【メディア掲載】ECCハーモニー | どうなる?小学校英語

2016年1月20日、総合教育機関ECCの季刊誌「ハーモニー」で、ICTを用いた学校でのベストティーチャーの取り組みが取り上げられました。

(一部抜粋)——コンピュータを使った英語活動をされているそうですね。

総務省の先導的教育システム実証事業協力校やパナソニック教育財団の特別研究指定校などになり、ICT教育の推進に力を入れてきました。企業の協力で、総合的な学習の時間にプログラミング教育を取り入れたり、iPadやWindowsタブレット、ChromeBookなどのタブレット端末やパソコンを、1人一台日常的に使用したりしています。

その流れで、英語活動でもiPadを活用。月に約1回、オンライン英語スクールを運営している民間企業の協力で、Skypeを使ってネイティブの先生と会話するプログラムを実施しています。まず、昨年の3学期に、6年生が5回の授業を体験。今年度は、5,6年生が年間に通して全11回の授業を受けているところです。

99f76eb5 5993 4c13 bc79 000636e1a4c1

Page top icon