ダイレクトスカウト 返信率 Wantedly

魅力的なスカウトメッセージにするための、4つのポイント

今回は、ダイレクトスカウトの効果的なメッセージについてお伝えします。

メッセージは、候補者に合わせて個別に送ることが前提になりますが、定型化できる要素もあります。

はじめてWantedlyでダイレクトスカウトを送る方は、ぜひご覧ください。

※Wantedlyでは、運用や活用方法を解説するセミナーを随時実施しています。
以下のページより、ぜひ詳細をご覧ください。

▼Wantedly活用セミナー一覧
https://www.wantedly.com/about/seminars

スカウトの返信がくるまでの流れ

ダイレクトスカウト 返信率 Wantedly

まず、ダイレクトスカウトの返信が候補者から返ってくるまでの流れを確認します。上記の図のように、段階を経てスカウトは送信され、候補者から返信がくる流れになっています。

今回お伝えするのは、「スカウトを送る」という部分になります。

魅力的なメッセージ作成のために、意識してほしい4つのポイント

魅力的なメッセージを送るために、意識していただきたいポイントは4つあります。

  1. 候補者の経験について
  2. 候補者の興味について
  3. 会社について
  4. 面談に誘う一言について

それぞれ順を追ってみていきます。

1. 候補者の経験について

「紹介文」や「職歴」などから、候補者のどういった経験について興味をもっているかを伝えてみましょう。過去の経験を活かせるのか、どういった経験に興味を持ったのか、などは、候補者も気にしている部分です。「なぜ自分にスカウトが送られているのか?」を候補者は考えるためです。

特に現在のスキルや経験を入社後にどう活かせるかを具体的に書くと、候補者の印象にも残りやすくなります。

2. 候補者の興味について

経験に加えて、候補者の持っている興味についても触れてみてください。

Wantedlyの候補者は、なぜやるのか、どうやってミッションを達成するのか、実際なにをするのか、に強い興味をもっていることが多いです。そこで、「紹介文」や「この先やってみたいこと」から候補者の興味(ミッションや働き方、事業内容)に応えていけるかどうか、お伝えしましょう。

特に気になった部分について、「直接お聞きしたいので、ご連絡いたしました。」と記載して、候補者に関心を持ってくれているとイメージさせたいです。

3. 会社について

なぜあなたにスカウトを送ったのか?を伝えた後は、「自分が誰なのか」を伝えていきましょう。具体的には、会社の現状や今後の展望、働いてるメンバーなどについて簡単に記入していきます。他社と差別化を図るため、一番最初に会社のミッションを持ってきていただきたいです。ミッションを実現するためにこういった事業を展開していますと伝えていくと候補者が理解しやすくなります。

4. 面談に誘う一言について

Wantedlyでは、転職顕在層だけでなく転職潜在層の方も登録しています。いきなり「転職しませんか?」というお声掛けは返信率を下げてしまう可能性があるため、「まずは気軽にお話しませんか?」といったカジュアルな形で送ってみましょう。場合によって、オンライン面談を提案するのもおすすめです。

まとめ

ダイレクトスカウト 返信率 Wantedly

まとめると、「なぜあなたにスカウトを打ったのか」「スカウトを打った自分は何者なのか」「お互い合うところがありそうだから、まずはカジュアルに話してみないか」を伝えることが、魅力的なスカウトメッセージになる要素です。

この要素を意識しつつ、さらに自社のスタンスを加味して、メッセージを送ってみましょう。

今回は、ダイレクトスカウトのメッセージについてお伝えしました。あくまでも、個別にメッセージを送ることが大切ですが、上記のように意識すべきことを定型化することは可能です。

このコンテンツもご活用いただき、どんどんスカウトを送ってみましょう!

※Wantedly活用についての個別打ち合わせも随時実施しています。
もし採用に関してお悩みやWantedlyの運用について相談したいという場合は、
ぜひご都合の良い日時でご予約ください。

お打ち合わせのご予約はこちら

Wantedlyのサービス資料を見る
タイトルとURLをコピーしました