1
/
5

【インタビュー第5弾】お客様のニーズに応えたサービスを展開していきたい

アニマライフ従業員インタビュー第5弾をお届けします♪

今回はディレクター業務に携わる木村さんにインタビューを行いました。

どんな業務も嫌な顔をせず、真摯に取り組む木村さん。

「ペットと飼い主が暮らしやすい社会づくりに貢献したい!」という思いが強く、どうすればアニマライフが成長できるかを常に考えているそうです。

また大の犬好きな木村さん。ご自宅では現在、バーニーズ・マウンテン・ドッグという超大型犬を飼っているそうで、関係性はまるで親子のように仲良しなんだとか!

そんな木村さんに入社したきっかけを始め、ディレクターとしての大変さ、日々意識していることなどを詳しく伺いました。

アニマライフとの出逢いは愛犬ふぁずがきっかけだった!?

アニマライフに入社する前は、どんな業種の仕事をされていたのでしょうか。

木村:

大学を卒業して最初に就職した会社では、店舗の立て直しや支社の立ち上げなどのコンサルティング業務に携わっていました。

その後転職して、経営戦略や営業職などに携わっていました。


そうだったんですね!前職のお話しを聞くと、アニマライフの業務内容とまた少し違っていますが、どうしてアニマライフに入社しようと思ったのでしょうか?

木村:

エージェントの方とWEB面談をしているとき、たまたま愛犬ふぁずが画面上に入ってきたことがきっかけなんです(笑)

そこから「ワンちゃん飼っているんですね!」と話しが盛り上がり、そこからアニマライフを紹介してもらったのが最初ですね!(笑)


ふぁずちゃんが木村さんの運命を変えたといっても過言ではないですね(笑)

木村:

そうですね(笑)

それまではペット業界で働くということを考えたことはなかったですし、そもそもアニマライフという会社があることすら認識していませんでした。

でもエージェントの方と話をしている中で、自分自身犬と暮らしていることもあって興味が沸き、事業説明を伺ううちに「この会社で働きたい!」という思いが強くなりましたね。


事業説明を聞いて「ここで働きたい!」と思ったとのことですが、どんなところに魅力を感じたのでしょうか。

木村:

「不幸な動物たちを減らすプラットフォームをつくる」ことをビジョンとして掲げ、ひとりでも多くのペットとその飼い主が暮らしやすい社会にしていきたいという熱い思いに心動かされました。

それを聞いたとき「こんなすごいこと考えている会社あるんだ!」って驚いたのを、今でも鮮明に覚えています。

また代表の思いや、現在私の上司にあたる洲脇さんとお話しをしていく内に「ペットがもっと受け入れられる社会づくりをしたい」という思いが強くなりましたね。


アニマライフが掲げる熱い思いが入社の決め手になったんですね!では、実際入社してみて「アニマライフのここが良いなぁ」って思ったところはありますか?

木村:

良かった点としては、やっぱり愛犬の目の届きやすいところで仕事ができるので安心ですし、仕事も集中して行えるので自分にとっては良かったなと思っています。


ペットを飼っている人にとって、在宅勤務は本当にありがたいですよね。私も猫を2匹飼っていますが、普段の様子を見ながら仕事ができるので何かあっても安心だなって思います。

木村:

ですね!またペット自身も、飼い主と一緒に過ごせるのは嬉しいものですしね。


我が家の猫がそう思ってくれているのかは謎ですけどね(笑)

木村:

あははっ、きっとそう思っていますよ(笑)


そうだとよいのですが…(笑) では逆に、アニマライフに入社してギャップを感じたことはありますか?

木村:

入社して感じたことはまず、社員間のコミュニケーションの円滑さに驚きました!

今までフルリモートで仕事をしたことがなかったですし「実際フルリモートでコミュニケーションは取れるのか」「仕事もスムーズに行えるのだろうか」と不安や心配が尽きなかったところが正直あったんですよ。

でも、実際アニマライフで働いてみて、人との距離感を感じないくらいフルリモートがうまく回っていたので、いい意味でギャップを感じましたね!


