Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

01Boosterの事業創造
我々は大手企業とベンチャー企業をおつなぎし、相互に足りない部分を補い合うことで事業の成長を加速する「コーポレートアクセラレータープログラム」を実施しています。 また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営などを「イノベーションを起こせる社会の実現」 というビジョンのもと、行ってきました。 https://01booster.co.jp/service/01dojo.html その他ベンチャー投資や大企業向けベンチャー留学などの事業も行うなど、事業領域の拡大をしています。

なぜやるのか

スタートアップと大企業、ベンチャーキャピタルなど支援者の交流会
高度経済成長期に栄華を誇った日本企業はいまや本業が頭打ちになり、ここ最近でイノベーション力が大きく低下してしまいました。新規事業の立ち上げ経験者が企業内に非常に少なくなってしまったことや、リスクテイキングな思考決定、新しいことへのチャレンジにインセンティブが働きづらいという構造的な問題が原因となっています。 一方、海外ではベンチャーキャピタルや大手企業がベンチャー企業を支援したり、協力してオープンイノベーションを引き起こす活動が広がっています。欧米ではイノベーションの担い手としてベンチャー企業が社外で起こした事業を、大手企業がアクセラレートする事例が増えています。0→1をベンチャー企業が、1→10を大手企業が担う連携が出来上がりつつあるのです。 こうした活動の中で、文化や行動様式がまったく違う大手企業とベンチャー企業・スタートアップとの架け橋になるのがアクセラレーターであり、成功事例の多くにはこの仲介・推進役のアクセラレーターの存在があります。 01Boosterは、国内外のビジネススクールの卒業生たちがビジネスプランを持ち寄り、ディスカッションし合うワークショップ活動からスタートしており、初期メンバーの中には大企業を辞めて独立起業した経験のあるものも多いため、その相互支援の起点となる環境が整っています。 創業/運営メンバーのほとんどが、大企業での新規事業開発・ベンチャー起業そしてEXIT (IPOやM&Aによる事業売却)までを併せて経験しているという日本では稀有な精鋭メンバーで運営しております。大手企業とベンチャー企業双方の文化と行動様式を理解したアクセラレーターの存在がオープンイノベーション成功のために必要であり、01Boosterは新規事業を興せるようになるため、その役割を担います。

どうやっているのか

海外インターン受け入れ実績あり
クライアントごとにチームを作る場合もありますが、基本は案件ごとにチームを作って仕事をしています。教育プログラムを提供するチーム・コーポレートアクセラレータープログラムを企画運営するチーム・投資を担当するチームなど多数のプロジェクトに携われるようになっています。 今我々の会社は急成長しているため、組織や仕事のやり方を最適な方法を模索しながら作っている段階です。そのため、仕組みやルールがないこともありますが 「仕組みやルールがなければ、それ自体を自分自身で創る」ということを面白いと感じることができる人は、やりがいを持てる環境だと思います!