Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(6)

なにをやっているのか

■プロダクトについて
「BUZZCAST」は、WEBのインフルエンサー動画の効果を測定・可視化するプロダクトです。2016年4月より提供を開始し、広告主様から高い評価をいただいています。
・BUZZCAST
https://www.buzzcast.bz/

BUZZCASTでは現在ゲーム企業を主なクライアントとして提案、施策を実行しており、"どのゲーム"が"どのインフルエンサー"と相性が良かったかを分析し、最適な動画キャンペーンの運用支援を行っています。

・再生数が多いがDLに結びつかないインフルエンサー
・チャンネル登録数(フォローワー数)と比べて効果が高いインフルエンサー
・最近伸びてきているインフルエンサー
・パズルゲームと相性が良いインフルエンサー
・DL効果は低いが、コアユーザーを保持するインフルエンサー
等、一口にインフルエンサーといってもその特性は様々で、それぞれの特性を分析・抽出してキャンペーン運用に活用しています。

これまで十分な分析が可能なプロダクトが存在しておらず、その結果純広告、記事広告のように扱われてきたインフルエンサーの動画を、正しく分析する事で新しい価値を作り出す支援をしているのが「BUZZCAST」です。

【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました!
https://cropro.jp/doc/news/index?id=14

現在は「国内」×「YouTube」×「ゲーム」といった軸でプロダクトを展開していますが将来的に「海外」×「他動画プラットフォーム」×「非ゲーム」といった分野へのサービス提供範囲の拡大を見込んでいます。
BUZZCASTは動画マーケティングの真の価値を明らかにし、本当に価値ある広告づくりを可能にしていこうとしています。

なぜやるのか

■BUZZCAST立ち上げ背景
2015年以降動画広告市場が急速に立ち上がる中にあって、インフルエンサーが配信している動画は効果測定が難し、戦略的・効果的な運用が出来ず市場の確立が遅れていました。
インフルエンサー動画を通じてどれだけアプリに効果があったのかを分析する事は、これまでメタップスがアプリのマーケティングの分析で培ったノウハウを活用できる、と感じたことがその後のBUZZCASTの立ち上げに繋っていきます。

アプリ会社の立場で考えると、どのインフルエンサーの動画が、どれだけの効果があったのか、を振り返る事が出来ないと、せっかく伸びている動画市場の良さが活用できません。
いくつかのアプリ会社さんにヒアリングを重ねた所、やはり同じような課題を感じている担当の方が多く、テスト的に実施したキャンペーンでは分析の精度、各指標におけるパフォーマンスともに良好な結果が得られたため、2016年4月にBUZZCASTは正式リリースしました。

その後BUZZCASTではゲーム会社さんを中心に数多くののキャンペーンを実施しています。
その結果、インフルエンサー単位で、どのようなゲームと相性が良いか、DL効果はどうか、課金や継続に通じるコアユーザーを保持しているか、といったデータがBUZZCASTに蓄積されていて、現在は施策実施前に、ゲームの特性からどのインフルエンサーが相性が良いか事前にシミュレーションを提出する事まで可能となっています。

現在はBUZZCASTを通じて、インフルエンサー単位での動画の広告効果を測定していますが、今後新しい価値を測定できるようにプロダクトを進化させていく予定です。例えば

・1回の再生あたりの価値が高いプラットフォームはどれか
・動画を見た視聴者がその後どんな反応(ダウンロード、課金、継続利用)をしているのか
・WEBの動画だけではなく、テレビの動画の効果はどうか
・日本だけではなく、海外ではどうか
といったことが考えられます。

動画市場は動きが早く、1年後には想像していなかったような市場環境になっているかもしれません。そのような中で、世の中に介在価値あるプロダクトへと進化させていく為には、もっとチャレンジしていく必要があります。

BUZZCASTにはこの状況で少数ながら、チャレンジを支える精鋭メンバーが揃っています。

■経営メンバー
・代表取締役CEO:山田 雄介(旧メタップスメンバー)
・取締役CTO:新田 晃央(旧凌芸舎取締役CTO)
・社外取締役:佐藤 航陽(メタップスCEO)
・社外取締役:福島 智史(グロービス・キャピタル・パートナーズ)
・顧問:永谷 朋行(ポノス取締役)

このメンバーで新しい動画市場にチャレンジすれば、世の中にインパクトのある価値あるプロダクトがつくれると信じており、この半年間でも成果を残す事が出来たと考えています。

また会社としては、2016年に国内屈指のVCグロービス・キャピタル・パートナーズより出資を受けてメタップスグループから独立する形でMBOいたしました。
※2016年10月現在メタップスは引き続き株主として協力体制を取っています。

このMBO後の第2創業期のタイミングで一緒に新しい領域にチャレンジする仲間を募集しています。大手企業と比べると少人数で運営している事もあり、足りない事も多々ありますが、反面圧倒的に成長できる環境はそろっています。
是非あなたのチャレンジをお待ちしています。

どうやっているのか

これまでBUZZCASTはインフルエンサーの動画をテーマに、新しい価値をつくりだしてきました。今後も動画をテーマに介在価値の高いプロダクトとなるよう、新しいチャレンジを続けていく方針です。

動画広告マーケットはまだまだ立ち上がったばかりの未成熟な市場です。世間的にも私たちとしてもまだまだ「正解」を模索している段階です。

そのような環境でどう市場発展に貢献できるか。
それは新しい価値に向かって恐れずにチャレンジし続けていくことだと考えています。

「成功の反対は失敗ではなく挑戦しないこと」
「大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。」

今後も、動画広告市場大きく成長していくことは、間違いありません。昨年まではプラットフォーマーがその伸びを牽引してきましたが、環境が整ってきたことで、これからはBUZZCASTのような周辺プロダクトが大きく伸びていくと予想されています。

この成長期待の大きな市場で、自身も一緒に成長していきたいと考える仲間を募集しています。

Page top icon