意外とスラックやディスコードを使えば、コミュニケーションってなんとかなるもんなんだって思いますよね!

木村:

そうですね!

もしも人恋しくなれば、スラックのハドルミーティングで話すこともできますし、もちろん会社に行ってコミュニケーションも取れるので、自分に合った働き方ができるのは良いなって感じましたね。


そうなると、木村さんにとってフルリモートの環境は不便さはないって感じでしょうか。

木村:

そうですね。コミュニケーションツールを活用しながら、相談や報告をしているので不便さは感じないですね。

また皆さんとても仲が良いので、分け隔てなくお客様にとって何が最善かを考えながらコミュニケーションが取れるので、日々仕事をしていて楽しいですよ!

日々の業務は刺激的!今までの経験をもとに新たなるステップへ

現在アニマライフでどのような業務を担当されているのか教えてください。

木村:

アニマライフの現状、そして新規サービスに関する検討決定や、各種ルールの検討決定、組織開発や人事関連の制度検討決定、各種相談対応などに携わっています。


人事でもあり、法務でもあり…ディレクター業務でもある。まさに何でも屋さんの立ち位置ですね!

木村:

そうなりますね(笑)


では、携わっている仕事の中でミッションなどはありますか?

木村:

いかに多くのお客様にご満足いただけるサービスを提供できるか、そしていかに従業員が仕事のしやすい環境を作っていけるかが最大のミッションだと思っています。

もちろん、会社をしっかり成長させるための組織作りもミッションの1つなので、そちらにも注力入れていきたいと考えています。


かなり大きなミッションを抱えていらっしゃるんですね。ちなみに現在の業務で、難しいなと感じているところや課題などはありますか?

木村:

マルチタスクなので、やることが山積みなところですかね…

まだまだアニマライフはベンチャー企業なので、ルールが定まっていないところが多く、その都度ルールを決めていくのは大変さを感じます。

また一方で、アニマライフでやりたいこと、やっていきたいことは沢山あるので、いかに効率的にやるべきことに対応していくかが今の課題でもありますね。


大手企業とは違い、細かなルールが決まっていないので、1から作っていくのは大変ですよね。でも、やりたいことに対して手を上げれば、それを実現できる良さがあるのもベンチャーの醍醐味でもありますよね。

木村:

そうですね。大変さはもちろんありますが、やりがいも沢山あるので仕事は楽しいですよ!


過去の経験が現在の仕事に活かされている部分はあったりしますか?

木村:

過去の会社はどれも異業種になりますが、逆に現職ではその会社で経験した知識が役だったことは結構ありますね。


今まで培ってきたものが、アニマライフで発揮されているわけですね!

木村:

はい!

今まで経験してきたことが決して無駄ではないですし、全てが今に繋がっているんだなぁって改めて感じますね。


アニマライフで仕事をしている中で、特に印象に残ることがあれば教えてください。

木村:

前職で経験したことのある業務もありますが、日々新しく出てくる業務の中には、今まで体験したことのない新しい内容のものもあります。

そんなときは今まで培ってきた知見を使い、いかに最速でキャッチアップしていくかが課題であり目標でもあるので、日々刺激があり印象に残ることが多いですね。


日々の業務は常に新たな発見があり、印象に残ることが多いんですね。

木村:

そうですね。今後も新たな壁にぶつかることがあるかもしれません。

そんなときは慌てず、今まで培ってきた知見を最大限に活かしながら、一つひとつ解決できたらよいなと思っています。

「お客様の喜ぶ顔を見たい!」だからこそ、何が一番最善なのかを常に考える

木村さんは、ディレクターとしても業務に携わっていらっしゃいますが、ディレクター業務はどんなところに大変さを感じますか。またどんな所にやりがいを感じますか。

木村:

サイトに訪れるユーザーやブリーダーにとって、何が一番最善なのかを常に考えながらサービスの質や向上に努めています。

その中で難しいなと感じるのは、お客様のニーズを表面的に捉えるのではなく、真に求められていることを考えながらサービス設計をしていくことですね。これは本当に骨の折れる作業です。

でも自分が進めたプロジェクトによって、お客様から「ありがとう」「よかったよ!」といったお声をいただけた時は、やっていてよかったなって思います!

