1
/
5

日本一距離の近い接客【リロバケーションズ】

前回リロバケーションズの会員制リゾート事業において、
「うちのお客さんはうちを好きな方が多い」という先輩の一言に触れました。

この一言は会員制リゾート事業の”日本一距離の近い接客”から来ていると思います。

では”日本一距離の近い接客”とは。

具体的には、
お客様にアプローチする接客をしています。

「2年ぶりですねお元気でしたか、

今回はどういった集まりなんですか?」

「前回よりも釣り仲間が増えたんですね!」


「明日はどちらに行かれるんですか?」


「今はコロナで休館してるのでこちらがおすすめですよ!」


「今日もお部屋にトースター準備しておきました」

などなど。
私たちからお客様に関わっていくスタンスです。


接客業には色々な接客の形があると思いますが
同業他社の中でも珍しいと思います。


・非日常を体験して頂くために
・ありがとうを増やすために

こういうことではありません。

理念からの逆算なんです。



「大切な人との素晴らしい時間を1分1秒でも増やして頂きたい」

「リロバケーションズの利用を口実に家族で集まる時間を増やして頂く」

「リロバケーションズが使いやすい・集まりやすいリゾートでなければならない」

「安心感・利便性の高いリゾートでなければならない」

「日本一距離の近い接客が必要」


このような考え方をしています。


自分たちや家族のことを、
いつでも迎えてくれるリゾートがあったらきっと使いやすいですよね。


またリロバケーションズではワンちゃんも家族です。

家族ですから当然同じお部屋で過ごせますので、
ワンちゃんだけ家に置いてけぼりや、ペットルーム預かりにはしません。

※余談ですがリロバケーションズでは「犬」ではなく”ワンちゃん”と呼びます。


私たちはあくまでリゾートを楽しんで頂く企業ではなく、
リゾートを使って日本のご家庭への貢献をしたいと考えている企業です。


別荘や別荘サブスクというワードは世の中にまだまだ浸透していませんが、
リロバケーションズの会員制リゾート事業はホテル・旅館とは一線を画す第3のリゾートとしてこれからも邁進してまいります。

株式会社リログループでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング