セルフイメージ

私は営業マンではないので、あまり営業について上手に語ることはできませんがが・・いわゆるものすごく売れる営業マン(オーラが出まくっている人)からゴリゴリに営業をされても正直いって営業されているという感覚には実はあまりなりません。一方で営業が苦手で自己評価が低い人から営業を受けると、もう営業されている、いやな感覚にしかなりません。ちょっとあまりうまく表現できてないですが、感覚は伝わりますでしょうか?

売れる人も売れない人も同じように営業しているに違いありません。売れないと思っている人は、売れないと思うからこそ一生懸命に営業します。売れる人は売れるのが当たり前だと思っているので、もちろん営業するのですが、無理に売ろうと考えていません。緑川をみていても完全にできる営業マンの典型だと感じます。彼は売れることが当たり前だと考えています。この商材はあの人(企業)のために間違いなくなる、買わないという選択肢があるはずがない。そう考えているので、全く無理な売り込みはせず相手の困っていることを聞いてどうすれば解決できるかを一緒に考えてあげているだけです。すると・・最後はその商材を買っています。

営業マンのセルフイメージ(これは売れると思って売るのか、どうせ買ってくれないんだろうなと思って売るのか)がいかに大事なのか気づかされます。そんなこと(自分の脳内イメージ)で売れるのなら苦労はないと考える方もいるかもしれませんが・・実は脳内のイメージを変えるというのは結構難易度の高いものです。人間の脳内は過去の体験などの蓄積でできていますからね。

しかし、もしセルフイメージを少しでも変えることができるのなら必ず営業の成果につながっていくと私は考えています。

株式会社エージェントゲート's job postings

Weekly ranking

Show other rankings