1
/
5

【アングラを極めるベーシスト!】オルターブース代表・小島淳が音楽を語る #3

「コワモテだけどめっちゃ優しい」

そんな評価が業界内外から寄せられている小島さんは、まさにオルターブース的アットホームの象徴。

そんなコワモテの下には、優しさ以外のものもたくさん埋まっていることはあまり知られていない。

その一つが「音楽」。

今回は元バンドマンでもある小島さんの音楽遍歴と、内に秘めたるオルタナティブ・スピリットの源泉について伺いました。

(2020年4月16日に行われたYouTubeライブ配信をもとに再構成しています/聞き手:新藤洋介)

新藤     さっき話に出たその2000円ギターですけど、

   楽器を始めたきっかけもそこだったんですか?


小島     楽器を始めたきっかけというか、

       ギターやりたいなって思ったきっかけは中2の時ですね。

       僕って放送委員会に入ってたんですよ。放送係。

       そのスタジオ脇に先生のギターが置いてあった。

       フェンダーストラトだったかな。

       そのストラト弾いてみたい!って思ったのが最初。


                                           Pxfuelより


新藤     きっかけ先生のストラトだったってことですか?


小島     もっと言うと、ストラトに付いてるあのアームってわかります?


新藤     トレモロアームですね。


                                         Wikipediaより


小島     それを付けると音変わりますよね。ビョーンって。あれがやりたくてさ。


新藤     ハハハ(笑)


小島     で、ギターをいじってたら弦をブチ切っちゃって、先生にめっちゃ怒られた(笑)


新藤     加減をしないとですね。


小島     だから自分のギター欲しいなって思ったから、

       2000円ギターが超嬉しくて、めちゃくちゃ弾いた。


新藤     先生のストラト、それからトレモロアームがあっての2000円ギター、

       という流れになるわけですね。


小島     きっかけというのはそれぞれみんなありますよね。

       当時僕はビデオデッキでいろんな放送を収録するのが好きでした。

       90年代前後って外国の洋楽タレントがたくさん出てた時期です。

       それらを録画して「おぉ洋楽ってすげー!」って感動したり。

       録画を通じて洋楽というジャンルを知って、それから楽器でしたね。

       で、洋楽聴いてるとだんだんと日本の音楽が恋しくなるんですよ。


新藤     なるほど。


小島     そこで日本のバンドにすごく興味持ち始めてさ。

       もちろんイカ天は観てたんだけど、

       もっとアンダーグランドに活動してるバンドたちに興味が湧いて、

       実際ライブに行きまくるわけです。

       そこから自分もバンドやってみたいって気持ちになってバンドを始めた。

       今だったらインターネットで無名の人でも配信できたりしますけど、

       当時はアナログでレコード作ったり、お金貯めながらやったりと大変でした。


                                         photo ACより


新藤     インディーズでやっていくのは大変でしたもんね。


小島     バンドメンバー集めの話も超笑えますよ。

       ディスクユニオンのチラシに短冊みたいに切り込みを入れて、電話番号を書いておく。

       携帯がまだない時代だったから家の電話番号を書いて、

       それを見た人が欲しい電話番号をちぎって、家に電話をかけて来る。

       笑い話があって、当時バンドやってた知り合いがいて、

       そいつのバンド名が「肉奴隷」だったんですよ。


新藤     (笑)


小島     彼がうちに電話かけてくる時はいつも

       「肉奴隷の◯◯ですけど、淳さんいますか?」

       って言うんですよね。


新藤     すげえ…「ハッ?」ってなりますよね。


小島     うちの親なんか超ビビって

      「なんなんですか!?あなたは!!」

      って、しょっちゅう誤解してた。(つづく)

☆配信全編をご覧になりたい方はこちらから!

株式会社オルターブースでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング