1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

パイロット志望から地元・広島のWoltへ転職したKentoのストーリー

Wolt (ウォルト) には職歴、経験、意見やスキルが異なる人たちが集まっていて、そこから新しい仲間や働き方が生まれています。社員にスポットライトを当てたEmployee Storyシリーズでは、それぞれの地域や部署で活躍するメンバーを紹介!

今回は、パイロットからWoltのOperations Associateへ転職したKentoに、転職した経緯や、Woltでの働き方や仕事軸について伺いました。


今までの経歴は?

生まれも育ちも広島!ニュージランドの専門学校卒業後、広島の英会話教室で3年間勤務し、セブ島で小型パイロットの研修を半年ほど受けていました。コロナでやむを得ず帰国し、日本で仕事を探している時に弟からWoltのことを聞いて興味を持ち、応募しました!

英語を話せて、新たな業界でチャレンジできる。単純に面白そうだなと感じました。

地元の広島で働けることもWoltに入社した理由の一つです。日常業務では英語はあまり話しませんが、話そうと思えば話せる環境が整っています!


Operations Associateとしての業務内容は?

配達パートナーに対しての説明会を開催したり、Woltグッズの受け渡しや在庫管理、問い合わせ対応を行ったり、新しい都市へのローンチ準備などが主な業務です。

必要なスキルは、コミュニケーション能力と勇気!

Operations Associateは、飛び抜けて数字に強くなくても業務に支障はないです。ただ、配達パートナーへの説明会などで初対面の方と話すことが多いので、対人力は必要です!Woltは裁量を持って働けるスタートアップなので、自己分析能力とチャレンジ精神も大事だと思います。

日々のスケジュールは午前にメールとSlackの確認、配達パートナー応募確認や説明会の準備をしています。午後はグッズ受け渡し会や社内ミーティングに参加しています。ミーティングは、オペレーションチーム、Southチーム、広島オペレーションや広島チームなど、定例ミーティングがあります。

普段は広島オフィスにいますが、新しい都市のローンチ前後は2週間ほど出張して、ローンチ後は月に2〜5日ほど担当エリアへ出張しています。


オペレーション
オペレーション担当 for 東北・北海道!🇫🇮デリバリースタートアップ
【Woltについて】 Woltは「グルメとの出会いを、信じられないほど簡単に」を叶えるテクノロジー企業で、北欧、東欧など22か国80都市でフードデリバリー事業(wolt.com/ja)を展開しています。2019年6月にICONIQ Capitalなどから1億5,000万ユーロ以上の資金調達を行い、現在急速に組織とサービスの成長を急いでおり現在日本で素晴らしい人材を探しています。もしあなたが最新のテクノロジー、美味しい食事、またあなたの街をよりよい場所にしたいという情熱を持っているならば、Woltはあなたが選ぶべき会社かもしれません。
Wolt


仕事をする上で、気をつけていることは?

社内や配達パートナーとコミュニケーションをとる際は、話し方や話す内容に気をつけています。関わる人には気持ちよく働いていただきたいと思っているので、簡潔だけどフレンドリーになるよう話しています。Woltのチームは良く話しかけてきてくれるので、みんなから良いところを学んでます。

仲間と一緒にWoltを作っていくことがとても楽しい!

仕事のやりがいは、特に決まったルールがないので、色々やらせてもらえるところです。辛い時や、仕事がうまくいかない時もありますが、チームの誰かに話したらサポートしてくれます。技術的なこと以外でも、精神的な面でもチームに支えられています。様々な業界の出身者が集まっているので、学びがあることもWoltならではの楽しみです!

とりあえずやってみよう💪

いろんな都市にも行けるし、数字だけ追っているような所謂ゴリゴリの外資系スタートアップでもない。Woltはマインドが若い人が多いし、自主性を身に付けれる環境が整っています!


Woltでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング