1
/
5

会社でモノポリーをやってみた!


「会社でモノポリーをやってみた」

という事で、その日オフィスにいたメンバーでモノポリーをやってみました!

ルールを知っている人、知らない人、そんなことはお構いなしでとにかく開催しました!

ピザを食べながらモノポリーをして、楽しい時間にしようって会です。


イベントでボーゲーム、、、

お通夜並みにどんより盛り上がらないか、めちゃくちゃ盛り上がるか、果たして、、、


モノポリーとはなんじゃい

30年代にアメリカで誕生したボードゲーム。

「不動産取引などを含むファイナンス系ボードゲーム」といったところでしょうか。

以下 Wikipediaから引用

モノポリー(英語:Monopoly)は20世紀初頭にアメリカ合衆国で生まれたボードゲームの一つである。世界中に愛好者を持つ。プレイヤーは双六の要領で盤上を周回しながら他プレイヤーと盤上の不動産を取引することにより同一グループを揃え、家やホテルを建設することで他のプレイヤーから高額なレンタル料を徴収して自らの資産を増やし、最終的に他のプレイヤーを全て破産させることを目的とする。モノポリーとは英語で「独占」を意味する。

そう、まさに「相手プレイヤーを破産させる」駆け引きゲームです。

サイコロ振る、止まったマスの土地を買う、家を建てる、そして、自分の土地に止まったプレイヤーからお金を巻き上げ資金をためて、相手プレイヤーの土地を買収する。

最終的に盤面全てを占領する。そんなゲームです。


なんて生々しいんだ!!


結論は「案外、楽しかった」

対象年齢が8歳以上という子供向けボードゲームと、結構舐めてかかっていた一同。

これが案外盛り上がるんですね笑

何がいいって、相手と不動産やお金の取引、最後にはサイコロの出る目、1つ1つに熱くなれた事でした!

常駐しているパートナー企業のエンジニアさんも含め、みんなで盛り上がりいい時間になりました。



人生の縮図

モノポリーを調べると、口を揃えて「人生の縮図」と表現されています。

・土地を買う、家を建てる、支払いをする、相手と取引をする

・相手プレイヤーと駆け引き

・人が成り上がる前に自分も成り上がる、食うか食われるか、まさに競争

まさに「人生の縮図」だなと、感じました。


ちゃんと目的持ってやってます...

日々、開発業務に携わるメンバーは日中は基本座りっぱなしのデスクワークです。

日々の業務の中に小さなイベントを差し込む事で、リフレッシュする事と業務以外で楽しさだったり何かを共有する時間を作る事で、クリエイティブな社内を作る事ができるのではないか。

という思いで開催いたしました。

なので、今回はしっかりと目的を果たせたのではないかな?と思っております。

今後もおもしろ会の時間を作っていきたいと思います。


皆さんも「モノポリー 」をプレイしてみてはいかがでしょうか?

結構、面白いですよ(笑)



最後に


「肉、肉、肉、そして肉」の様なラインナップ!!

事あるごとにピザを大量に頼むのがアスニカ的なのでした。

アスニカ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
アスニカ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?