今後も自分の考えたサービスによって、昨日より今日、今日より明日、より多くのお客様やワンちゃん、そしてブリーダーさんとの出逢いの場を提供していけたらなと思っています。


常にブリーダーナビを利用される方々のことを思いながら仕事をされていらっしゃいますが、ディレクターが持つべき責任はなんだと思いますか。また大切なことは?

木村:

クリエイターが業務しやすいように仕様を始め、プロジェクトの意図を分かりやすく伝えてあげることが大切だと考えています。

またディレクターとして大切なことは、クリエイターがストレスなく、気持ちよく仕事に集中してもらうためにも、プロジェクト内容に疑問点が残らないように常にコミュニケーションを取っていくことが大切ですね。


お互いが気持ちよく仕事をしていくためにも、コミュニケーションはとても大切ですもんね。

木村:コミュニケーションを上手く取りながら仕事をするのって、生産性を高めるのはもちろんですが、行く行くは企業イメージの向上にも繋がりますからね。

アニマライフをより良い企業にしていくためにも、人と人とのコミュニケーションはとても大切だと思います。


木村さんがディレクターとして日々意識していることはありますか。

木村:

「飼い主様とブリーダー様に、最高の出会いを提供するためには?」ということをいつも考えています。


常にお客様ファーストな考えを持っていらっしゃるんですね!                         ちなみに木村さんが思う、ディレクター業務に必要なスキルはなんだと思いますか。また、どんな人がディレクター業に向いていると思いますか。

木村:

必要なスキルとしては、WEBサイトに関する全般的な知識を始め、ユーザー心理やユーザーのニーズを定量・定性的に掴む力が必要だと思っています。

またどんな人に向いているかは、UI/UXやマーケティングなど、WEBサービスの運営に際して自分の得意な分野が明確にわかっている人が向いていると思いますね。


木村さん自身は、ディレクター業務は向いていると思いますか。

木村:

私自身は、ディレクターの業務以外にも様々な業務を行なっているので、自分に向いている仕事だと思っています!


全チームがより円滑に業務を回せるように

木村さんにとってアニマライフはズバリ!働きやすい環境ですか。

木村:

アニマライフのスタッフは皆さん良い人ばかりですし、自分がまさに携わりたかった社会貢献ができる企業だと思っているので大満足です!

またいい意味で皆さんが自立して仕事をしているので、勉強になることも多いですし、日々刺激を受けまくっています!


木村さんにとってアニマライフは、まさにやりがいのある会社ということですね!

木村:

そうですね!


木村さんが抱えているミッションと今後の目標について教えてください。

木村:

現在、業務全般を横断的に行っていますが、メディア部とSEO部との接点が少ないのでもっとやり取りを増やしていきながら、その2チームの業務理解度を深めていきたいと思っています!

そうすることで、全チームを横断的に動けるようになりますし、更にできることの幅も広がると考えています。

またそれによって全チームがより円滑に業務を回せるようになると思うので、しっかりやっていきたいですね!


最後に、木村さんがこれから一緒に働いてみたい人を教えていただけますか?またその方に向けてメッセージをお願いします。

木村:

まず第一前提として「動物が大好きな人」ですね!

動物のためにいかにブリーダー直販がワンちゃん猫ちゃんにとって負担のない方法なのか理解し、ブリーダーナビの社会貢献性を理解してくれる人と一緒にお仕事ができたら嬉しいです。

もし少しでも不安なことがあれば、いつでもご相談に乗りますし、自分の得意な分野ややりたい仕事の分野が明確であれば、やりたい仕事がしやすいよう環境づくりをしてサポートしていくので安心していただけたらと思います!


【アニマライフ★インタビュー】

チャレンジ精神が私を大きく成長させる

株式会社アニマライフでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう