ダイレクトスカウト送信までの時間を短縮できる、便利な3つの機能について

今回は、ダイレクトスカウトで、より効率的に候補者を検索するために、時間短縮につながる便利な機能についてお伝えします。

Wantedlyのダイレクトスカウトを一通り触り、もっと効率化したい!という方は、ぜひご覧ください。

※Wantedlyでは、運用や活用方法を解説するセミナーを随時実施しています。
以下のページより、ぜひ詳細をご覧ください。

▼Wantedly活用セミナー一覧
https://www.wantedly.com/about/seminars

ダイレクトスカウトの返信がくるまでの流れ

ダイレクトスカウト 返信率

まず、ダイレクトスカウトの返信が候補者から返ってくるまでの流れを確認します。上記の図のように、段階を経てダイレクトスカウトは送信され、候補者から返信がくる流れになっています。

今回お伝えするのは、「候補者を探す」及び「スカウトを送る」という部分になります。

時間短縮につながる3つの機能について

ダイレクトスカウトの送信には、どうしてもある程度の時間がかかります。ただし、スカウトを打つという一連の流れのなかでも、短縮できる部分があります。

例えば以下のようなものです。

  1. 採用ペルソナに沿って必須となる条件・フリーワードによる検索を管理する
  2. 採用ペルソナに合致した候補者を管理する
  3. 職種によって大枠のメッセージを作成し、利用する

逆に以下の作業は短縮すべきではありません。
例えば、検索した候補者が自社に合致するかどうか入念に確認することやカスタマイズした文面を作成することです。ミスマッチのリスクを下げると共に、返信が来る可能性を上げられるためです。

それでは今回は、上記の3つの部分を短縮化する機能についてお伝えします。

1. 検索条件の保存機能

ダイレクトスカウト 返信率

検索条件の保存機能とは、採用ペルソナに沿って必須となる条件・フリーワードや頻繁に使う条件・フリーワードについては保存することができる機能です。

詳しい操作方法はこちらのヘルプページに譲りますが、この検索条件の使い方は以下の2種類あります。

  • 保存した検索条件(上記図赤枠内)を、ワンクリックで再度使用することができる
  • 保存した検索条件の横に表示される青丸で、新着の候補者が確認できる

活用することで、新規の候補者を探す上で時間の短縮に繋がります。

2. 気になるリスト

ダイレクトスカウト 返信率

気になるリストとは、採用ペルソナに合致した候補者を見つけた場合に、その候補者をお気に入り保存して、あとで再度確認することができる機能です。簡単にいうと、候補者のブックマーク保存になります。

詳しい操作方法はこちらのヘルプページに譲りますが、このお気に入りリストの使い方は以下の2種類があります。

  • 気になるリストに一定数保存した上(上記図赤枠)で、メッセージ送信を行うことで効率的に送信ができる
  • 気になるリストに保存しラベル名をつけることで、メッセージ送信自体は現場に任せることができる

検索・確認と送信を分けることで時間を短縮することができますし、検索する人と実際に送信する人が異なる場合には、ラベル名を「〇〇用」などにして、活用することができます。

3. テンプレート機能

ダイレクトスカウト 返信率

テンプレート機能は、スカウトのメッセージ送信においてテンプレートを作成・保存ができる機能です。

詳しい操作方法はこちらのヘルプページに譲りますが、多くの企業様は、テンプレートを職種ごとに作成・保存して、あとは個別でカスタマイズして送信しています。

以上、ダイレクトスカウトにおける時間短縮のための便利な機能についてお伝えしました。上記の機能の使い方は、一例に過ぎないので、ぜひ様々な使い方を試していただければと思います!

※Wantedly活用についての個別打ち合わせも随時実施しています。
もし採用に関してお悩みやWantedlyの運用について相談したいという場合は、
ぜひご都合の良い日時でご予約ください。

お打ち合わせのご予約はこちら

Wantedlyのサービス資料を見る
タイトルとURLをコピーしました