1
/
5

就活時の軸は「誰と働くか」。入社6年目の今感じる、人軸で選ぶ大切さ

現在CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)事業部に所属する大滝愛美(おおたきあみ)さんは、アップセルテクノロジィーズへ入社して6年になります。

営業や人事など、さまざまな経験を積み重ねてきた彼女はこれまでのキャリアを振り返り、何を思うのでしょうか。アップセルテクノロジィーズに入社したきっかけから、今後のキャリアプランまでお話を伺いました。

インターンシップで感じた、人を大事にする社風

-なぜ新卒でアップセルテクノロジィーズに入社を決めたのですか?

人と向き合うことを何よりも大切にしている会社だなと感じたからです。
就活時は、様々な軸を持って入りたい会社を決めると思います。どのような業界・業種がいいか、会社の規模はどのくらいか、どのような社風がいいか、給与や福利厚生はどうか…。

私が何よりも重視していたのは「誰と働くか」でした。人生の中で、仕事をしていく時間はとても長いです。だからこそ、働く仲間の存在が重要だと考えています。

-入社前に「この会社の人たちと合うな」と感じても、実際働き始めるとそうでもなかった…というケースも多くあります。大滝さんはどのようにしてミスマッチを防いだのですか?

第一条件として、インターンシップ制度がある会社を選ぶようにしました。OB・OG訪問や面接でのやり取りだけで判断するのは難しいと感じていたので、だったら一緒に働いたほうが早いなと。
結果的にインターンを経験できたのはすごく良かったですね。一緒に業務に取り組む中で、社員の方の人となりを直に感じることができました。

インターンの中で特に感じたのが、分からないことを聞きやすいという環境だなということです。
ミスをした時もフォローしてくれる体制でしたので、会社として一人ひとりにしっかりと向き合い、大切にしてくれる会社なのだと思いました。

複数部署の経験を武器に、幹部を目指す

-入社してからどのようなキャリアを歩んできたのか教えてください。

最初に配属されたのはSP(セールスプロモーション)事業部です。ここではエンドユーザー様にクライアント様の商品やサービスをご利用、ご購入頂くための新規顧客がメインです。

当時、新卒1年目は全員SP事業部に配属されたのですが、私は同期の中で常に成績は最下位。転職も考えましたが、もし今辞めてしてしまったら諦め癖がついてしまって、どの会社に行っても同じことの繰り返しになるなと思ったんです。

そこで「SP事業部で一番成績を上げる」「結果が出るまではあきらめない」という目標を掲げ、上司に営業の仕方を何度も聞いたりと試行錯誤を重ねました。その結果、事業部で1番の成績を上げることができました。その後、チームリーダーの役職につき、自分が成果を上げるだけでなく部下やチームをまとめる難しさを学びました。

そして3年目に人事部に異動しました。主に採用サイトへの掲載から説明会・面接まで一貫して担っていただけでなく、新入社員のフォローや社内イベントの企画、実行など幅広く行っていました。

そして4年目から現在のCRM事業部に所属しています。ここはクライアント様との関係性を深めて継続的な売上を目指す、顧客価値を最大化させる事業部です。

ご依頼をいただく企業様は業界も業種も様々なので案件ごとに課題設定の仕方や打ち手の出し方が全く異なります。たとえ同じ業界だとしても、企業によって色の違いがあるので、その色に合わせて対応を変える必要があります。そこで大事なのは、「その企業の一社員である」という姿勢で取り組むことです。当事者意識を持って業務改善に関わることが何より重要だと考えています。

業界に関する幅広い知識とその企業の組織風土に適応する力が求められるので、難易度は高いですが、その分やりがいも大きいです。

-入社6年目で三つの部門を経験できているのはキャリア形成において大きな武器になりますね。

そうですね。一つの部署で頑張ることも大切ですが、複数の部署に携わり、いろいろな経験を培うことで会社を俯瞰して見る力がつきます。

どの部署にどのような人がいて、日々どんな業務を行なっているのか。何に課題感を持ち、どんな時にやりがいを覚え、どのような展望を持っているのか。
それらを把握していれば、キャリアアップして上の立場になった時、ほかの部署も踏まえた上で社内の業務改善や育成・マネジメントができると考えています。

私の今後の目標は幹部になることです。
新卒から幹部に上がっている人もいて、年功序列はありません。努力し結果を出した人はきちんと評価してポジションを与えてくれる環境です。

そうなれるよう、今は会社の事業基盤であるCRM事業部での業務をより極めたいなと思っています。

来たれ、「素直・負けず嫌い・積極的」な人材

-どんな人にアップセルテクノロジィーズに入社して欲しいですか?

素直で負けず嫌い、そして積極的な人ですね。

素直な人とは、他の人の意見を受け入れられる人のことです。自分の考え方を持つことはもちろん大事ですが、自分の意見を通すことだけを考えている人は、いざ通らなかった時に「やりたいことができない会社だな」と感じて何も形にならないまま終わってしまいます。これはすごくもったいないと思います。

大事なのは反対意見に耳を傾けることです。立場関係なく自分の意見を主張できて、かつ異なる意見も受け入れる。そうすれば落とし所を見つけることができるので、結果的に自分の意見を通すことができます。うちの会社はそういった提案を受け入れてくれる風土なので、自分が思ったこと積極的にやってもらいたいですね。

負けん気を持って自分から積極的に動けば成長も早いですし、そういう人は周りから可愛がられるので、いろいろと教えてもらえたり、バッターボックスを用意してもらう機会も多くなるのかなと思います。

-最後に、入社を考えている方にメッセージをお願いします。

繰り返しになるのですが、うちの会社は特に人を大切にしている会社です。仕事の成果を出した分だけしっかりと評価してくれると同時に、代表自ら社員からの希望に耳を傾けて下さいます。それだけでなく、聞き入れて実行してくれるところもとても魅力的だと思っています。

そして、職場もとても良い雰囲気です。上下の壁があまりなく、インターンの時に感じた分からないことを聞きやすいという環境というのは入社して6年経つ今もなお感じています。

私は器用に物事をこなせるタイプではないので、入社した当初はミスばかりでした。注意や指摘も多く、泣いてしまうこともありました。自分でも職場で泣くなんて駄目だ、と思うんですが、つい感情が溢れてしまうんですよね。でもそんな私に「大丈夫だよ」と声をかけて励ましてくれるんです。普通は呆れるところだと思うんですが、一人ひとりとしっかり向き合ってくれているので、感情を曝け出しても全て受け止めてくれるんですよね。

本当に人に恵まれてるなと思いますし、「人」を軸に会社を選んで良かったなと折に触れて実感しています。

また、成果主義であるところも魅力の一つです。結果が出ない時期はもちろん苦しいのですが、そこでぐっと堪えて努力をし続けて成果に結びつけることができれば、新たなチャレンジの機会を与えてくれます。年次関係なく役職につくこともできます。スピード感を持ってキャリアアップしたい人にとってはすごくぴったりな環境だと思います。

アップセルテクノロジィーズ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings