイキング、
売店でのレジ打ち、全体の掃除、その他雑用。
ホテル周辺環境、観光地の案内
修学旅行を行う学校の対応

理解が難しい問題を分解し、段階的に生徒自身のペースで進められるような教材作成。問題について本質的な理解ができるところまで持っていく技術には生徒から一定の評価があった。
授業の回数が少なく一度で教えられる量に限度がある性質が授業の進めかたを難しくさせ、テスト期間に向けた長期的な見通しを立てた授業設計をすることには課題が残った。
自分の行動において何か一つのことに集中しすぎる傾向があり、一度手を止めて全体を見通すよう意識的に取り組む必要があると感じる。

ITTO個別指導学院

中高生を対象とした1〜3名の授業を担当
教科は数学、理科、英語を担当
指定の教材をもとに進める授業を始め、生徒が持ってくる学校の課題、生徒一人ひとりに合う教材を度考え準備、進度状況の記録、学習室での個別指導