【夢を描こう☆ー教育ボランティア体験記】

都内の児童養護施設にて、教育ボランティアを実施してきました。
施設には過去の辛い経験から、将来を諦めてしまっている子が多くいます。
そのため夢を描くことも少なく、学校の勉強をする意味や大学に行く意味を見いだせずにいます。

そこでCAPEでは立教大学の講師と提携し、「夢を描くワークショップ」を行いました。
初めは照れ臭がりなかなか夢を書かなかった子どもたちも、最後には下記のようにたくさんの夢を書いていました。

今回出た夢を具体化し、またさらに多くの夢を描けるように、今後も定期的に児童養護施設において活動を継続していきます。

※児童養護施設
様々な理由により、親と生活できない子どもが住む施設です。

B9337c7a d6cb 4eb5 aa9f efb6db875b17

Page top icon