1
/
5

会社変革ストーリーVol.1【組織ドック】

Photo by mauro mora on Unsplash

グリーンフィールドは、大きな変革期の真っただ中です。
会社変革のストーリーをこれから少しずつご紹介していきたいと思います。

弊社は2019年5月頃から会社変革をスタートしました。

変革当初は社長の渡辺より発信されたメッセージにより、
今後取り組む業務改善や一部組織体制の変更などを行ないました。

しかしながら運用していくにあたり、大きな問題に直面します。
社内で何が起こっているのか、スタッフは今の現状をどう感じているのか
外部コンサルタントを通じ組織ドック(アンケート)を受けることになりました。

組織ドックを通じて、グリーンフィールドの現状、現状に至った過去から現在の歴史を理解し、
今の環境が多くの社員にとってストレスが大きく働きやすい環境ではないという事実が浮き彫りになりました。

"なぜこのようなストレスの大きい現状を作り出してしまったのか"

組織ドックのアンケート結果では、
原因は自分ではなく"他の誰か"または"会社"という声が多く、
当事者意識ではなく被害者意識が強い状況でした。
また、【どのくらい「良い会社」として家族や友人にすすめられますか。】という問いに対して
10点満点中0点、1点をつける社員もいました。

"会社を良くしていきたい"

ほとんどの社員がそう思っていました。

グリーンフィールドの風土や人間関係は、
過去~現在までの社員一人ひとりの思考や行動で作られている。


私達は当事者意識で問題を捉え、

"必ず変わる!"

そう宣言し、【意識改革】から取り組みが始まります。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
次回以降もぜひご覧ください。

株式会社グリーンフィールド・オーバーシーズ・アシスタンスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう