【メンター制度の導入】

メンターの語源はメンタリング=人の育成、指導法の一つであり指導者が指示や命令をするのではなく「助言」と「対話」による気づきから本人のい自発的、自律的な成長を促す方法です。
 
 
メンティーがメンターから指導・支援される関係の事を「メンター制度」と呼ばれ、特にベンチャー企業で取り入れている企業が増えてきています。
 
 
近年では飲み会も仕事という認識を持つ若者が増えたり、社内のイベントの不参加が目立つようになったといいます。
こうした認識により、社内での人とのつながりが希薄になり精神の孤立化や早期退職の原因
にもなりかねません。
社内でのつながりや精神・心のケアが今や非常に重要になってきているのです。

 
コグラフでは自らが行動し、自身の成長につなげ、社員満足度向上を得られるよう「メンター制度」を積極的に取り入れています。
入社後に一人で悩む必要はありません。
 
  
爆速で成長しちゃいましょう!!

E2de6665 1462 4b6b b322 b2348111ac10

Page top icon