1
/
5

入社のきっかけは、Yahoo!の友人から聞いた評判。「Penglue(ペングル)」を広げ、自己成長を顧客のより良い体験につなげたい。


こんにちは!株式会社ネットフロンティア 採用担当です。

今回は、コンサルティング部 菅沼 智治のインタビューをお送りいたします。

菅沼 智治 / コンサルティング部
2020年4月に中途入社。コンサルティング部にて、主に自社プロダクトであるチャットボット広告「Penglue(ペングル)」の営業を担当。

秘訣は、ホテル業界で学んだ“おもてなし”。異色の経歴を活かして、チャットボット広告「Penglue(ペングル)」の営業を担当。

——普段は具体的にどのような業務を行っていますか。

コンサルティング部にて、主にチャットボット広告「Penglue(ペングル)」の営業を担当しています。具体的には、アポイント支援プラットフォーム「セールスハブ」のオファー機能などを活用してアプローチをかけながら、各種お問い合わせにも随時対応し、ご導入をいただいた後のディレクション業務にも携わっています。

その他にも、月に一度の頻度で開催中のオンライン自社セミナーの運営補助業務も行っています。

現在はコロナウィルス流行の影響でローテーション出社となっているため、3日に1度ほど出社しながら、リモートワーク中心に柔軟に業務を進めています。

——入社の決め手となったのはどのような点でしたか。これまでの経歴も含めて教えてください。

私は理系の大学院を卒業してから、ホテル業界に就職したという少し変わった職歴があります。有名ホテルでの接客業を通じて“おもてなし”を勉強しながら、より自分の力でサービスを提供したいという想いを強め、コンサルティング業界へ転職。その後、キャリア設計をより深く考えるなかで、新しいもの好きで好奇心旺盛、勉強が好きな自身の特性を踏まえ、今後の世の中を牽引していくITやインターネット広告業界に興味を持つようになりました。

そんなとき、Yahoo!で働く友人から「雰囲気が良く、広告運用の実績があり信用できる会社」として当社の話を聞いたことで、当社に魅力を感じるようになりました。

実際の採用プロセスにおいて、何より印象に残っているのは、私自身複雑な経歴をしているのですが、3度の面接のいずれも、時間をかけてありのままにお話を聞いていただいたことです。他社の面接と比べると非常に長い時間だったことに加え、当社の展望や課題を実直に話していただけたことに驚きました。友人の言葉通り、当社の“人”の誠実さを実感したことが入社の決め手になりました。

「自分が成長することで、目の前の人が喜ぶことがうれしい」。転職を支えた、サービス業へのブレない想い。

——菅沼さんの入社は、今年の4月中旬。まさにコロナ禍の只中での入社となりましたが、実際に入社して、当社にどのような印象を持ちましたか。

私は小心者なので(笑)、リモートワークでのコミュニケーションはどうするんだろう…などといった不安もありましたが、入社当日のオンラインでの全体ミーティングでも話をしっかり聞いていただいたり、コンサルティング部でオンライン歓迎会をしていただいたりと、物理的には離れていても、しっかりとしたケア体制があることに安心しました。

未曽有の事態で会社としても大変だったと思うのですが、初めてのリモートワークに戸惑っていた私の気持ちを先輩たちがしっかり汲んでくれて、週2回のMTGの開催などを快く設定してくれました。声をかけ合える環境や雰囲気の良さを、日常的に感じています。

——謙虚な菅沼さんですが、実は人口の上位2%の知能指数 (IQ) を有する会員同士の交流を目的とした非営利団体「Mensa(メンサ)」の会員という凄い経歴の持ち主です。同時に心の知能指数(EQ)も非常に高く、個性豊かな当社に貢献しています。そんな菅沼さんは、転職活動においてキャリア設計をどのように考えていましたか。

メンサの入会テストは、大学院時代に塾講師のアルバイト仲間から誘われて受けたんです。きっかけはやはり、好奇心でした。大学院では、経営システム工学部で生産管理学を専攻しておりましたが、卒業後に私が特に興味を持ったのは、AIや新しいテクノロジーです。やはり新しいものにワクワクするんですね。ただ、ホテル業界に就職したように、私は人と接することが凄く好きなんですよね。だから、エンジニアとしてというより、AIやテクノロジーに関わるビジネスに携わることをキャリアプランの中心に据えてきました。

理系の大学院を出てサービス業に行くのって、本来は珍しい経歴だとは思うんです。でも、私はサービス業をしたいという気持ちが常にあって、それは自分が成長をすることでサービスの質が上がり、目の前の人が喜ぶことがうれしいからなんです。

ホテル業界での仕事や塾講師のアルバイトなど、さまざまな業界を経験してきましたが、「自己成長を顧客のより良い体験に繋げたい」という気持ちは、ブレていないと思います。

プロフェッショナルな集団の一員として。お客様に真摯であり続けながら、目的の達成に貢献したい。

——改めて、当社の良さや魅力はどんなところにあると感じますか。

やはり、“人”の良さだと思います。時に尖った意見などを言っても、しっかりと聞いてくれる信頼関係があるのを感じます。お客様に真摯であり続けながら、目的を達成するためには努力や苦労も厭わない。そんな強いプロ意識を持ったチームでプロジェクトに挑めることや、フォローしながら尊敬し合える関係性が魅力だと思います。

また、「3年以内のリーディングカンパニーと5年後の上場」という明確なビジョンがしっかり共有されているのも非常に良いなと感じています。経営陣から地に足のついた具体的で分かりやすい目標や指示があるため、向かうべき場所がはっきりしているなと思います。

——最後に、今後への意気込みや目標を教えてください。

「3年以内のリーディングカンパニーと5年後の上場」という当社の目標を達成するために、「Penglue(ペングル)」のサービスを広げていくことが自分のミッションだと理解しています。チャットボット広告はこれから伸びていく新しいサービスですので、営業職として製品の良さをしっかりと理解し、お客様にどうすれば喜んでいただけるのかを常に考えながら、その良さを伝えることを大切にしていきたいです。

もちろん、成約することは大切ですが、それ以前にまず、お客様にありがとうと言っていただくことを目指したいと思っています。同時に運用型広告の知識や経験も増やし、主軸の業務にもしっかりと貢献していきたいです。

株式会社アイトリガー's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more