<わんこん愛>#02~服装が自由!~

こんにちは。
ONE COMPATH(ワン・コンパス)の経営戦略および人事を担当している「富岡(トミー)」です。
【わんこん愛】シリーズは、会社の外になかなか伝わらない会社の雰囲気や推しのポイントを少しでも皆さんに知ってもらうべく、自社自賛(わんこん愛)をもったいぶって一個ずつ、気が向いたら投稿していくものです。
「え!なんか良いじゃん」「おもしろそう!」とか思って貰えたら、ご気軽にご連絡ください。

わんこん愛#02

自由闊達(じゆうかったつ)な自己表現の手段”服装”

【わんこん愛#02】では、新卒採用や中途採用の面接でよく聞かれる「服装の自由」について
取り上げたいと思います。

タイトル通り、ONE COMPATHは、服装が自由です!
コーポレートロゴでも表現している様に、個性(色)を重んじているONE COMPATHは、自由闊達な自己表現を推し進めていて、その一つが「服装の自由」です。


ONE COMPATHのロゴ、カラフルです。

ここで誤解がなきよう先にお伝えしておくと、「服装が自由」とは言いつつも、何でもかんでもアリなわけではありません。TPOに合わせて各人で服装を判断してください、という意味合いです。当たり前ですね。それと、私服勤務と言っているわけではないので、もちろんスーツやジャケパンが好きな方は着ていただいて全く問題なしです!ONE COMPATHでは、ロックTシャツを着ているマネージャー、スーツを着ている開発の人、デニムを履いている人事、などみんな個性豊かです!


ONE COMPATHが大好きな古谷(こたに)さんは、ONE COMPATHのTシャツ着ています。いい笑顔ですね。

ここで、前職でスーツやジャケパンで仕事していた私が、
私服で働き始めて感じた「幸せ」について100%主観の具体的なエピソードを一つ紹介します。

服装の自由が私にくれた幸せ

以前、私は凸版印刷でスーツを着て働いていました。スーツだったらピカピカの革靴がかっこいいと思っていたので、2週間に一回くらいは靴を磨き、ワックスでつま先をピカピカにしていました。駅まではピカピカの靴を履いてルンルンな私。でも知っています。もう慣れました。5分後には満員電車で靴を踏まれて、さよならグッバイ…ピカ靴。足が踏まれるストレスよりも、スーツが暑くて汗をかくストレスよりも、はかなく消えるピカ靴が私のストレスでした。

ところがどうでしょう。ONE COMPATHで私服OKになってからスニーカーを履き始めた私は、満員電車で足を踏まれても、「みんな満員電車辛いよね。いいよ、私の足くらい踏んでくれて。だって…スニーカーだもん!」と心が優しくなりました。朝の心の余裕がすごい。満員電車のストレスが50%くらい減りました。

面接で結構聞かれるので、気にされている方結構いるんじゃないでしょうか。
服装の制限に縛られずに働きたい方、ぜひ気軽にご連絡をください!

デニムを履いて仕事しています。幸せです。
株式会社ONE COMPATH's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more