Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

アーキタイプは、企業における0→1の事業開発を支援する社内スタートアッププログラムの提供、企業におけるアセットを活用したシーズドリブンの事業開発支援、事業のグロース支援などのサービスを提供しています。 また、事業創出プロセスを通じて、次世代を担う人材育成や、継続的に新事業を生み出す組織・制度・プロセス構築も支援しています。 ◆主な支援サービス - コーポレートスタートアッププログラム  企業の個々の課題にカスタマイズした  テイラーメイドな企業内新規事業創出プログラム - シーズドリブン事業開発  企業内の知財や優れた技術を  高付加価値のサービスにリデザインするコンサルティングサービス - ハンズオン型グロース支援  データドリブンな意思決定によるサービス改善で  事業を成長させるグロース支援サービス

なぜやるのか

◆ビジネスの「原型」をプロデュース 会社の発展にステージ(=段階)があるように、事業開発自体にもステージがあります。 スタートアップが提供する新しいサービスと企業内における新規事業は、まさに同じようなステージにあると言えるでしょう。 そして、両者には”世の中をより良くしたい”という強い想いも共通します。 その内に秘めている生まれたての小さな、しかし煌めくアイデア、すなわち「アーキタイプ(=原型)」を、私たちは大切に育てて行きます。 ◆事業創出の民主化 アーキタイプが理想とするのは「事業創出の民主化」です。インキュベーターやアクセラレーターが存在せずとも、極端に言えば、我々を必要とせずに、チャレンジングな事業が連続的に創出される社会の実現を目指しています。

どうやっているのか

アーキタイプでは個々の働き方を尊重しながら、ビジョン実現へ向けて活動しています。 ◆少数精鋭型 メンバーは十数名の少数精鋭型。大手広告代理店や外資系コンサルティングファーム出身などのメンバーでチームを編成し、密に連携しながらクライアントの事業を共創しています ◆リモートワークの活用 仕事の過程より結果を重視しているので、最近子供が生まれたばかりのメンバーはリモートワークも活用し、仕事と家庭の両立を図っています ◆フリーアドレス制 デスクはフリーアドレス制となっており、テラス席や集中スペースなど、その時の気分に合わせて働くことができます ◆ナレッジ共有 アーキタイプでは月に一度、ドリンクや軽食を食べながらナレッジ共有を行うBeerBashを開催しています。各メンバーのバックグラウンドや、現在進行中のプロジェクトを共有し、相互理解・プロジェクトのブラッシュアップに役立てています ◆起業家輩出 新規事業を創出するアーキタイプからは、複数の起業家も輩出しています。 農業フランチャイズモデル”LEAP”を展開する「seak」や美容整形の口コミ・予約アプリ「トリビュー」、カスタマーサクセス管理ツール「HiCustomer」がアーキタイプ卒業生により創業され、事業を成長させています ◆オープンイノベーション創出 アーキタイプグループにはB2Bテクノロジー系スタートアップ特化型ファンドを運営するアーキタイプベンチャーズがあり、投資支援先のハンズオン支援を行っています。このネットワークも活用し、スタートアップと大企業によるオープンイノベーション創出にも取り組んでいます