Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

anamne(アナムネ)とはドイツ語で【問診】を表すanamnese(アナムネーゼ)が由来です。 自宅に居ながらにしてオンラインでアナムネがとれる、つまり自宅で医師に診察を受け、必要な薬を処方してもらい、それを自宅で受け取る。そんな世界を目指し、オンライン医療相談サービスanamne(アナムネ)を開発・運営しております。 ■オンライン医療相談サービス『anamne(アナムネ)』 http://www.anamne.com

なぜやるのか

【ITを最大限活用し 女性医師の働き方を支援することで 生活者の病気の種や不安を取り除く】 我々が解決したい課題は大きく2つあります。 1つめは、出産・育児で現場を離れざるを得ない女性医師のワークスタイル改善です 2つはITを活用してどこでも利用可能な医療サービスをつくることです。 元々この事業を立ち上げたきっかけは、私の妻が出産・育児のタイミングで病院での勤務がとてもし辛くなったことを実感したことでした。 ・残業が当たり前 ・月に数回当直夜勤がある ・月に数回オンコール(待機勤務)があり、休日にしっかり休むことができない。 これだけ聞いているとどこかのブラック企業と間違えるかもしれません。 このような過酷な働き方をせずに医療に関する経験を活かしながら在宅で医療サービスを提供する仕組みを作りたいと思ったのです。 一方、我々生活者はどうかというと、言わずもがな、朝早くから夜遅くまで働き、土日祝日も働いている人も多いかもしれません。病院に行きたくてもいく時間なんてないよ!というのが本音です。さらにせっかく時間がとれて病院に行っても待たされて予定が狂ってしまう。 じつは、病院に行く軽度の風邪や花粉症など病院に行かなくてもちょっとした診察と薬の処方のみで十分なものがほとんどだったりします。 本当に緊急の場合や不安な時だけ病院に行き、その他の時は自宅でオンライン病院で済ます、そんな世界を実現したいと思い事業運営しています。