1
/
5

「好きなドラマは科捜研の女」別府に惚れたミャンマー女子が語るアジアクエストと別府の魅力《社員紹介 Vol.7》

第7回目の社員紹介インタビューはZin Mar Win(ズィン マー ウィン)さん。

別府Labの記念すべき1人目の社員として活躍するZinさんにお話を聞きました!



Zin Mar Win(ズィン マー ウィン)さん
ミャンマー出身。立命館アジア太平洋大学在学中は経営やICTについて学ぶ。卒業後はIT系の会社に入社し、2年目にはシンガポールでの勤務も経験。帰国後は「大好きな別府で働きたい」という思いから、転職活動を開始し、アジアクエストに入社。別府Lab1人目の社員として活躍中。入社の決め手は「フレンドリーでフラットな社風」、おすすめの温泉は「豊山荘」、座右の銘は「いまを大切に」

上手く行った時の達成感がプログラミングの魅力

Q. これまでの経歴について教えてください

プログラミングとの出会いは大学入学前、まだミャンマーにいた頃でした。プログラミング塾に通っていたのですが、開発が上手く行った時の達成感にハマってからプログラミングが好きになりました。その後APU(立命館アジア太平洋大学)に入学して、経営やICTについて勉強しました。

卒業後は新卒で前の会社に入社し5年間働いていました。2年目にはシンガポールに異動し、そこで2年間開発をやっていました。昨年の11月にシンガポールから福岡に戻ってきたのですが、そこではトラックの運行管理システムの保守・メンテナンスをしていました。

入社の決め手は、フレンドリーでフラットな社風

▶今回アジアクエストに転職したきっかけと入社の決め手を教えてください

もともと別府で開発系の仕事をしたいな、と思っていて。そんな時にAPUのニュースで、アジアクエストの別府Lab開設のニュースリリースを見つけたんです。それを見て「おもしろそうだな」と思って応募しました。Wantedlyから応募したらすぐ返事をもらえて、スピーディーな対応も好印象でしたね。最初に面談を担当してくれた岡田さんはAPUの先輩で、すごくポジティブな方で良いなぁって思いました。社長の桃井さん岩崎さんとも面談をしたのですが、そこで社長と社員との距離感が近いのを感じました。すごくフレンドリーでフラットな社風って素敵だなって思って...そこが一番の決め手かもしません。

別府で働きたいと思ったのは、4年間APUにいて、別府の街の雰囲気が大好きになってしまったからです。海も山もあって、学生とおじいちゃんおばあちゃんばっかり。笑 とってものんびりしていて良いところなんですよ!私は人混みが苦手なので、福岡で働いていたころからずっと「いつか別府に戻りたいなぁ」と思っていたことも別府Labで働くことを決めた理由のひとつですね。

Zinさんが大好きな別府の街

海も山も見える、景色抜群の別府Lab

Q. Zinさんが働く別府Labってどんなところですか

すぐ目の前に海が見えて、その向こうには山が見えます。景色がすごく良いオフィスです!上のフロアにAPUの学生さんの寮があるので、明るい雰囲気ですね。学生さんの若いエネルギーをたくさんもらえます。笑 ちょうどオフィスの前にはフリースペースがあって、そこで学生さんが勉強したりくつろいだりしていることもあります。国際色豊かでいろんな国の言葉が聞こえてきますよ!

別府Labからの景色

別府でおすすめの温泉は、豊山荘!

Q. 別府の良いところ、もっと教えてください!

そうですね、豊山荘という温泉のある宿があるのですが、ここがおすすめです!温泉の質がとっても良くて、お肌がつるつるになります。冬でも化粧水がいらないくらい!(別府Labで働けば毎日行けちゃうかも!笑)

あとはやっぱり海も山もあるところですね。自然がいっぱいで、ゆっくり時間が流れている感じが、とても落ち着きます。都会みたいに人が多すぎるってこともないので、心が疲れません。

AQの魅力は個性豊かで勉強熱心な社員

Q. ついでにAQの良いところも教えてください!

社員が個性豊かなところですね!みなさん周りを明るくするパワーを持っていて、会うたびに元気をもらえます。それはこれまでの社員紹介インタビューを見てもらえれば分かるかなと。笑

(参考:https://www.wantedly.com/feed/s/ourmember

あとは、技術面でも「半端ない人」が多いなって思います!みんなすごく勉強しているんですよね。話してておもしろいし、いつも勉強になります。

福岡オフィスと別府Labのメンバー。写真からも個性豊かな様子が伝わってきます。

目標は別府発のシステムをつくること

Q. 今後はどんなお仕事をしたいですか、夢、目標は?

やりたいこと...たくさんあるんです!でも一番はやっぱり開発関連のお仕事をしっかりやることですね。入社当時からアプリ開発をやりたいと言っていて、実際に今iOSアプリ開発の案件を担当させてもらっています。前職ではあまり開発はできなかったので...これからはバリバリ開発をやっていきたいですね!

2~3年後には別府の良いところを活かしたシステム、別府発のシステムをつくっていきたいなぁっていう目標もあります。私はAPUの卒業生なので、APUと連携しながらいろいろチャレンジすることも考えています。

あとは、いつかミャンマー支社も作れたら良いなぁーってこっそり思ってます。笑

座右の銘は「いまを大切に」

Q. 座右の銘を教えてください

「いまを大切に」ですね。

今まで自分がやりたいことをやっていた時って一番有意義に過ごせていたんですよね。友だちや家族と一緒に過ごして、この1日に意味あったなという時に「いまを大切に」しようって感じます。

アジアクエストは自分がやりたいことを実現できる場所

Q. 最後にZinさんがAQで働く理由を教えてください

自分がやりたいことを実現できる場所だから、です。

周りはみんな若くてもしっかり勉強していて、実力のある方ばかり。だから「私もがんばらなきゃ!」と、とても良い刺激になっているんです。

アジアクエストにはそういう成長できる環境があるから、私はここにいるんだと思います。

Zinさんにアジアクエストの魅力と別府の魅力、両方について語ってもらいました。それにしても別府は人混みは少ないし、景色も良いし、毎日温泉に入れるなんて最高の環境ですね...!

別府Labで働きたい方は↓の「話を聞きに行きたい」からエントリーをお待ちしています!

アジアクエスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう