Wantedly スカウト 返信

スカウトで効率的に候補者を探すために、活用すべきフィルター条件について

今回は、ダイレクトスカウトで、より効率的に候補者を検索するために、使ってほしい機能についてお伝えします。
Wantedlyのダイレクトスカウトを一通り触り、もっと効率化したい!という方は、ぜひご覧ください。

※Wantedlyでは、運用や活用方法を解説するセミナーを随時実施しています。
以下のページより、ぜひ詳細をご覧ください。

▼Wantedly活用セミナー一覧
https://www.wantedly.com/about/seminars

Wantedly スカウト 返信

まず、スカウトの返信が候補者から返ってくるまでの流れを確認します。上記の図のように、いくつかの段階を経てスカウトを送信し、候補者から返信がくる流れになっています。

今回お伝えするのは、「候補者を探す」の「候補者を検索する」という部分です。

おすすめの3条件について

候補者を検索する際に、Wantedlyで予めご用意しているフィルター条件があります。この条件とフリーワードを組み合わせることで、候補者を絞り込んでいくことが、基本的な検索方法です。どのような条件やフリーワードを使うべきかは、採用ペルソナによって異なってきます。

なので、一概にこの条件がいい、ということはありませんが、一方で、効率的に候補者を絞り込んでいくという意味で、おすすめの条件がいくつかあります。

今回は、そのおすすめの3つの条件について、以下順を追ってお伝えします。

1. プロフィール項目にある「自己紹介」「この先やってみたいこと」

Wantedly スカウト 返信

Wantedlyの候補者プロフィールは、比較的自由なフォーマットで書けることが特徴です。加えて、どういった想いでどのようなメンバーと働きたいかについて、興味がある候補者が多いことも特徴です。

そのため、プロフィール項目にある「この先やってみたいこと」「自己紹介」(上記図赤枠)というところで絞り込みをしていただくと、候補者が、どういった想いで、なにを、どんなメンバーとやりたいかが見えやすくなります。ここから、採用ペルソナに近いマインドセットや将来性の絞り込みを効率的に行うことができます。

2. おすすめにある「新着スカウト」

Wantedly スカウト 返信

おすすめにある新着スカウト(上記図赤枠)という条件は、最近スカウトが送れるようになった新規の候補者になります。このような候補者は、転職意欲が高い可能性もあるので、はやめのアプローチを行っていきたい、返信率を高めたいという場合には有効な条件になりえます。

新着スカウトの条件で絞り込んだ候補者には、熱が冷めないうちに早め早めのアプローチを行いましょう。

3. おすすめにある「募集を閲覧」「募集をブックマーク」「会社に興味あり」

Wantedly スカウト 返信

スカウト対象者の中でも、自社に興味がある候補者を絞り込みたい場合は、おすすめにある「募集をブックマーク」「募集を閲覧」「会社に興味あり」(上記図赤枠)を活用しましょう。「募集をブックマーク」は公開中の募集ページをブックマークした候補者を抽出します。同様に「募集を閲覧」は公開中の募集ページを見た候補者、「会社に興味あり」は会社をフォローしている候補者を絞り込む条件になります。

このような条件で抽出した候補者は、貴社に興味を持っている可能性が高いため、返信がくる可能性も高いことが予想されます。

※なお、スカウトの検索条件は保存できます。詳細はこちらのヘルプページをご覧ください。

以上、今回はおすすめのフィルター3条件についてお伝えしました。このような条件に加えて、職種や年齢などのビックワードに、フリーワードでさらに絞り込むと、いい形で検索できるかと思います。

ぜひ、様々な条件やワードで検索していきましょう。

※Wantedly活用についての個別打ち合わせも随時実施しています。
もし採用に関してお悩みやWantedlyの運用について相談したいという場合は、
ぜひご都合の良い日時でご予約ください。

お打ち合わせのご予約はこちら

Wantedlyのサービス資料を見る
タイトルとURLをコピーしました