1
/
5

内定辞退したセレスに入社し早7年!セレスで働く魅力とは?!【エンジニアインタビュー】 #CeresPRFriday

こんにちは!セレス広報担当です。

セレス広報がセレスの「リアル」をお届けする #CeresPRFriday

今回は、エンジニアのマネージャー ヨシモトさんにインタビューしました。

ヨシモトさんは入社前、一度セレスの内定を辞退して、他の会社で1年半働いていたという異色の入社経緯の持ち主。そんなヨシモトさんにセレスでエンジニアとして働く魅力などを伺いました。

セレスを選考中の方、応募を悩まれている方、セレスの文化や雰囲気が伝われば嬉しいです。ぜひご参考にしてください!

ヨシモトさん /サービスエンジニアリング部 マネージャー /2015年8月入社
大学卒業後、SIer企業にて約4年勤務。退職後、半年間、異業種を経験しエンジニアに復帰。ガラケーの赤外線通信開発やデータベース開発等に携わり、仲間とゲーム開発会社を起業し役員に就任。セレス入社前の1年半は大手ゲーム開発会社にて勤務。2015年セレスに入社。リーダー経験を経て、現在はマネージャーとして活躍中。

―1度目にセレスから内定をもらったときは、なぜ辞退されたのですか?

率直な質問ですね(笑)。セレスの入社前、某大手ゲーム開発会社(以下A社)で1年半、働いていました。A社に入社する時に、同時に内定をもらって悩んでいたのがセレスだったんです。規模や業務内容はセレスに魅力を感じていたものの、直前まで仲間とソーシャルゲーム開発会社を起業して役員を務めていたこともあって、ゲーム領域に関心がありました。また当時はセレス以上に、A社の方が会社が大きくなるタイミングに差し掛かっていて、そういった会社の雰囲気を肌で感じたいと思ったことがセレスを見送る理由になりました。

―A社で働いてみて、やっぱりセレスに入社したいと思うようになった理由は何だったのでしょうか?

A社は想像よりも会社の規模が大きく、担当が細分化されていました。ゲーム開発をしたいと思っても、開発のプランナーがいるので、エンジニアは介入の余地がない状況だったんです。もっと少人数の環境で上流工程にチャレンジしてみたいと感じ、まさに自分が求めていた環境はセレスだったんだと感じました。そこでセレスの人事に連絡したところ、まだ自分の書類を取っておいてくださっていて。部長面談を経て、すぐに社長面接を設定してもらい無事に入社することができました。

―ヨシモトさんが感じるセレスのエンジニアの魅力を教えてください。

自分がやりたいことをやらせてもらえる環境が魅力だと思います。
私は入社以来、ポイントサイト「モッピー」の開発に関わっていますが、入社してすぐに、モッピーでソーシャルゲーム要素を取り入れた「ビンゴ」の開発に関わらせてもらいました。
今も面接の際は、候補者の方に、きちんとやりたいことを聞いて、できるとなれば採用しているので、入社後の違和感はほとんどないと思います。

~ヨシモトさんが担当したビンゴ~

―セレスのエンジニアはどのような人が合うと思いますか?

「楽しく仕事をしたい」という人ですね。仕事に楽しさを見出せる方が合うと思います。
反対に、やりたいことをやらせてもらえる分、特にやりたいことが無い方は向かないかもしれません。
私自身もマネージャーとして、メンバーたちが仕事が「楽しい」とような環境を作っていきたいと思っています。もちろん、中にはそうはいかない仕事もありますが、できるだけメンバーの気持ちを汲み取りたいです。
あとセレスはサービスが自社開発なので、他事業部とのコミュニケーションを取ることが多くあります。自社開発への興味があったり、対話が好きな方も合うと思います。実際にセレスのエンジニアは穏やかで対話が上手い人が多いと感じます。

―セレスにはサービスが複数ありますが、配属はどのように決まりますか?

2022年4月現在は合計25名のエンジニアがいます。
(内訳:ポイントメディア事業部 10名、バーティカルメディア事業部 6名、アドマーケティング事業部 4名、インフラ・社内イントラ担当 5名)

事業部ごとに採用することもあれば、入社後に関心やチャレンジしたいことなどを聞いて配属が決まる場合もあります。
例えば、Javaに長けている方は、バーティカルメディア事業部。その中でも、新しい技術をしたい方はラボル(フリーランス向けAIファクタリングサービス)をお任せするなど、そういった決め方になります。

―働く環境についてはいかがですか?

言語は、PHP、Javaが多いですが、たくさんのWEBサービスを作っているので、あらゆる言語ツールに詳しいエンジニアが揃っています。
作業環境では、PCはMac、Windowsの選択が可能で、モニターは2枚、支給されます。
コーディングは基本的に自席ですることが多いですが、集中したいときは社内のカフェスペースで作業することも可能です。

~テクノロジ―スタック~

~執務室内のデスク~

~カフェスペースで作業もできます!~

―繁忙期はありますか?

事業部の状況に応じて繁忙期があります。11,12月の自社サービスで大きなキャンペーンを打つ時期や、3月の顧客の予算が下りる時期などが特に忙しいタイミングです。

―セレスのエンジニアの雰囲気がわかるエピソードを教えてください!

業務問わず、勉強できる環境が整っていると思います。
最近の事例では、モッピーに関わるエンジニアが集まって、半年間週1回、輪読会を開催していました。

モッピーは2005年からあるサービスなので、今後より改善できるよう、ドメイン駆動設定の考えの反映を目指して、若手のエンジニアが主体となって会を実行していました。

【課題図書】

「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門 (CodeZine Digital First)
Amazonで青木 淳夫, 山田 祥寛の「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門 (CodeZine Digital First)。アマゾンならポイント還元本が多数。青木 淳夫, 山田 祥寛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門 (CodeZine Digital First)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%A7%86%E5%8B%95%E8%A8%AD%E8%A8%88%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%81%B6DDD%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A3%85%E5%85%A5%E9%96%80-CodeZine-Digital-First-%E9%9D%92%E6%9C%A8/dp/4798161500

あとは、エンジニアとクリエイティブのイベント「社内ISUCON」も開催しました。

■社内ISUCONの記事

―最後に、ヨシモトさんが一緒に働きたいと思う人物像を教えてください!

セレスのサービスに興味がある人、仕組みを考えたい人、リファクタリングをしている人、そういうことが好きな人、あとは残業が嫌いな人ですね!
私自身、残業しないように仕事を進めています。作業量があっても日中にさばける人の方がカッコいいと思うんです。エンジニアが求められることは、作ったものを期日までに動くように作ることなので、どれだけ限られた時間でパフォーマンスを発揮できるか、一緒に追求したいですね(笑)。

セレスのエンジニアの雰囲気、伝わりましたでしょうか?

現在、セレスではエンジニア募集中です。ぜひ一緒に働きたいと思った方は、ご応募くださいね。

株式会社セレスでは一緒に働く仲間を募集しています
27 いいね!
27 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング