1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

漠然とした興味から始まったクラウド未経験からのサクセスストーリー

こんにちは、アジアクエストです!
今回はアジアクエストのクラウドエンジニア 中道さんにインタビューをしてきました!


クラウドインテグレーション部 クラウドソリューション1課2G 中道亮汰(なかみちりょうた)
2019年11月中途入社(2021年4月で社会人4年目になります)

大阪出身で就職の関係で上京しました。
前職ではオンプレや仮想基盤のインフラエンジニアをやっていました。
趣味は映画観賞、野球観戦、自転車です。(学生時代、アルバイトで映画館や甲子園で働いていました)


■ 仕事内容を教えてください💻

主にAWSやAzureの設計構築案件でSEとして働いています。
直近では、ARアプリケーションのAWS基盤構築や、
社内データ連携システムのAWS基盤構築などを担当しました。
現在は大手通信会社のAWS事業の立ち上げ支援を行っています。

また、クラウドインテグレーション部内で新卒社員のメンターや中途採用をしており、
20新卒の新入社員が配属された際にメンターを担当しました。
元々優秀だったのですが、
成長して今では優秀なエンジニアとして活躍しているので私も誇らしくなります(笑)
メンターの経験を経て、採用にも興味も持ち、現在は中途採用にも関わっています。
中途採用では、採用に関する取り組みを決めたり、
求人サイトに掲載する採用原稿を執筆したりもしていますね。

■持っている資格
 ・AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト
 ・Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)

■使用している社内システム
 ・Slack
  ・Backlog
  ・Teams
  ・Github
  ・ZAC
  ・TUNAG

■なぜクラウドエンジニアに⛅?

インフラエンジニアからクラウドエンジニアにキャリアチェンジした理由は一言で言うと、
「今後、クラウドが必要とされそうだしやってみたいなと思ったから」という、
かなりざっくりとした理由です。

元々、「需要が高そう」という理由でオンプレや仮想基盤のインフラエンジニアをしていたのですが、
その中で「クラウド」とか「AWS」というワードを聞くようになり、漠然とした興味を持ち始めました。
たまたまクラウドについてのセミナーを受ける機会があり、
クラウドがこれから必要になるということがなんとなく分かり、
やってみたいなと思うようになり転職しました。

ちなみにアジアクエストを選んだ決め手はクラウドに力を入れていることと、
未経験からでもクラウド案件に関わることができることです。

実際、部のメンバーのほとんどがAWSの認定資格を持っていることなどから、
「自分にやっていけるのか」や「レベルの高いところに来てしまった」というような、
不安が入社して最初に感じたことでもありましたね……。
そんな不安も抱えつつも、ありがたいことに最初の案件でAWS案件に関わることができました。
その案件の内容が、Lambdaでコードを書く業務だったのですが、
未経験のAWS+未経験のプログラミングということで、その時はまさに右も左もわからない状態で、
何から始めたらよいのすら分からず苦労しました。
そんな中で1つ1つ調べ、周りの方を頼って何とか切り抜けたりと1歩ずつ進みながら、
何とか案件を終えたときは大きな達成感がありましたね。

その時は活用できなかったのですが、今はSlackに「ナレッジポータル」というチャンネルがあり、
業務の中で何か詰まったときなどはそこで質問すると誰かしらが答えてくれたり、
「こういう方向で調べてみたら?」というアドバイスしてもらえます。

今思えば、もっとこのチャンネルを活用すればよかったなと思います(笑)


■クラウドエンジニアとして成長したなと思った瞬間は?

成長したなと思った瞬間は主に3点あります。

まずは「設計書や構成図などのドキュメントを見て、意味が理解できたりイメージができたとき」です。かなりレベルが低いですが、最初はドキュメントを見てもさっぱり理解できなかったので、
内容が分かったときは成長を感じましたね。

2つ目は「資格(AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト)を取ったとき」です。
もちろん資格が全てではないですが、資格は分かりやすい成長の指標の1つかなと思います。
部内で全員がSAAを取得することを目標としている中で、実は試験に1度落ちてしまったんですよね。
大袈裟ですが、その時は自分はクラウドエンジニアとしてやっていけるのかなと不安になりました(笑)
2度目の試験で合格したときはやっとこれでクラウドエンジニアを名乗れると安心したのを覚えています。


3つ目は「自分で主体的に案件に関わり、設計から構築、テストまで経験したとき」です。
これが1番成長を感じました。
「主体的に関わる」かつ「設計からテストまで経験する」が自分の中でかなり大きくて、
これからもクラウドエンジニアとしてやっていけると思えたキッカケになりました。


■クラウドエンジニアに求められる能力は💻?

お客様のビジネスを俯瞰できる能力」だと思います。
クラウドを使うことでコストやセキュリティなど、
お客様にどういうメリットがあるのか考えられることが大事です。

アジアクエストでは「マルチクラウド」に力を入れているので、
お客様の状況に応じたサービスの選択も重要かなと思います。
あとはクラウドエンジニアに限らずどの分野のエンジニアにも共通する部分だと思いますが、
新しいことに対する興味があり、そこに対して自分でキャッチアップできることかなと思います。

例えばAWSでは、新しいサービスや機能が次々にリリースされています。
「前までは出来なかったけれど、新しく追加された機能を使えば出来そうだ」
ということもよくあると思います。そのため、
新しいことに興味があり、かつ自主的にキャッチアップを進めることが大事かなと思います。


■一緒に働きたい人の特徴は👨👧?

仕事を楽しめる人」と「日常的に技術面で自主的に勉強している人」です。
仕事をしている中で思い通りに進まずに苦しいことも多々ありますが、
どうせ働くなら楽しく働きたいと思っていますので(笑)

また、エンジニアという仕事は技術的な知識が必要不可欠です。
そのため、技術的な知識が豊富な人と一緒に働けると心強いです。


■今後、どう成長していきたいですか💻?

AWSやAzure、Google Cloudのスキルを身に着けて、
社内だけでなくお客様からも必要とされるエンジニアになりたいです。

以前、同じ案件で働いていた方が会社の事情で先に案件を離任されることになったのですが、
その際に関わったほぼ全てのお客様から「居てくれて本当に助かった。また一緒に働きたい。」
というお声を頂いていたことが印象に残っていて、私もそのようなエンジニアになりたいと思いました。


いかがでしたでしょうか?

アジアクエストでAzureエンジニア、AWSエンジニアとして活躍したい方成長できる環境で学びたい方
是非こちらからエントリーをお願いします!皆様のご応募をお待ちしております!

Azureエンジニア
Azureエンジニア募集|オンプレからクラウドにチャレンジしたい方大歓迎!
「Azureを極めたい」を転職のキーワードにするなら「やりたい」を尊重する当社はいかがですか! クラウド化の波は今や、全ての企業に及んでいるといっても言い過ぎではないくらいに進んでいます。 当社は、マルチクラウド環境におけるクラウド基盤構築事業を手掛けています。AWSに関してはAPNアドバンスドコンサルティングパートナーを取得し急成長しています。 昨今は、Microsoft社のクラウドサービスの中でも特にAzureを利用した案件が急増しています。そこで新しいクラウド事業の柱として「Azure」を中心とした分野にも注力していくことになりました。その第一弾として【Azure クラウドソリューションプロバイダー】を取得し、今後ますますの事業拡大を進めていく予定です。 そこで、インフラエンジニアとしてのあなたにストレートな質問。 『Azureをともに学び、新しい事業を作り上げていきませんか?』 「Azureの知識はないけどやってみたい」という方や、 「ネットワークやサーバの設計・構築、運用などの経験しかない」という方もご安心を。 Azureの認定資格の取得に向けた支援制度や先輩社員による勉強会、書籍購入補助、各種勉強会、そして何より先輩社員が実践の中で教えるノウハウの数々。学ぶ機会は本当にたくさんある会社だと思います。 だからこそまずは、あなたの「プロフェッショナルとして、やりたい!!」という気持ちこそが大切。 当社でクラウド環境の最先端に携わりませんか?
アジアクエスト株式会社
AWSエンジニア
AWSエンジニア|プロフェッショナルとして活躍したい方を募集します
デジタルトランスフォーメーションとは、 テクノロジーの力によって既存のビジネスが変革すること。 アジアクエストは、IoT、AI、クラウド等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。 テクノロジーの力によって既存のビジネスが変革するデジタルトランスフォーメーションは、 今後世界の多くの企業で求められるようになります。 アジアクエストはそんな企業の未来を共に描き、共に実現を目指すテクノロジー専門家集団です。 ≪IoT/AIソリューション1課、2課≫ IoTプラットフォーム『beaconnect plus(ビーコネクトプラス)』を提供し、システム導入の際のコンサルティング・企画・開発・運用を手掛け、研究開発であるR&Dを行っています。また、ブロックチェーンやビッグデータもIoT/AIソリューション課に集約しています。 ≪フロントエンドエンジニアリング課≫ デザインやReactやVue.jsを用いてフロントエンドの開発を行っています。 ≪クラウドソリューション1課、2課≫ AWS、GCP、Azureなどクラウド技術を用いた構築ソリューションの提供をしており、オンプレミス環境からクラウド環境への移行や、より高度なクラウドプラットフォーム上のサービスを利用したお客様のITインフラ環境の最適化・高質化をメインに行っています。 ≪Webソリューション1課、2課≫ 主にWebのシステムを開発しており、受託ではPHP Java C#などの言語を用いてサーバーサイドの開発を行っています。 ≪地域イノベーション課≫ 福岡市と別府市に拠点を構えており、九州全土から寄せられる地域課題をITで解決する業務をメインで行っています。 ≪ITコンサルティング課≫ 上流工程からWebのシステムを開発/サービスの提供を行っています。 ≪システムエンジニアリング課≫ お客様先にてPM(プロジェクトマネージャー)や、プロジェクトに必要なエンジニアを取りまとめるベンダーコントロールとして従事したり、大規模な業務システム開発を行っています。 ≪DX推進課≫ 全社の知見/ノウハウを集約し、お客様のDXに向けた企画/提案/プロジェクト推進を行っています。
アジアクエスト株式会社
アジアクエスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう