1
/
5

なにをやっているのか

『動画クリエイターのキャリアインフラの構築』 × 『動画で全ての企業に力を与える』 これらを軸にCACTASは大きく二つの事業を展開しています。 ◆ 動画ソリューション事業 企業向けに動画施策(YouTube運用、TVCM、SNS動画、WEB広告、DX動画活用など)を提供しています。 https://cactas.co.jp/service/ ◆ クリエイターコミュニティ事業 クリエイターコミュニティ『VENNS』の運営 ◇ VENNS JOBS:クリエイターの案件マッチング ◇ VENNS ACADEMY:クリエイターへの教育サービス 私たちは従来の常識にとらわれないキャリア選択で、個人と組織のWin-Winな関係を作り出したいと考えています。 ワーカーは仕事を、組織は仲間を、自由に選べる世界を目指して、コミュニティを運営しています。

なぜやるのか

私たちの最終ゴールは『世界中の働くを、たのしく。』することです。 しかし現代においてこれは簡単に実現できるものではありません。 そこで、クリエイターという、フリーランスや副業として活動しやすい領域の職種から 新しい働き方のエコシステムを構築し、それを様々な領域で展開してゴール達成を目指します。 中でも需要が大きく高まり、私たちが最もノウハウをもつ『動画』を主軸としてミドルミッションを立て、スタートアップとして急成長していくことが今の事業の目的です。 === 通信インフラの発達、YouTubeなどの動画媒体やSNSの普及により『動画』は生活者や企業にとって一気に身近なものになりました。 私たちは創業当初から蓄積している動画活用や動画施策、動画制作のノウハウと独自の技術、クリエイターコミュニティの力で企業課題や社会課題を解決し、 その一方で、クリエイターの育成、クリエイターへの案件供給、クリエイターたちのコラボレーションプロデュースを行うことで、『たのしく働ける』クリエイターのキャリアインフラを構築します。

どうやっているのか

私たちは正社員という概念を一切無くしています。 CACTASに関わる人々を社内・社外とあえて線引きしていません。 CACTAS1社に勤めるワーカーも、パラレルワーカーも、「各分野のプロフェッショナル人材」としてフラットに捉えています。 その理由は、 特定の企業文化の中で育ってきた人間だけで、あらゆる企業の課題を解決するのは困難だと考えているからです。 私たちは、各々の分野で活躍してきたプロたちのコミュニティを作り、課題に合わせてプロジェクトチームとして采配し、最適な価値提供を目指します。