1
/
5

なにをやっているのか

我々、株式会社フジボウルは新たにエンジニアを生み出しております。 創業15年目、延べ100人程のエンジニアを生み出して参りました。プログラム未経験者に対して弊社独自のカリキュラムを用いてお教えさせていただいております。 私自身プログラマだったため、どのようなカリキュラムで進めれば最短でエンジニアになれるか、また、どこで躓くか、それをどのように説明すれば理解していただきやすいかなど、自分自身の体験、経験を元にカリキュラムを作成し、年々アップデートしております。カリキュラム作成に当たっては、私自身の物分かりが余り良くなかった事が幸いしていると思っております笑 (※上記のエンジニアとは、一般的な案件で1人月として数えられる人員と定義しております。) また、弊社では技術だけではなく、エンジニアに求められるコミュニケーション能力や、一般程度の社会常識などもお教えさせていただいております。 (代表取締役である藤岡が書かせていただきました。)

なぜやるのか

エンジニアになりたい方の助けになりたいからです。 エンジニアを難しく捉えてる方に、 『プログラムってそれほど難しくないかもしれない…!』 と思っていただきたいです。 エンジニアになりたい方に喜んでいただける。 その方の助けになれることで私自身もうれしい。 エンジニアが増えることによって社会やIT業界に貢献できる。 と考えております。 私が新卒で入社した会社では、基本は放置という教育方針であり、質問しても忙しそうだったり不機嫌だったりで、とても嫌な思いをした記憶が強くございます。そういったこともあり私はエンジニアとしてうまく成長することができず、自分には向いていないのではないか…などと考えることが多くあり、辛く悲しい毎日でした。ですが、ある程度経験し整理できてしまうと、プログラムはそれ程難しいものではなく、きっちりとしたカリキュラムに基づく教わり方であれば、効率良くエンジニアになれるのになぁと思っておりました。 私と同じ様な道を辿って欲しくなく、効率的に学び、残りの時間は別なことに使っていただきたいとも考えております。 (代表取締役である藤岡が書かせていただきました。)

どうやっているのか

【一人一人に合わせた教育をしています】 ■IT業界未経験の方 独自のカリキュラムを使って、基礎の基礎からプログラムを丁寧にお教えしております。 ■経験年数が浅くプログラムに自信がない方 自社で行っている開発案件や、自社の社員専用グループウェアの開発案件に携わっていただき、自身が苦手だと感じておられる課題を一緒に解決させていただきます。 ■チームリーダーを目指したい経験者の方 メンバーを管理する立場で開発案件にご参画していただきます。メンバーを管理する時に発生した問題点を話し合って解決し、チームリーダーの経験を積んでいただきます。 ■SEにキャリアアップしたい経験者の方 要件定義から参画できる開発案件を通して、システムエンジニアとしての経験を積んでいただきます。 【雰囲気の良い会社づくりをしています】 ■質問・相談のしやすさ 仕事中に困ったことや悩んだこと、参画中の案件を終了したいといった希望がある場合は、チャットツールを使って、いつでも先輩に質問したり、上長に相談することができるようにしています。 ■決して、一人きりにさせません 毎月1回実施している役員との面談で現在の状況を話し合ったり、2ヶ月に1回実施しているチームミーティング(4~6人)で先輩に相談できる環境を整えております。 フジボウルは社員の9割が未経験から入社したエンジニアなので、みんな優しく教えてくれます。