1
/
5

【19卒紹介】「二足わらじ」のプロを目指して、スタートアップでエンジニア・採用・広報を兼任する内定者の話

こんにちは! ITプロパートナーズエンジニア兼新卒採用担当の栗岡です!

今日は、同19卒内定者である木島に、私、栗岡の紹介記事を書いてもらいました!

今回は、未経験からスタートアップにエンジニアとしてジョインし、現在サービス開発エンジニアと採用担当を兼任している内定者の紹介です。


ではではスタートです!

自分で作ったモノを自分で売れる人間に

自己紹介をどうぞ

栗岡智己です。
青山学院大学経営学部を2019年3月に卒業予定です。
大学では、経営学には全く興味が湧かず、社会心理学を中心に扱った分野を専攻していました。
面白いんですよね、心理学って、
人の感情とか気持ちをロジカルに説明できる辺りが、、 笑

趣味は?

あんまりないですが、、、
土曜日の22時から、布団の中で好きな映画とyoutubeを見ながら、寝落ちする事と
人があんまり着ないだろうなーって思う服を買うこと
くらいですw


どんな大学生活だった?

いわるゆちょっと意識の高い学生だったと思います笑

大学2年と3年で研究論文書きながら、
カフェでバイトして、インターンちょこちょこっと参加して、休学・留学みたいな、、

論文作成をしていた時間が大学生活の大部分でしたが、
「大学行ってこの分野の知識を学んだ!」って言えるものができて良かったと思っています。
おかげで、就活辞めて大学院に行こうと思っていました。
(ただ行きたい気持ちが収まったわけではないので、数年後には大学院に入り直す計画はあります)

今は、エンジニアとして働いていますが、
大学の授業などでコードに触ったことは一切ありませんでした。

絶対に我を曲げない就活

就活はどんな風に行い。どんな業界を見ていました?

最初、就活を始めた頃は、
新卒で入った会社に10年も20年もいるイメージはなくて、極端な考えだけど、新卒で入る会社は一種の博打だと考えていました笑

社会人として働いたことはないし、仕事がどんなものなのか分からないので、
自分にあっている仕事は働いてみてから見つければ良いかなって。
ただ、将来なりたい自分に方向性が向いていることは意識していました。

ただ、とある経験から(内定者ブログ参照)、考えが変わりました。

自分でサービスを作って、売れるような人材になりたいと思い、

そこからは、
・絶対にエンジニア
・ビジネスサイドの業務も巻き取れる環境=何でもやらせてくれそうな環境の整ってないスタートアップ(30人未満の会社)
に絞り、この2点は絶対に外さない就活を行いました。

コンサルコンサル言ってた自分が、スタートアップでエンジニアやっているなんて、想像していませんでした笑
就活は、逆求人サイトとwantedly をメインにある程度の軸は設けながらも、直感でビビッときた企業の説明会や面接を受けていました。


将来の方向性に向いているとは?

「その会社に入ることで、自分の将来なりたい像に近づけるのか」ということです。将来なりたい人物像として、会社が潰れても家族を守れる人間になりたいと思っています。
そのためには、若くて、元気なうちから、働けるだけ働いて、エンジニアのスキルだけじゃなくて、高いビジネススキルも身に着けたいと思っています。
なので、新卒で入る会社は、エンジニアとして働きながら、マーケや人事、企画などの業務を兼任できる会社を探しました。

ビジネススキルの高いエンジニアになれる環境

今の業務内容を教えください

今は、週4日〜5日で出勤しています。
業務としては、

・自社サービスの開発

・Wantedlyの運用

・新卒採用担当

を兼任しています。
会社の特徴として、兼業の文化があるので、
エンジニアとして、自社サービスの機能開発やバグ修正を行いながら、
Wantedlyでの記事の企画と執筆しています。
10月からは20卒の新卒採用担当として、学生との面談や採用戦略を考えています。
ビジネスって、難しいんだな、、、と実感する日々です。
ビジネススキルの高いエンジニアになりたいと思っている自分には、恵まれた環境だと思います。

ビジネスサイドのスキルが、エンジニアの業務に活きている事はあったりしますか?

語れるほどの事ではないですが、記事の企画・執筆の業務を開発と並行して行う事で、開発中にユーザーの事を以前より考えるようになったと思います。
記事も開発しているプロダクトも「ユーザーへの価値提供が全て」という点は同じなので、開発しながらも、

「この画面じゃ、ユーザーが迷ってしまうかな」
「どんなフォーマットなら、ユーザーは情報を記入しやすいかな」

など、開発しながらユーザーの視点を意識できるようになってきたと思います。
(とは言え、まだまだです。ほんの少し毛が生えたくらい)

ぶっちゃけ業務は大変ですか?

大変です笑素直に。
就活している時に、なぜか、不思議と感じていた仕事への自信は、一瞬で砕かれました笑
締め切りと質をどちらも妥協しないって、当たり前のことが凄く難しくて、

一例だけれど、
開発とwantedlyの企画・記事には毎週締め切りがあって、
間に合わせることを大前提として、

開発であれば、ユーザーの使いやすさやバグの少ないコードを求めなきゃいけなくて、

企画と記事であれば、ターゲットである読者のペルソナ設定や読者に合わせた記事設計をしないと質の高い記事は書けません。

時間と質をどう両立させるのかが大変です。
ただ、大変だけど、エンジニアサイドのスキルもビジネスサイドのスキルも磨ける経験は、
きっと自分の将来の選択肢を広げると思うから、頑張れます。

というか、そうじゃないと頑張れませんw

最後に一言

エンジニア一期生として、この会社のエンジニア文化を作っていけるように頑張ります。
どんな環境でも生き残れる人材になれるように、これからも折れずに走り続けます。

栗岡の入社ブログはこちら!


ITプロパートナーズでは、現在20卒ビジネス/エンジニア共に大募集しております! ご興味があれば、個別でお話しませんか!エントリーお待ちしております!

最後まで読んで頂きありがとうございました!


business職
20新卒business!!新卒3期生として一緒に会社を創る仲間を募集!!
【自立した人材を増やし、新しい仕事文化をつくる】 このビジョンを実現するにあたり、ITプロパートナーズは現在5つのサービスを展開しています。 ①ITプロパートナーズ  起業家の自立(自社事業のマネタイズ、黒字化)を支援する人材サービスです。 (https://itpropartners.com/) ②ITプロクラウド  都内の現場に常駐出来ない技術者の自立(安定的な生活基盤の構築)を支援する  受託開発サービスです。  (https://crowd.itpropartners.com/) ③ITプロカレッジ  非IT人材とIT人材の自立(市場価値の向上・スキルアップ)を支援する  オンラインプログラミングサービスです。  (https://itprocollege.com/) ④intee  学生の自立(自己実現、キャリアアップ)を支援する新卒採用サービスです。  (https://intee.jp/student/) ⑤Graspy  社会人の自立に向け、学びと出会いと場を提供する中途支援サービスです。  (https://graspy.jp/)
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)
Webエンジニア
21卒向け!新規事業に挑戦したい新卒エンジニアをWanted!
私たちHajimariは「自立した人材を増やし、人生の幸福度を高める。」というVISIONを掲げ、2015年に創業いたしました。 米国の人材コンサルティング企業ギャラップ社の調査では、日本における「熱意あふれる社員」の割合はたったの6%で、139カ国中132位だったという結果があり、このような日本社会の現実に対して、人生の幸福度を決める要因は「健康」「人間関係」に次いで「自己決定」が重要であるという経済産業研究所の発表がありました。 この発表にもある通り、私たちHajimariは、「自分の人生の主導権を握ることが幸福への足がかりになる」と信じ、まずは自分が信じる道を選び、そして道を選んだら正解にできるだけの実力をつけて、自分が選んだ人生を正解にしていく『自立した人材』の新しい人生のはじまりをサポートしていきたいと考え、現在は8つの事業を展開しております。 詳しくは、会社資料の「ハジマリの書」をご覧ください。 【https://speakerdeck.com/hajimari/company-information-materials-of-hajimari-inc?slide=18】 ※新規事業は記載されていないので、是非カジュアル面談でお話させてください!
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?