350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Others
  • 27エントリー

尖ったキャリアを選んだ学生の等身大の話を聞きに行きたい学生ウォンテッド

Others
27エントリー

on 2012/03/15

357 views

27人がエントリー中

尖ったキャリアを選んだ学生の等身大の話を聞きに行きたい学生ウォンテッド

Online interviews OK
Tokyo
Expanding business abroad
Tokyo
Expanding business abroad

Akiko Naka

Akiko Naka is founder and chief executive officer of Wantedly, a social-networking service for professionals. Following its official launch in February 2012, Wantedly grew to 3mil users and 40,000 corporates, and has become the leading professional social-networking service in Japan. Prior to founding Wantedly, Ms Naka was a growth co-ordinator at Facebook Japan, where she contributed to marketing and product development for Facebook in Japan. Before joining Facebook, she worked at Goldman Sachs in equity sales. Ms Naka graduated from Kyoto University in 2008 with a BA in economics. 京都大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。退職後、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。その後、現ウォンテッドリーを設立しビジネスSNS『Wantedly』を開発。2012年2月にサービスを公式リリース。ウォンテッドリー設立後、人と人が繋がることにより、個人の可能性を最大限広げるサービス作りに取り組む。

遠くて近い

Akiko Nakaさんのストーリー

Wantedly, Inc.のメンバー

Akiko Naka is founder and chief executive officer of Wantedly, a social-networking service for professionals. Following its official launch in February 2012, Wantedly grew to 3mil users and 40,000 corporates, and has become the leading professional social-networking service in Japan. Prior to found...

なにをやっているのか

”究極の適材適所により、シゴトでココロオドルひとをふやす” ウォンテッドリーは、究極の適材適所を通じて、あらゆる人がシゴトに没頭し成果を上げ、その結果成長を実感できるような「はたらくすべての人のインフラ」を構築しています。 私たちは「シゴトでココロオドル」瞬間とは「シゴトに没頭し成果を上げ、その結果成長を実感できる状態」瞬間と定義しています。 その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。 ・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態 ・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態 ・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態 この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。 ・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」 ・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」 2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite ・新しい福利厚生「Perk」 ・モチベーション・マネジメント「Pulse」 ・社内報「Story」 目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。 そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポールに拠点を構えています。
人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
つながりを資産に変える、Wantedly People
The Wantedly Values
洒落た会議室でココロオドルミーティングを
メンバー同士フラットなコミュニケーションが可能な環境

なにをやっているのか

人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit

つながりを資産に変える、Wantedly People

”究極の適材適所により、シゴトでココロオドルひとをふやす” ウォンテッドリーは、究極の適材適所を通じて、あらゆる人がシゴトに没頭し成果を上げ、その結果成長を実感できるような「はたらくすべての人のインフラ」を構築しています。 私たちは「シゴトでココロオドル」瞬間とは「シゴトに没頭し成果を上げ、その結果成長を実感できる状態」瞬間と定義しています。 その没頭状態に入るには、内なるモチベーションを産み出す3要素が重要と考えています。 ・自律:バリュー(行動指針)を理解していて、自分で意思決定しながらゴールへ向かっている状態 ・共感:ミッションを有意義なものであり、その達成が自分の使命と感じられる状態 ・挑戦:簡単/困難すぎないハードルを持ち、成長を実感しながらフロー状態で取り組んでいる状態 この要素に基づき、下記のプロダクトを開発しています。 ・「共感」を軸にした運命の出会いを創出する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」 ・働き手同士のつながりを深めるつながり管理アプリ「Wantedly People」 2020年より従業員の定着・活躍を支援すべく提供開始したEngagement Suite ・新しい福利厚生「Perk」 ・モチベーション・マネジメント「Pulse」 ・社内報「Story」 目下の目標は全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。 そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポールに拠点を構えています。

なぜやるのか

洒落た会議室でココロオドルミーティングを

メンバー同士フラットなコミュニケーションが可能な環境

私たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。 そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。 それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。 そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

どうやっているのか

The Wantedly Values

■行動指針 「最短距離の最大社会的インパクト」 これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。 ■目指すプロダクト 解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。 ■目指すビジネスモデル 「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。 ■目指すチーム 「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

こんなことやります

就活を目前にして、漠然な不安に駆られている学生たちへ。   不安を感じるのは、「軸」が定まってないからではないですか? よく言う、「就活の軸」ではなくて、「働くことの軸」。 「働くこと」とはどんなライフスタイル得るのか。   大学卒業後、スタートアップにジョインしたり、スタートアップを立ちあげたり、大企業に就職したりした先輩3人が、それぞれどのようなことを考えてキャリアパスを選んだのかをお話します。   弊社仲も、就活、前職の外資金融・Facebookでの経験、そして起業について少しお話させていただきます。 お申込みは、このページの右側から、 もしくはこちらのフォームから。 https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHlvQTk2S1l5WXhObXJDVXRqWWkwUlE6MQ#gid=0 【日程】  2012年3月26日(月)19時受付開始 - 21時迄   【スピーカー】    小俣剛貴 慶應義塾大学商学部4年。就活3.0と称して、Facebookを使ったソーシャルリクルーティングを実践したのち、スタートアップに入社を決める。  飯塚勇太 内定者時代に大ヒットアプリMy365を開発・ブレイクさせ、そのままサイバーエージェントの子会社・株式会社シロクの代表取締役に就任。     村岡弥真人 慶應義塾大学在学中からWondershakeの運営に携わり、大手メーカーに入社後も同時並行で業務を行う。今月会社を退職し、現在は次のステップを模索中。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2010/09に設立

    100人のメンバー

    • Expanding business abroad/
    • CEO can code/
    • Funded more than $1,000,000/

    東京都渋谷区東1-2-20 ミクシィ本社7F