1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

Oishii FarmはNYを拠点として活動する世界最先端の植物工場のスタートアップです。 我々は日本の農業・植物工場の技術を活かして、世界中いつでもどこでも誰でも美味しい新鮮な野菜や果物を食べられるような、そんな世界を目指しております。 まず最初に我々は日本が世界に誇る最高品質のいちごに着目し、3年間の研究を経て、これまで植物工場では量産が難しいとされてきたいちごの量産に成功しました。アメリカで一般的に販売されているイチゴに比べて圧倒的に甘い日本のイチゴ。我々の植物工場でなければ、アメリカの天候・農業技術では生産不可能な品種です。Oishii FarmのいちごはNY中のミシュラン星付きレストランや五つ星ホテルから問い合わせが殺到し、NYのシェフでは知らない人はいない存在となりました。 ここからは更なる研究開発(農業技術&自動化・ロボティクス)を重ねると同時に、世界中に工場を拡大し、様々な日本品質の果実・野菜を世界中の人々に届けたいと考えております。 日本が世界に誇る施設園芸(グリーンハウス農業)とエレクトロニクス技術の結晶である植物工場という新たな農業技術を使って、世界中に日本の美味しい農作物を届けると同時に、400兆円とも言われている農業市場にパラダイムシフトをもたらし、「農業といえば日本」という21世記を一緒に創り上げていける仲間を募集してます。

なぜやるのか

1. 持続可能(サステナブル)な農業の実現 農業業界は、いま重大な局面を迎えています。 日本にいるとなかなか感じる事が出来ませんが、世界の人口は増えていく一方で、気候変動や化学肥料問題により農業用地は年々減少しています。干ばつも世界中で発生しています。世界レベルで見ると10年後には生の野菜やフルーツが超高級食材になり、2-30年後にはほとんど食べられなくなる可能性があります。 植物工場は世界中場所を選ばず、天候に影響される事なく、95%以上の水をリサイクルする事で、これまでの農業よりも地球に優しい、サステナブルな農業が実現できます。 我々の子供・孫の世代がいまと変わらず、美味しい野菜やフルーツを食べるにはとてつもなく大きなパラダイムシフトを起こさなければならなりません。 Teslaが電気自動車で革命を起こしたように、Oishii Farmは植物工場で農業界に革命を起こします。 2. 「農業と言えば日本」と言われる世界産業の創出へ 植物工場は施設園芸とIoT技術の結晶です。日本はこの二つの領域において20世紀の間世界のトップを直走ってきました。その結果世界で初めて野菜を完全閉鎖型の環境の中で量産する「植物工場」という技術を確立しました。植物工場とは日本のお家芸なのです。 しかし日本は植物工場のビジネス化に時間がかかってしまい、今では米国をはじめとした諸外国のスタートアップがその覇権を握ろうとしています。Oishii Farmが米国の企業でありながら名前に「Oishii」を残しているのは、我々の技術が日本の物であるという事を世界に再認識して欲しいというところにあります。 20世紀は「電化製品と言えば日本」、「自動車と言えば日本」、という時代でしたが、21世紀は「食と言えば日本」、「農業と言えば日本」という一時代を築いていきたいと思います。 日本の農作物を世界に広めたいと熱いパッションを持ってる農家の方々や、MBA出身者、元外資系企業のトップランナーたちが構築する最速の開発ラインで、世界最大の植物工場の会社を作り、未来の"食"を救うこと、そして日本発の基幹産業を世界で立ち上げる事。これがOishii Farmのミッションです。

どうやっているのか

サッカー場ぐらいの大きさの倉庫に断熱材を敷き、多段式のラックを積み重ねて建てた独自の植物工場で、高品質なイチゴを効率的に栽培しています。LEDによる光量や気温、湿度、二酸化炭素量など、様々なパラメーターを調整しながら完璧な栽培条件を整えることで、365日最高品質のイチゴを作り続けることができます。 さらに、AIを使って作業・環境制御を自動化し、日々イチゴのポテンシャルを最大限に引き出すための研究開発を行なっています。 チームは、NYという土地柄もあり、世界中からプロフェッショナルが集まる超多国籍な集団です。外資系コンサル出身者もいれば、アーティストから元一流シェフまで、様々なバックグラウンドのメンバーが日本の技術に魅了され、農業界に革命を起こそうとしています。 また、大学機関や世界的なエンジニアリング企業など世界中のアカデミアとタッグを組み、オープンイノベーションな開発をしています。