1
/
5

学生ベンチャーが初の社会人採用をするワケ~お客様のご要望にお応えするべく組織強化したい~


好生館プロジェクトは、現役大学生が立ち上げ、メンバーもほぼ学生という名古屋では珍しい?学生ベンチャーです。

これまでは学生メンバーでやってきましたが、会社として体制・組織を強化し、理念を実現するためには「社会人経験者が必要だ!」という考えに至りました。

今回は、そのあたりのいきさつをお話ししようと思います。

事業の原点は「仮面就活オフ会」

好生館プロジェクトの原点は、代表の横井が「仮面就活オフ会」をプロデュースしたことから始まります。

学生も企業担当者も、素性を隠したらホンネで話せるのでは?」と思ったことがきっかけ。全国初の試みでした。これ、学生ならではの視点だと思うんです。

▼ご参考


新規事業として「WINTERNSHIP」をリリース

企業×学生目線のコーディネート型プロジェクトとして、企業のインターンシップを実施しています。事業貢献型長期インターンシップとして、メディアから多数取材いただいています。

新卒採用におけるインターンシップは、企業が独自に内容を企画して学生を募集する。そんなやり方が一般的だと思います。好生館プロジェクトでは、企業の担当者様と一緒になってインターンシップの内容を考え、実施します。もちろん、インターン生の募集からフォローまで一気通貫で実施します。

インターンシップの内容も、ただ単に業界・企業理解を深めてもらうのではなく、地域・社会貢献につながる、学生が成長できる、そんなコンテンツにしています。


そして、これから


新規事業として、コロナ禍で苦戦している地元飲食業の企業と共同で、カフェを企業のサテライトオフィスとしてプロデュースした「CAFÉ DESK<カフェ デスク>」サービスを提供しています。


他にも、企業と協働でさまざまなイベントなどを企画・運営するプロジェクトも進行しています。

ーーーそうなんです、事業は順調に展開しているんです。

しかし。

やはり、まだまだ会社が組織として未熟であり、お客様のご要望にお応えし、一歩先を行くご提案をするためには、やらなければならないことがたくさんあります。

これを解決し、会社として成長していくために、社会人経験をお持ちの方が必要だ!ということになったのです。

加わっていただく方には、ビジネス上のアドバイスやメンバーの育成などもお願いしたいと思っています。

「学生たちが奮闘している会社か、一緒になって成長してみよう」

そんな想いをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください!

株式会社好生館プロジェクトでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング