1
/
5

【20卒内定者】国公立大学を中退してITベンチャーで働き始める理由

こんにちは!ITプロパートナーズ20卒内定者の市川周です!
今回はタイトルにもある通り、僕が大学三年次に中退し、一年前倒しでエンジニアとして働く理由を書いていこうと思います。

2〜3分で読み終わる量なので、よかったら読んでみてください!


〜〜目次〜〜

1.野球漬けの学生生活
2.大学中退後、エンジニアを目指し始める
3.入社先にITプロパートナーズを選んだ理由
4.今後の目標

野球漬けの学生生活

僕の学生時代は野球一色と言っていいほど野球漬けの毎日でした。
特に高校時代は、休みが年に1日しかなく364日は練習という今では考えられないような日々を過ごしていました。

ひたむきに練習に取り組んだ結果、高二の時には神奈川県で準優勝&関東大会に出場できました!
高三の時には部員100人弱のキャプテンとして、
部活という組織をまとめる経験をしました。

また公立高校だったため、野球部専用のグラウンドがあるわけでもなく、
陸上部と共用でグラウンドを使用していました。
そのためシートノックやバッティング練習は行えないので、
いかに効率よく全体に指示を出して、時間を効果的に使うかを常に考えるようになりました。

このときにがむしゃらに頑張るだけでなく、

目標を立てて逆算すること

の大切さを学びました。

部活を引退後は、自分が少し興味がある学部があるという理由と(今考えると少ししか興味がなかった、、、)
両親と兄が横浜国立大卒という2つの理由から
横浜国立大学を志望し現役で合格しました。

ここまで書いてみると、我ながら順風満帆な人生を歩んできた気がします。(まだ20年ちょっとしか生きてませんが、、、)

しかし大学に入学後、自由奔放に大学生活を満喫していた時
ふと、なにか物足りなさを感じました。

「大学生ってつまらないな」

そう思ったとき次の日には、大学の学生センターに退学届を貰いに行ってました。

大学中退後、エンジニアを目指し始める

ふとした思い立ちで大学を中退しようとしたのですが、
もちろん両親は猛反対。
「絶対に大学は出ておいたほうがいい!!!」

今の日本における学歴の重要さは理解しているつもりでしたが、
なぜそこまでして大学にいく必要があるのでしょうか。
就職が有利になるから?なにかあったときに潰しが効くから?

それらの理由は自分の中でスッキリするものではありませんでした。
他にも海外を働くためには学位が必要だとか、
自分の好きな分野を徹底的に研究したいなど、
大学にいく理由はあると思いますが、自分にあてはまるものはありませんでした。

両親とも長い時間をかけて話し合い、一年半の猶予内(大学を卒業するはずの年まで)に
家を出ていくという条件付きで中退を認めてくれました。
こんな訳わからないこと許してくれる両親には感謝しかありません。

いつもありがとう!!

そんなわけで、大学を中退したのですが、
「大学がつまらない」だけでやめてしまったのでやることがありません。

そんな中ふとTwitterを眺めていると、無料でプログラミングが受けられるサービスがあり
試しにやってみるとすごく面白く、どハマり。

本格的にエンジニアになりたいと思い、
connpassというエンジニア向けの勉強会を探せるサイトで
人数が多い・初心者歓迎・都内
の条件で探し見つかったProLaboというもくもく会に参加しました。

ここで現在インターンをしている弊社に出会い、順調にエンジニアライフをスタートすることになります。

入社先にITプロパートナーズを選んだ理由

会社と自分のベクトルが完全に一致していたから

入社しようと思った理由は、この一言に尽きます。

元々、自分のやりたいことやなりたい姿を目指して
自分の人生でオーナーシップを持つことが重要だと考えていました。
そして弊社のビジョンが「自立した人材を増やし、新しい仕事文化をつくる」だと聞き、
運命を感じるほど自分にはこの会社しかないと思い入社を決めました!

今後の目標

会社のビジョンにもある

「自立した人材を増やす」

ことが自分のビジョンでもあります。
特に学生が自分のキャリアについてしっかりと考えられるようにサポート出来る
文化や社会にを作りたいと思っています!

そのためにプロダクトを作るエンジニアリングの部分や
事業を作っていくビジネススキルを磨いていきたいと思います!
最後まで読んでくださってありがとうございました!
こんな一風変わった新卒が入る会社に興味を持ってくださった方がいたら、一緒に働く仲間を探しているのでご連絡ください!

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?