1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ウェブ・クラウド技術、AI、画像/音声認識・解析、 RPA、XR(VR/AR/MR)、5G、Blockchainなどの先端技術とスマートデバイス(スマホ・タブレット)・IoTデバイスを活用したソリューションの企画・開発・運営を行います。
現在は自社ソリューションの事業アイデアの検討、コンセプト検証のための準備を行っています。
当社は京都を拠点として、2019年4月に創業したばかりのスタートアップです。自社ソリューションの企画・開発・運営を主幹事業とするべく、現在は事業開発および組織創りを最優先で行なっています。 ======================================== ① 自社ソリューションの企画・開発・運営 ======================================== ウェブ・クラウド技術、AI、画像/音声認識・解析、 RPA、XR(VR/AR/MR)、5G、Blockchainなどの先端技術とスマートデバイス(スマホ・タブレット)・IoTデバイスを活用したソリューションの企画・開発・運営を行います。 代表田中のバックグラウンドとして、対法人向けにテクノロジー・デジタル領域のコンサルティングや、法人向けソリューション提供の経験が長く(約12年)かつ得意としているため、現状初期ソリューションとしては法人向けのソリューション(B2B SaaS)の企画・開発を検討していますが、 創業チームのバックグラウンド(知見・実務経験)・スキル等の強みを活かしつつ、テクノロジーの介在により変革、課題解決を急速に求められている業界・領域を選定し、今期内に事業立ち上げを行なっていきたいと考えています。 ======================================== ② 各種コンサルティング ======================================== 創業期については代表田中のバックグラウンドを活かしつつ、自社ソリューションの企画・開発にプラスになる業界・領域に対しては各種コンサルティング事業も行っていくことを考えています。 (1)新規事業の開発支援 新規事業創出のために必要となる、「事業アイデアの検証」、「顧客と課題の明確化」、「課題とソリューション(提供価値)の適合確認」と「プロダクトと市場の適合確認」の各フェーズにおいて事業開発をご支援していきます。 (2)デジタルトランスフォーメーション(DX:企業のマネジメント・業務のデジタル化)の実行支援 既存事業の業務プロセス・オペレーション改善・改良、または新規事業の構築・運営に必要となる業務プロセス・オペレーション構築のため、他社または当社が提供するクラウドソリューションを利活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の企画・実行をご支援していきます。 (3)B2B企業(法人向けサービスを提供される企業)向けのマーケティング・セールスの実行支援 法人向けのソリューション(プロダクト・サービス)を提供されている企業様の顧客獲得数の増加・売上拡大に必要となる認知向上、リードの集客・獲得・育成の強化、商談数の増加や受注率の向上等のため、マーケティング・セールス戦略・施策の立案、最新のクラウドソリューションを利活用した業務・仕組みの構築および施策実行をご支援していきます。

なぜやるのか

テクノロジーの介在により変革が求められている業界・領域に対して革新的なテクノロジー(ソリューション)を創造し、世に多く送り出していきます。
あらゆる人が今よりもっと便利で快適に生活し、豊かな人生を送れるような世界の創造に貢献していきます。
【テクノロジーの恩恵を全ての人に。明日の生き方を進化させる。】 私達の日々の生活やこれまでの人生において、沢山のテクノロジーが関わり、支えてくれていますが、今も世界中で生まれ続けている革新的なテクノロジーを知らない、利用したことがない、活用する術を知らずに、テクノロジーの恩恵を十分に享受できていない人達はまだまだ沢山いると思います。 私達は、あらゆる人が、テクノロジーを今よりもっと利活用できるようになれば、生活や人生における一つ一つの意思決定や行動が変わり、生き方は進化していく。生き方が進化すると、日々の生活・人生は今よりもっと豊かになる、と私達は信じています。 「テクノロジーの恩恵を全ての人に。明日の生き方を進化させる。」のミッションのもと、テクノロジーの介在により変革が求められている業界・領域に対して革新的なテクノロジー(ソリューション)を創造し、世に多く送り出していきます。 そして、人々が既存の仕組みや手段に対して感じている不便、不満、不足等の「不」を私たちが提供するテクノロジーにより解消し、あらゆる人が今よりもっと便利で快適に生活し、豊かな人生を送れるような世界の創造に貢献していきます。

どうやっているのか

京都駅からJR嵯峨野線で2駅。最寄の丹波口駅から徒歩5分にある、京都リサーチパーク内4号館のKRP BIZ NEXTに現在は入居しています。
現在はラウンジをワークスペースや簡易打ち合わせのスペースとして利用しています。
======================================== チーム ======================================== 当社ミッションとバリューに少しでも共感・興味を持って頂き、創業メンバーとして当社の事業・組織作りを共にチャレンジしてくれる方、少し手伝ってあげてもいいよという方(業務委託・副業でもOK)や協力・支援して頂ける社外パートナーの方を、国内外問わず探しており、それぞれの強みを活かせるようなチームを創っていきます。 ----------------------------------------------- 価値観・行動指針(α版) ※ 創業チームができた際には皆で改めて考えてアップデートしていきたい! ----------------------------------------------- 【変わっていくことを楽しみ、変わり続ける。】 ・私達は短期間に急激な成長をして、世の中に価値を提供し続けるスタートアップ。 ・ユーザー、私達を応援してくれる人達と、私達自身の成幸のためにやるべきこと、やりたいことは日々変わっていく。 ・変わっていくことを恐れず、楽しもう。変わることは成長の一過程。 ・現在に最適化するのではなく、未来を見据えて無限に変わり続けよう。 【大胆かつ繊細に挑戦を続けよう。】 ・私達は常に不確実な状況下で決断し、挑戦し続けるしかない。 ・だからこそ、確固たる意志と意図をもって大胆かつ繊細に挑戦していこう。 ・そして上手くいかない方法を最速で沢山見つける。 ・前を向いたまま、上手くいかない原因と目指すべき価値の本質を見極めて、次に進む。 ・そして最後には必ず成功させよう。 【仲間への感謝を忘れず、対話と行動をもって心を尽くそう。】 ・仲間のことを深く知る努力を欠かさずに、人種、宗教、性別、あらゆる志向の違いを互いに認め合おう。 ・オープンかつストレートに自らの考え、実現したい想いや抱えている課題を共有していこう。 ・仲間が居てくれること、仲間の手助けを当たり前のように考えず、常に感謝の気持ちを忘れない。 ・互いに納得感をもって協働するために、対話と行動を以って心を尽くそう。 ・そうすれば、強い仲間意識で結ばれた最強のチームになれる。 【熱意と誇りを持って粘り強く考え、行動し続けよう。】 ・時間は有限。貴重な時間を費やして挑戦するなら、誰にでも胸を張れるように熱意と誇りを持って取り組もう。 ・突拍子もないアイデアでも、冷静に事実とデータを結び付けて本質的な価値を持ったアイデアへと昇華させる。 ・アイデアを実現するために必要なことを粘り強く考え、行動し続けよう。 【ユーザーの期待値を超えた驚きと感動を生み出す。】 ・真に幸せにしたいユーザーが誰なのかを明確に定義し、ユーザーにとって価値ある理想の体験を考える。 ・ユーザーを取り巻く環境、ユーザーの心情や行動を真剣に観察し、理解する努力を続ける。 ・作り手の論理で語らない、作らない。ユーザーに不便を強いることはしない。 ・価値ある理想の体験を提供するテクノロジーを創るために、細部まで徹底的にこだわり抜き、なおかつシンプルで分かりやすさを追求する。 ・期待値を超えて、ユーザーが驚きと感動を感じてくれるまで磨き続ける。 ======================================== 働き方 ======================================== 私達は、事業・組織を圧倒的なスピード感を持って成長させていくために国内外の優秀なメンバー・パートナーとコラボレーションをしていく必要があると考えています。そのため、時間や場所に縛られないフレキシブルな働き方を、創業から意識してやっていきたいと考えています(チーム・個人のパフォーマンスを最大化できる働き方、環境づくりのために、惜しまず積極的に投資を行なっていきます)。 基本的にはslack、google meet(web会議ツール)等を活用して密にコミュニケーションをはかり、フルリモートでも事業を進められるようにしていきます。関西(京都・大阪)在住の方の場合は、同じワークスペースでの対面ミーティングや協働もさせてもらいながら、より密なコミュニケーション・関係構築をさせて頂けると嬉しく思います。