1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

CMでも話題の旅行予約サイト「エアトリ」を開発/運営しています
オフショア事業では、ベトナムの3拠点(ハノイ・ダナン・ホーチミン)に1000人近いエンジニアが働いています
▼① エアトリ旅行事業 / 日本最大級の旅行サイト「エアトリ」を展開 : 当社は創業当時からオンラインに特化した旅行会社として、お客様へ便利なサービスを展開してきました。 「仕入力」「多様な販路」「システム開発力」を強みに、国内航空券分野で国内最大級のオンライン旅行会社と成長しました。更に、2018年5月、海外旅行分野でトップであった株式会社DeNAトラベル(現 株式会社エアトリインターナショナルを子会社化したことにより、「長年培った旅行業のノウハウ」がプラスされ、国内最大級の旅行サイトへパワーアップしました。2019年9月には両サイトの統合が完了し、航空券インターネット売り上げ圧倒的No.1を目指し、更なる成長を加速させています。 【エアトリ】https://www.airtrip.jp/ 「ITx旅行xGlobal」をキーワードに、自社サイトの運営のみならず、BtoBtoCサービス(OEM提供)を通じて、他社様への旅行コンテンツの提供や、出張のニーズにお応えするサービスであるクラウド型出張予約システム(エアトリBTM)の提供、サイトの多言語化など、豊富なサービスの提供をベトナム自社拠点のITエンジニアと協力し、コストパフォーマンス高く、スピーディーな自社開発で実現しています。 ▼② ITオフショア事業 / ベトナムに日系最大級のラボ型オフショア事業を展開 : エンジニア人材不足のソリューションとして、ベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンに拠点を設立。約1000人のITエンジニアを擁し、ラボ型開発を中心に多様な開発・BPOソリューションを提供しています。 ▼③ 訪日旅行事業 / 訪日外国人の日本への来訪をより便利に : エアトリ旅行事業で蓄積したノウハウを、いち早く訪日外国人向けサービス及び民泊運営企業向けサービスとして展開しています。今後のインバウンド需要拡大に向けて、シェアリングエコノミーをはじめとした旅行事業を提供してまいります。 ▼④ライフイノベーション事業/お客様の生活をあらゆるシーンで便利に: 会員基盤750万人のメルマガサービスと共に、シナジーのある旅行周辺領域へ参入してまいります。 ▼⑤ 投資事業 / 投資先企業との協業等によるシナジーの追求 : 成長企業への積極的なM&A、資本業務提携により企業を通じサービスラインの拡充と収益向上を図っています。 ー 日本からアジア、そして世界へ ー エアトリは2007年に創業し、5年後の2012年にベトナムへと進出しました。ホーチミンに設立したオフィスは発展を続け、わずか数年の間に東南アジアにおける日系企業で最大級のITオフショア開発拠点へと成長を遂げました。 主力事業であるオンライン旅行においても、当初の国内航空券販売ビジネスからスタートし、海外航空券や各種言語の対応などグローバルに活躍の場の幅を広げています。

なぜやるのか

▼ 企業理念は『One Asia』ー アジアは一つとなり世界をリードする ー 私たちのオンライン旅行事業・訪日事業は人の移動に関わる事業であり、ITオフショア開発事業は仕事の移動に関わる事業です。アジアが急速に拡大、(経済圏として)統一されていく中で、アジア経済圏の中における人、仕事、物、情報などの移動は一層活発になっていくと考えています。 エアトリは、『アジアの人々の移動と協業をITの力でより近くに』をミッションとし、人の移動と仕事の移動を通じてアジアを繋ぐ架け橋となることを目指しています。

どうやっているのか

新宿オフィスでは、エンジニアを中心としたメンバーが業務を行っています
オフィス風景です
▼ 不滅のベンチャースピリット < 終りなき成長 > エアトリは2016年に東証マザーズへ上場、2017年には東証一部へと上場し、安定した経営基盤を持っています。 しかし、上場企業となってもエアトリが創業時から持っている「ベンチャースピリット」には変わりありません。 新規ビジネスの創出も積極的におこないますが、既存のサービスにもきちんと向き合い、常に妥協することなく改善をおこないます。エアトリは不滅のベンチャースピリットを持ち、挑戦することを恐れずに前進し続けています。 ▼ 20代~30代が中心に活躍 個人が成長できる機会に恵まれているため、若くして活躍の場を広げる人が多く在籍しています。 上場企業でありながら、ITのベンチャー企業として現場への権限委譲を進め、スピードを重視したサービスづくりをおこなっています。 「ひとつ上のステージに行きたい」 「自ら市場を開拓したい」 そんな意欲に応えられる環境がエアトリにはあります。 ▼ サービス統合によるシナジー効果の最大化 主力のオンライン旅行事業では、サイトの統合だけではなく、エアトリと子会社エアトリインターナショナルの協業によって、旅行会社としての商品仕入力、ホスピタリティーの向上などお互いの強みはより強化し、弱みは補いあうといったシナジー効果を生み出しています。 また、両社だけでなく、エアトリグループ全体の交流も活発です。 ▼ 海外拠点との関わり 主にシステム開発においては、ベトナム拠点のエンジニアとの業務が欠かせません。チャット、電話会議などの日常的なやりとりはもちろん、プロジェクトによっては、ベトナム出張の機会もあります。